オルタナティヴ・メタル

オルタナティヴ・メタル (Alternative Metal)は、元となったオルタナティヴ・ロックから影響を受けたロック・ミュージックヘヴィメタルのサブジャンル[1]、およびメタルに関連付けられていない他のジャンル[1]

オルタナティヴ・メタル
Alternative Metal
様式的起源 オルタナティヴ・ロック
ヘヴィメタル
文化的起源 1980年代中期
アメリカ合衆国
使用楽器 ボーカル
ギター
ベース
ドラム
派生ジャンル ニュー・メタル
ファンク・メタル
グランジ
ポスト・グランジ
テンプレートを表示

概要編集

オルタナティヴ・メタル・バンドに多く見られる特徴として、ヘヴィなギターリフ、メロディックで刺々しいヴォーカル、他のヘヴィメタルと比べ、型破りなサウンド(とりわけAメロ)、実験的なアプローチをすることが挙げられている[2]1980年代中期に勃興し[3]1990年代に入り人気を博した[4]

音楽性編集

1990年代初頭に世界的な支持を得たグランジへ反発し、機械的でインダストリアルなビートによる簡潔で速い曲を作るようになっていった[5]ヘヴィメタルの伝統的要素である様式美やドラマ性は重視せず、歌メロやグルーヴを強調するバンドが多い。また、伝統的なヘヴィメタルの花形であったギターソロを弾かない場合が多く見受けられる。また、ニュー・メタルとの境界線は曖昧である。

主なアーティスト編集

脚注編集

  1. ^ a b Henderson, Alex. “Sourvein Will to Mangle”. AllMusic. 2012年11月19日閲覧。
  2. ^ Alternative Metal”. AllMusic. 2012年7月15日閲覧。
  3. ^ Crean, Patricia. “'Alice' will rattle some chains”. Spokane Chronicle. 2013年2月3日閲覧。
  4. ^ Jesters of Destiny”. Allmusic. 2013年2月1日閲覧。
  5. ^ http://listen.jp/store/genre_135.htm

関連項目編集