ラウドロック英語: Loud rock)は、ヘヴィメタルハードコアなどから派生したロックのジャンルの一種。ジャンルのミクスチャー・ロックなどと同様に和製英語である。英語圏ではオルタナティヴ・メタルニュー・メタルラップ・メタルなどに分類されるジャンルである[1][2]

ラウドロック
Loud rock
使用楽器 ボーカル
エレクトリック・ギター
エレクトリックベース
ドラムス
シンセサイザー
キーボード
サンプラー
ターンテーブル
派生ジャンル オルタナティヴ・ロック
オルタナティヴ・メタル
ミクスチャー・ロック
ヘヴィメタル
ポスト・ハードコア
スクリーモ
メタルコア
ニュー・メタル
テンプレートを表示

概要編集

音楽的な特徴としてはハードコア、ヘヴィメタルの流れを汲みつつ、そこにヒップホップなどの新しい音楽要素が加えられている。ヘヴィメタルは間奏の長いギターソロやヴォーカリストの金切り声が特徴とも言われる。それに対しラウドロックはラップグロウルスクリームなどをとりこんだボーカルスタイルが見られる。また、ダウンチューニングを施したギターによる大音量で低音域中心の重苦しいリフエフェクターの多用、サンプラーターンテーブルの導入、ミディアム・テンポのリズムなど、それまでのハードコア、ヘヴィメタルの型にとらわれないアイディアが導入されている。また、若い女性によるバンドや、ボーカロイドを駆使した楽曲も増えてきている。

代表的なバンド編集

海外編集

日本編集

メディア編集

ラジオ番組編集

雑誌編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Alternative Metal”. AllMusic. 2022年5月28日閲覧。
  2. ^ Pelt, Doug Van; Sweet, Michael (2004). “Static X”. Rock Stars on God: 20 Artists Speak Their Mind about Faith. Relevant Media Group. p. 180. ISBN 0-9729276-9-7. https://archive.org/details/rockstarsongod0000vanp/page/180 2022年5月28日閲覧。 

外部リンク編集