オンフルール

フランスのコミューン

オンフルールフランス語:Honfleur)は、フランスノルマンディー地方の港町である。ノルマンディー地域圏カルヴァドス県に属し、セーヌ川左岸の河口に位置する。

オンフルール
Blason ville fr Honfleur (Calvados).svg

Vieuxbassin2.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ノルマンディー地域圏
(département) カルヴァドス県
(arrondissement) リズィユー郡
小郡 (canton) オンフルール小郡
INSEEコード 14333
郵便番号 14600
人口動態
人口 8,178人
1999年
人口密度 598.2人/km2
地理
座標 北緯49度15分04秒 東経0度08分09秒 / 北緯49.2510度 東経0.1357度 / 49.2510; 0.1357座標: 北緯49度15分04秒 東経0度08分09秒 / 北緯49.2510度 東経0.1357度 / 49.2510; 0.1357
標高 平均:0 m
最低:117 m
最高:5 m
面積 13.67km2
オンフルールの位置(フランス内)
オンフルール
オンフルール
テンプレートを表示

観光の町としても知られ、旧港の風景は印象派の絵画の題材ともなった。画家のウジェーヌ・ブーダンや、作曲家のエリック・サティの生地でもある。

対岸のル・アーヴルとの間には、1995年ノルマンディー橋が架けられた。

歴史編集

街は、1027年のノルマンディー侯リシャール3世(en)の文書に最初に登場する。12世紀の中頃まで、街はルーアンからイングランドへ商品を運ぶための重要な中継地点であった。

安全な港と広い後背地を持つセーヌ川の三角州に位置するため、百年戦争の開始地点より、街は戦略上重要な場所としてその恩恵を受けた。シャルル5世によって、イングランドの攻撃からセーヌ川の三角州地帯を守るため、街の防御は強化された。これはアルフルール英語版の港によって後押しされた。しかし、1357年と1419年から1450年の間、イングランドの占領を受けた。フランス支配下時代、しばしば襲撃隊が、イギリスの海岸より略奪を行うために港から出帆した。1450年代にケント州サンドウィッチの破壊事件も一部これに含まれている。

百年戦争時、街は海上貿易の恩恵により潤い、18世紀末まで続いた。16世紀の地域紛争の間、貿易は阻害された。港は数多くの探検者の出発地でもあった。特に1503年のビノ・ポーリミエ・ド・ゴンヌヴィル(en)はブラジルに辿り着いた。1608年、サミュエル・ド・シャンプランによって組織された探検隊は、カナダケベックの街を築いた。

1608年以降、街はカナダ、アンティル諸島、アフリカの海岸、アゾレス諸島との貿易により、繁栄した。結果として、街はフランスの5大奴隷貿易港の1つとなった。この時期、街の急速な発展の結果、ジャン=バティスト・コルベールの命令で、街の要塞が壊されることとなった。

フランス革命フランス第一帝政、特に大陸封鎖下の時代、街は廃墟となった。19世紀に北欧からの木材貿易により部分的に復興しただけである。しかし、貿易は港の入り口が浅くなることと近代的なル・アーヴル港の発展により限界があった。しかし今日も港は機能している。

出身者編集

ゆかりのある人物編集

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 芸術新潮』2018年6月号、新潮社、 91頁。

外部リンク編集