芸術新潮(げいじゅつしんちょう)は、新潮社が発行している月刊誌。創刊は昭和25年(1950年)1月号で当初は四六判で〈藝術新潮〉と表記していた。1981年1月号より「芸術新潮」表記になった。

創刊から長らくは、海外渡航が大きく制約された時代でもあったので、海外の美術動向紹介や美術評論が多かった。写真図版の印刷技術の発展に伴い、図版を多くした。1960年代前半に現在の判型になった。啓蒙的な美術評論から展覧会とのタイアップ特集、作家特集が多くなった。1980年代から1990年代にかけ、読者層・編集サイドともに女性が主となった。

近年は、『フィレンチェ』、『ローマ』、『パリ』、『プラド美術館』、『北京』、『故宮博物院』、『鎌倉』等のガイドブック的な総特集を多く行っている。特集記事の多くを改訂し、同社の写真図版シリーズ〈とんぼの本〉で刊行している。

2014年5月号より、ロゴレイアウトなど誌面が25年ぶりに一新された[1]

関連人物編集

関連項目編集

  • 橋本治 - 『ひらがな日本美術史』を長期連載(全7巻で刊)
  • 大友克洋 - 2012年4月号「大友克洋の衝撃」が特集、聞き手中条省平による本人ロング・インタヴューほかを掲載。
  • つげ義春 - 2014年1月号「大特集 デビュー60周年 つげ義春 マンガ表現の開拓者」が特集され、明治学院大学教授でもある山下裕二を聞き手とした4時間に及んだロングインタビューの内容が掲載される。創刊から60余年の『芸術新潮』がマンガ家を特集するのは、手塚治虫水木しげる大友克洋に続き4人目[2]
  • 山崎省三 - 元編集長『回想の芸術家たち 「芸術新潮」と歩んだ四十年から』(冬花社、2005年)
  • ジャポニスム

脚注編集

  1. ^ 「芸術新潮」が、25年ぶりにリニューアル!
  2. ^ 2013年12月28日 16:00 (ロケットニュース24)【必見】アートマガジン『芸術新潮』最新号は「つげ義春特集」だ! 4時間ロングインタビューがスゴイ!!

外部リンク編集

但しバックナンバーの版元販売は「最新号」と「前月号」のみ。