オーケストラ・ニッポニカ

日本のオーケストラ

概要編集

オーケストラ・ニッポニカは、2002年に設立されたオーケストラ団体。正式名称は、芥川也寸志メモリアル オーケストラ・ニッポニカ。日本人の作品を演奏することを活動のひとつの柱としている[1][2]。演奏会にはプロ、アマチュア混成メンバーが出演し[3]、その演奏はライブCD[4]として市販されている。演奏に使用した楽譜や音源の一部は、東京音楽大学付属図書館に寄託され、「東京音楽大学付属図書館ニッポニカ・アーカイヴ・コレクション」として一般の利用に供されている[5]。2016年より野平一郎がミュージック・アドヴァイザ―に就任[6]。2019年1月には間宮芳生のオペラ『ニホンザル・スキトオリメ』の53年ぶり再演を果たし[7]、この公演は第17回佐川吉男音楽賞を受賞した[8]

出典編集

  1. ^ 生島美紀子『天才作曲家大澤壽人』みすず書房、2017、p.484
  2. ^ 戸ノ下達也『音楽を動員せよ』青弓社、2008、p.9
  3. ^ 日本の近現代音楽を聴こう!Vol. 7 日本の近現代作品の復活蘇演の歴史 ─ 「オーケストラ・ニッポニカ」インタビュー〔Naxos Music Library 特設ページ〕 2017年9月12日閲覧。
  4. ^ オーケストラ・ニッポニカ ライブCDのご案内2016年4月4日閲覧
  5. ^ 曲目一覧 東京音楽大学付属図書館ニッポニカ・アーカイヴ 2017年9月12日閲覧。
  6. ^ 野平一郎(ピアノ・作曲)〔ミリオンコンサート協会〕 2017年9月12日閲覧。
  7. ^ 詩人・木島始が描く風刺の物語が間宮芳生の幻の傑作オペラ《ニホンザル・スキトオリメ》に〜53年ぶりの再演 (絵描きの音楽ノート no.06〈1月〉) (ONTOMO) 2019年2月7日閲覧
  8. ^ 朝日新聞デジタル 2019年8月29日16時30分 2019年9月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集