オーストリアの言語

オーストリアの言語(オーストリアのげんご)には、公用語リングワ・フランカドイツ語フォアアールベルク州外部の主要方言であるバイエルン・オーストリア語、フォアアールベルク州の主要方言であるアレマン語、その他の少数言語が含まれる。

オーストリアの言語
公用語 オーストリアドイツ語
非公用語 アレマン語
バイエルン・オーストリア語
地方言語 クロアチア語 (ブルゲンラント・クロアチア語英語版), チェコ語, ハンガリー語, ポーランド語, ロマ語, イタリア語, セルビア語, スロバキア語, スロベニア語, イディッシュ語 (歴史的)
少数言語 ボスニア語, セルビア語, トルコ語
主な外国語 ドイツ語
英語 (73%)
フランス語 (11%)
イタリア語 (9%)
手話 オーストリア手話英語版
一般キー配列
出典 ebs_386_en.pdf (en:europa.eu)
Languages Austria.svg

標準ドイツ語編集

ドイツ語は国家公用語、リングワ・フランカ、事実上の第一言語で、(ほとんどが地方の)高齢者以外のほとんどのオーストリア人が話すことができる。メディア、学校、公式発表でも使われる。使われる様々なドイツ語(オーストリアドイツ語)は部分的にバイエルン・オーストリア語の影響を受けている。

アレマン語編集

アレマン語はフォアアールベルク州で話されている。フォアアールベルク州では高地アレマン語英語版が使われ、同じ方言のグループがスイス北部(バーゼル外部)、フランスのアルザス南部で話されている。フォアアールベルク州外部のほとんどのドイツ人とオーストリア人にとって、それはスイスドイツ語に似ており、文法と発音の違いが多いため、理解するのは非常に困難である。

バイエルン・オーストリア語編集

フォアアールベルク州外部のオーストリアでの主要なネイティブ言語は、バイエルン・オーストリア語である。地域ごとに違う多くの方言が話されている。首都ウィーンを含むオーストリア北東部では中央バイエルン方言英語版が話され、南部では南バイエルン方言英語版が話される。バイエルン・オーストリア語は標準ドイツ語と大幅に異なり、違う地域のドイツ語話者が地元民の言葉を理解するのは難しい。公式な正書法は存在しないが、特に詩で、発音から綴りを描写する文学的な努力(de:Dialektliteratur)が行われている。その他の単語は、挨拶の文言として"Griaß God"(文字通り: "greet god" = may god greet you)と"Servus/Servas"(at your service)のように、標準ドイツ語がほとんど使われないオーストリア、バイエルンの特定地域を訪れた時のみ聞くことができ、"goodbye"の意味で"Pfiat di / Pfiat eich (euch)"(文字通り: "watch over you [God]" = may God watch over you)のように厳密に方言として示される。

少数言語編集

多くの少数言語がオーストリアで話され、一部は公的な地位を有する。

トルコ語編集

トルコ語は少数言語で最多。ドイツの状況を反映して、2.3%の人々に話されている。

セルビア語編集

セルビア語は少数言語で2番目に多い。2.2%の人々に話されている[1]

ブルゲンラント・クロアチア語編集

ブルゲンラント・クロアチア語は、ブルゲンラント州の公用語で、2.5%の人々に話されている。ブルゲンラント・クロアチア人英語版は、1955年のオーストリア国家条約(Staatsvertrag)により少数派として認められ、特別な権利を享受している。

ハンガリー語編集

ハンガリー語は、現在ではほとんど話されていないが、オーストリアとハンガリーの歴史的なつながりにより、オーストリアにおいて伝統的に重要な立場を保持している。現在、ブルゲンラント州に1000人ほどの話者がいる。

スロベニア語編集

 
スロベニア語が話されているケルンテン州の地域。5%以上(薄い青)から30%以上(濃い青)まで

スロベニア語は、ケルンテン州で話されている。2001年の国勢調査では、話し言葉として12,686人のオーストリア人に話され、0.3%のオーストリア人がスロベニア語を話せるとの情報があった。ケルンテン・スロベニア人英語版は、1955年のオーストリア国家条約により少数派として認められ、特別な権利とアファーマティブ・アクションを享受している。

ヨーロッパ地方言語・少数言語憲章編集

オーストリアは、2001年6月28日に、特定の州に関する以下の言語についてヨーロッパ地方言語・少数言語憲章を批准した。

注釈編集

  1. ^ Archived copy”. 2021年3月31日閲覧。

  この記事にはアメリカ合衆国政府の著作物であるCIA World Factbook次の文書本文を含む。"2006年度版". Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)

外部リンク編集