カツカレー

カレーライスとトンカツを組み合わせた料理

カツカレーとはカレーライス豚カツ[1][2][3]を組み合わせた日本の料理。

カツカレー
Katsu-curry 001.jpg
種類 カレー
発祥地 日本の旗 日本
地域 東京
誕生時期 大正または昭和
Cookbook ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示

カレーライスにトッピングをした最初の例である。豚カツではなく、牛カツチキンカツメンチカツハムカツなどなどが用いられる場合もある。

歴史編集

東京都中央区銀座洋食店グリルスイス」で1948年昭和23年)に考案されたと言われている。常連客のプロ野球読売ジャイアンツ千葉茂が「別々に食べるのは面倒だから」と注文したことがきっかけで、グリルスイスとその系列店では現在も「元祖カツカレー」と「千葉さんのカツレツカレー」というメニューを出している[4]。千葉茂の逸話とは別に東京市浅草区浅草(現・台東区浅草)の洋食屋台「河金」[5]が豚カツを載せた丼飯にカレーを掛けて「河金丼」と称して1918年大正7年)に提供したとも言われる[6]

盛り付け編集

下図のように飯、カツ、カレーの配置にはさまざまなバリエーションがある。

カツは食べやすいように、あらかじめ一口大に切り分けているのが一般的である。

盛り付けのバリエーション編集

栄養編集

脂肪・高カロリー食品であり胃腸にかかる負担が大きく、カツの衣に使うパン粉も炭水化物であるため、高糖質でもある。例として、カレー専門店チェーンの壱番屋の場合、ポークカレーのエネルギー748 kcal に対し[7]、手仕込とんかつカレーのエネルギーは1,316 kcal となっている[8](いずれもライス量300 g の数値)。

糖尿病対策においては、避けるべきメニューとして挙げられることが多い。

ゲン担ぎ編集

カツ丼と同様、「試験に勝つ(合格する)」「試合で勝つ」などのゲンを担ぐ意味で食べられることが多い。公営競技関係の施設[9]では、ギャンブルで「勝つ」という験担ぎと洒落を込め、場内の食堂などでカツカレーを「勝カレー」と称することもある[10][11][12]。ただし、試合や試験などの前においては、体調を整えるために野菜が多い食事をするほうが良いとされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集