メインメニューを開く

カトリック元町教会(カトリックもとまちきょうかい)は北海道函館市にあるカトリック札幌教区教会およびその聖堂。函館・元町を代表する3教会の一つ。

カトリック元町教会

Motomachi Catholic Church in Hakodate Hokkaido Japan01n.jpg

情報
用途 教会堂
竣工 大正13年(1924年)
開館開所 大正13年(1924年)6月(聖霊降臨)
所在地 040-0054
北海道函館市元町15-30
座標 北緯41度45分48秒 東経140度42分46秒 / 北緯41.76333度 東経140.71278度 / 41.76333; 140.71278座標: 北緯41度45分48秒 東経140度42分46秒 / 北緯41.76333度 東経140.71278度 / 41.76333; 140.71278
テンプレートを表示
正門側

目次

歴史編集

パリ外国宣教会司祭メルメ・カション安政6年(1859年)に設けた仮聖堂、あるいは慶応3年(1867年)に来函したフランス人司祭のムニクウアンブルステが設けた仮聖堂を起源として、フランス人司祭のマレンが明治10年(1877年)に木造の初代聖堂を建立したとされる。

初代聖堂は明治40年(1907年)に火災で焼失したが、明治43年(1910年)には煉瓦造の二代目聖堂が竣工した。

この二代目聖堂も大正10年(1921年)に火災で焼失してしまう。しかし焼け残った煉瓦の外壁を使用して大正13年(1924年)に、高さ百尺(33メートル)の尖塔を持つ鐘楼があるゴシック様式の聖堂として再建され、現在に至っている[注釈 1]。 大正13年(1924年)6月、聖霊降臨の主日教皇使節ジュアルジュにより献堂ミサが執り行われた。

堂内の中央祭壇や副祭壇、聖画等は、ローマ教皇ベネディクト15世から贈られたものである。

交通アクセス編集

周辺編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 函館教区初代司教ベルリオーズを中心に再建運動が行われた。『人物による日本カトリック教会史』池田敏雄著、中央出版社、1968年、p.157

出典編集

関連項目編集

参考文献編集