メインメニューを開く

ペンテコステ

聖霊降臨を描いた15世紀の写本

ペンテコステラテン語: Pentecostes)は、聖霊降臨(せいれいこうりん)と呼ばれる新約聖書にあるエピソードの1つ。イエスの復活・昇天後、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという出来事のこと、およびその出来事を記念するキリスト教の祝祭日。教派により訳語は異なり、聖霊降臨祭(せいれいこうりんさい)、五旬節(ごじゅんせつ)、五旬祭(ごじゅんさい)ともいう。

目次

概説編集

聖霊降臨に関する記事は新約聖書の『使徒言行録』2章1節 - 42節にみられる。それによれば、復活したイエスは弟子たちに「近いうちに聖霊が降る」ことを告げて(使徒言行録1章8節)、天に昇っていく(キリストの昇天)。それから10日後、ユダヤ教五旬祭の日に使徒とイエスの母や兄弟たち、イエスに従った女たちが集まって祈っていると、激しい風のような音が聞こえ、天から炎のような舌が一人ひとりの上に分かれて降った。集まって祈っていた信徒たちは聖霊に満たされ、さまざまな国の言葉(普通の人に理解できない「異言」ではなく、「外国語」のことである)で語り始めた。地中海世界全域に離散していたディアスポラのユダヤ人たちが、五旬祭のためにエルサレムに集まっていたが、(パレスチナ出身の)信徒たちが地中海世界各地の言葉で語っているのを聞いて驚いた。ペトロが中心になってイエスの死と復活の意味について語ると、多くの人が信じて洗礼を受け、使徒たちのグループに加わった。これが聖書が語る聖霊降臨の出来事である。

歴史的には、ペンテコステという名前はギリシア語で「50番目(の日)」を意味するペンテーコステー(・ヘーメラ) "πεντηκοστή [ἡμέρα]" に由来している。これはユダヤ教において過越祭の50日後に祝われる祭日シャブオット(シャヴーオート) "שבועות"(「週」を表すシャヴーア "שבוע" の特殊な複数形。通常の複数形はシャヴーイーム "שבועים")のギリシャ語訳であり、もともとは春に得られる最初の収穫に感謝する農業祭であった。

後にキリスト教徒によって聖霊降臨の出来事と結び付けられ、そちらが重視されたことから、宗教上は収穫感謝の意味は失われた。しかし農業祭としての色彩は、ドイツ、ギリシアなどの民俗に残っている。

キリスト教の聖霊降臨の日は、復活祭から(その日を第一日と)数えて50日後に祝われる移動祝日(年によって日付が変わる祝日)である。日付は毎年異なるが、西方では五月初旬から六月上旬の日曜日、東方では五月初旬から六月下旬の日曜日に行われる。

各国によって聖霊降臨の日の祝い方はさまざまである。たとえばイタリアでは炎のような舌を象徴して式中にバラの花びらをまく。フランスでは激しい風のような音がしたことをあらわして式中にトランペットがふかれる。ドイツでは牝牛に花冠をつけ引き回す。

聖霊降臨を描いた芸術作品は多いが、特に有名なものとしてエル・グレコの絵画『聖霊降臨』がある。

なお、ユダヤ教のペンテコステに関してはシャブオット(七週の祭り)を参照のこと。

プロテスタント各派における聖霊理解の違い編集

ペンテコステ教会というキリスト教の一派は、個人個人における聖霊の働きを強調し、異言など神がかり的な体験を強調する。その重要性ゆえ自らの教会にペンテコステを冠している。

また、聖化を強調する福音派教会(英国の宗教改革者ジョン・ウェスレーの系統を受け継ぐホーリネス系、メソジスト系などの教会)でも、個人個人における聖霊の働きを強調するが、心の中にある自我(自分中心の思い)が清められ、神中心に生きる者に変えられる「瞬間的聖化」と、生活が少しずつ聖化され、清い生き方をするようになる「漸次的聖化」を強調する。それゆえ「聖潔(きよめ)派」と呼ばれることも多い。

福音派およびペンテコステ派以外の多くのキリスト教諸派においては、聖霊降臨は教会が成立した日であるという認識がなされている。

各年における聖霊降臨の祝日編集

西方教会カトリックプロテスタント等)での各年のペンテコステ 東方教会正教会東方諸教会等)での各年の聖神降臨祭
2011年 6月12日
2012年 5月27日 6月3日
2013年 5月19日 6月23日
2014年 6月8日
2015年 5月24日 5月31日
2016年 5月15日 6月19日
2017年 6月4日
2018年 5月20日 5月27日
2019年 6月9日 6月16日
2020年 5月31日 6月7日

外部リンク編集