メインメニューを開く

分布編集

もともとの分布はフィリピンスマトラ島ジャワ島などの東南アジアだが、人為的な導入により香港イリアンジャヤパラオモーリシャスサモアなどに定着している[1]

形態と生態編集

 
若い個体

亜種によっても異なるが、大人の個体で体長38-55cm、尾の長さは40-65cmになる。体重はオスで5-9kg、メスで3-6kg。

カニクイザルは社会性を有する動物で、通常5-60頭の群れを作って生活する。その群れには通常2-5頭のオスが含まれる。群れの大きさは餌の豊富さなどに依存し、群れでのランクは成熟したオスがメスより上位となる。

メスの妊娠期間は167-193日で、子ザルの出生時の体重は約350g。はじめは黒い体毛であるが、数ヶ月の間に生え変わり、最終的に赤茶色の体毛となる。

カニクイザルの食性は雑食で、名前の通りカニも捕食するが、カニのみを餌としているわけではない。植物の果実種子を主な餌としているが、それ以外にも植物の葉、花、根、小鳥、トカゲカエルなどさまざまな動植物を捕食している。

実験動物編集

カニクイザルは、顎関節の形態などヒトに類似する点が多く、また同一条件での飼育が可能であるため[2]、形態的な研究や投薬研究の際の実験動物として用いられることがある。

ヒトとの関係編集

前述したように実験動物として用いられることがあるほか、宇宙飛行のテスト動物として宇宙船に搭乗させられる。また、各地で導入、野生化したカニクイザルが農作物に被害を与える事例も発生しており、世界の侵略的外来種ワースト100に選定されている他、日本でも特定外来生物に指定されている[3]。また、カニクイザルはエボラウイルスサル痘Bウイルス感染症媒介者として知られる。タイのロブリーという町に住むカニクイザルには、人間の髪の毛をデンタルフロス代わりに用いるものがいて、その行為は親から子に伝えられる。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著)『決定版 日本の外来生物』平凡社、2008年4月21日。ISBN 978-4-582-54241-7
  2. ^ 千葉夏未(2007)「卵巣摘出カニクイザル下顎頭の形態学的変化に関する研究」東北大学歯学雑誌 26(2), p.37
  3. ^ 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律に基づき規制される生物のリスト(PDF)