カフェ・フィーリョ

ジョアン・フェルナンデス・カンポス・カフェ・フィーリョ(João Fernandes Campos Café Filho GCTE, GCBTO1899年2月3日 - 1970年2月20日)は、ナタールに生まれ、リオデジャネイロに没した、ブラジル弁護士政治家で、1954年8月24日から1955年11月8日まで、ブラジル合衆国大統領を務めた。長老派教会長老の息子として生まれたフィーリョは、ブラジルの大統領となった唯一のポティグアル、すなわちリオグランデ・ド・ノルテ州出身者であり、最初のプロテスタントであった(その後もプロテスタントの大統領はエルネスト・ガイゼルしか出ていない)。彼はまた、1889年共和国宣言ポルトガル語版の後に生まれた最初の大統領であった。

カフェ・フィーリョ
João Fernandes Campos Café Filho, presidente da República 1..tif
カフェ・フィーリョ
第18代 ブラジル合衆国大統領
任期
1954年8月24日 – 1955年11月8日
前任者ジェトゥリオ・ヴァルガス
後任者カルロス・ルス
第13代 ブラジル合衆国副大統領
任期
1951年1月31日 – 1954年8月24日
大統領ジェトゥリオ・ヴァルガス
前任者ネレウ・ラモス
後任者ジョアン・グーラート
連邦議会下院議員 リオグランデ・ド・ノルテ州選出
任期
1935年5月3日 – 1937年11月10日
任期
1946年2月1日 – 1951年1月31日
個人情報
生誕João Fernandes Campos Café Filho
(1899-02-03) 1899年2月3日
ブラジルの旗 ブラジル リオグランデ・ド・ノルテ州ナタール
死没2001年7月12日(2001-07-12)(93歳)
ブラジルの旗 ブラジル リオデジャネイロ
国籍ブラジルの旗 ブラジル
政党Partido Social Progressista (PSP)
配偶者ジャンディラ・カフェ (Jandira Café)
専業ジャーナリスト弁護士
宗教長老派教会[1][2][3]
署名

経歴編集

生い立ち編集

カフェ・フィーリョは、リオグランデ・ド・ノルテ州で、一部の歴史家によるとナタール近郊の自治体エクストレモスポルトガル語版に、生まれた。青年期には、ジャーナリストとして働いた。1918年から1919年にかけて、プロのサッカー選手としてアレクリンFCゴールキーパーを務めたが、プロ選手としての経験がある大統領はフィーリョだけである。1930年には、自由連合ポルトガル語版の運動に参加した。1933年、リオグランデ・ド・ノルテ州で社会国民党 (Partido Social Nacionalista, PSN) を設立し、その数年後にはアデマール・ペレイラ・デ・バロスポルトガル語版を中心とする社会進歩党ポルトガル語版 (PSP) の設立に参加した。1934年1945年には、連邦議会下院議員に選出された。

1950年の選挙編集

1950年ブラジル大統領選挙ポルトガル語版において、サンパウロ州の州知事だったアデマール・デ・バロスは、ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガスの立候補を支持する条件として、カフェ・フィーリョを副大統領候補とすることを求めた[4]。左翼的な傾向の政治家だと考えられていたフィーリョは、軍やカトリック教会に疎まれていたため、ヴァルガスはフィーリョの名前が上げられるたことに抵抗した。カフェ・フィーリョは、1935年国家安全保障法ポルトガル語版の適用に反対していた。1937年には、コーエン計画ポルトガル語版について、新国家ポルトガル語版による独裁体制を合法化する軍事的な企てだと非難した。議会では、ブラジル共産党 (PCB)ポルトガル語版 の登録取り消しと共産党議員の資格廃止を求め、他方では離婚を支持して運動した[5]

しかし、州知事アデマールは、ヴァルガスの抵抗に腹を立て、報道を通して「ヴァルガスの選出は PSP にかかっている」と警告し、「カフェ・フィーリョの副大統領への立候補は、それ何が何でも維持されよう」と結んだ[6]ブラジル労働党ポルトガル語版 (PTB) は最高選挙裁判所ポルトガル語版 (TSE) に申し立て、カフェ・フィーリョの名前は、登録の締切り寸前に副大統領候補として登録された。同じ陣営のヴァルガスも、カフェ・フィーリョをまったく信頼していなかった[7]

1950年の大統領選挙では、副大統領の選出は、大統領の選出から切り離されていた。それでも、カフェ・フィーリョは2位となった国民民主同盟ポルトガル語版オディロン・ドゥアルテ・ブラガポルトガル語版に20万票の大差を付け、副大統領に選出された[8]

この選挙で副大統領に選出されたことに加え、カフェ・フィーリョはまた、(当時の選挙法で兼任が可能だった) リオグランデ・ド・ノルテ州選出の連邦下院議員にも再選された。フィーリョは連邦下院議員選挙で19000票以上を獲得し、アルイジオ・アルヴェスポルトガル語版ジャルマ・マリーニョポルトガル語版ワルフレド・グージェウポルトガル語版ジェローニモ・ディズユイット・ロサードポルトガル語版ジョゼ・アウグスト・べゼーラ・デ・メデイロスポルトガル語版らを抑え、リオグランデ・ド・ノルテ州で最多の投票を得た連邦下院議員となった[9]

副大統領職編集

1951年9月20日、フィーリョはポルトガルから「塔と刀軍事勲章」(Ordem Militar da Torre e Espada, do Valor, Lealdade e Mérito) 大十字級 (Grã-Cruz) を授与された[10]

トネレロ通り襲撃事件ポルトガル語版の後、ブラジルは深刻な政治危機に陥った。カフェ・フィーリョは、ジェトゥリオ・ヴァルガスに、一緒に正副大統領職を辞任して、暫定連立政権に後を委ねるべきだと提言した[11]。ヴァルガスは、仲間と相談して考えてみる、とフィーリョに答えたという[12]。ヴァルガスは法務大臣ポルトガル語版だったタンクレード・ネーヴェスに相談したが、ネーヴェスは、これはフィーリョによるクーデターだと述べ、この提案を退けるよう強く勧めた[13]。ヴァルガスはフィーリョに、辞任はしないと告げた。これに対してフィーリョは、もはや忠実に従うことはできないとして、「もしこの宮殿の主人が何らかの形でここを去るなら、憲法上の私の務めは、その後を埋めることだ」と述べた[14]

共和国大統領職編集

 
1954年のカフェ・.フィーリョ。ブラジル国立文書館

1954年8月24日にヴァルガスが自殺すると、フィーリョは大統領となり、1955年11月までその任にあった。在職中の1955年4月26日には、大綬章である「三勲章大綬」(Banda das Três Ordens) 大十字級 (Grã-Cruz) を授与された[15]

フィーリョ政権は、エコノミストエウヘニオ・グーディンポルトガル語版が主導したリベラルな経済政策が注目を集めた。

1955年11月3日、フィーリョは心臓発作に倒れ、憲法の規定に従って連邦議会下院議長であったカルロス・ルスポルトガル語版11月8日に大統領職務執行者となったが、ルスは次期大統領に選出されていたジュセリーノ・クビチェックの就任を妨げようとしたため、3日間で職務執行者の職を解かれた[16]

1955年の大統領選挙と11月11日運動編集

1955年の大統領選挙において、カフェ・フィーリョが支持した候補者は、大統領候補でl社会民主党 (PSD)ミナスジェライス州知事ジュセリーノ・クビチェックと、副大統領候補でブラジル労働党 (PTB)英語版ポルトガル語版ジョアン・グラールポルトガル語版に敗れた。国民民主同盟 (UDN)ポルトガル語版ブラジル陸軍の一部がクーデターを企てる恐れが広がる中、カフェ・フィーリョは事態に無関心な態度をとったため、フィーリョ政権の戦争大臣で、公式の投票において正規の候補者ではないジュアレス・タヴォラポルトガル語版に投票していたエンリケ・ロトポルトガル語版将軍は、クビチェックの身柄を保全し、何よりもブラジルにおける民主主義を堅持するため、先制的に「憲法上の枠組みに戻る」ことを打ち出した対抗クーデターを実施した。

健康に問題を抱えていたカフェ・フィーリョは、クビチェックが宣誓を経て大統領に就任する数ヶ月前に、下院議長だったカルロス・ルスを暫定的な職務執行者として大統領府を去っていた。しかし、カルロス・ルスはロト将軍から圧力を受けて辞職し、後任の職務執行者には上院副議長だったネレウ・ラモスポルトガル語版があたった。当時、正副大統領当選者であったクビチェックとグラールの就任を保証するため、11月21日に健康を回復したとして大統領への復帰の意欲を表明していたカフェ・フィーリョは、22日に議会から解任を決議され、さらに最高選挙裁判所ポルトガル語版 (STE) の承認の下で、新大統領が就任するまでの間、しばらく軟禁された[16]

後年編集

大統領職を離れた後、カフェ・フィーリョは、リオデジャネイロ不動産会社で働いていたが、1961年グアナバラ州ポルトガル語版知事カルロス・ラセルダポルトガル語版から州会計監査院院長 (ministro do Tribunal de Contas da Guanabara) の職に任命された。

脚注編集

  1. ^ João Fernandes Campos Café Filho (Natal, 3 de fevereiro de 1899 —Rio de Janeiro, 20 de fevereiro de 1970) foi um advogado e político brasileiro, sendo presidente do Brasil entre 24 de agosto de 1954 e 8 de novembro de 1955, quando foi deposto. Foi o único potiguar e o primeiro protestante a ocupar a presidência da república do Brasil”. Queridos para Sempre!. 2016年11月22日閲覧。
  2. ^ Café Filho, 18º Presidente do Brasil”. Geni.com. 2016年11月22日閲覧。
  3. ^ Evangélicos que presidiram o Brasil”. Nova Vida em Amor. 2016年11月22日閲覧。
  4. ^ 橘, 2017, p.20
  5. ^ Dicionário histórico-biográfico brasileiro, publicado pelo CPDOC-FGV
  6. ^ Diário da Noite, 26 de agosto de 1950
  7. ^ Samuel Wainer, Minha razão de viver: Memórias de um repórter, p.39
  8. ^ Walter Costa Porto, O voto no Brasil, pp. 289-90.
  9. ^ Dados estatísticos: eleições federais e estaduais, realizadas no Brasil em 1950”. Tribunal Superior Eleitoral (TSE). 2016年9月7日閲覧。
  10. ^ Cidadãos Estrangeiros Agraciados com Ordens Portuguesas”. Presidência da República Portuguesa. 2015年4月16日閲覧。 - このサイトで「João Café」を検索
  11. ^ 橘, 2017, pp.21-22
  12. ^ CAFÉ FILHO. Do sindicato ao Catete: Memórias políticas e confissões humanas. pp. 318-348.
  13. ^ RIBEIRO, J. A. A Era Vargas. Volume 2. p. 156.
  14. ^ CAFÉ FILHO. Do sindicato ao Catete: Memórias políticas e confissões humanas. pp. 333-334.
  15. ^ Cidadãos Estrangeiros Agraciados com Ordens Portuguesas”. Presidência da República Portuguesa. 2015年4月16日閲覧。 - このサイトで「José Café Filho」を検索
  16. ^ a b 橘, 2017, p.22

参考文献編集

  • 橘生子ブラジルが患う「民主主義を守る」ためのクーデタという病 (PDF) 」 『津田塾大学国際関係研究所報』第52号、2017年12月21日、 20-25頁。 NAID 40021477670

関連文献編集

  • CARVALHO, Leonardo Dallacqua de. ; SOUZA, Breno Sabino Leite de . A representação humorística do Presidente Café Filho nas capas da Revista Careta. Revista Brasileira de História & Ciências Sociais, v. 7, p. 42-60, 2015.
  • _____, Visita do Presidente João Café Filho a Portugal, Serviço de Documentação, 1955.
  • CAFÉ FILHO, João Fernandes. Do sindicato ao Catete: memórias políticas e confissões humanas. Rio de Janeiro : José Olympio, 1966.
  • FGV. Dicionário Histórico Biográfico Brasileiro pós 1930. 2ª ed. Rio de Janeiro: Ed. FGV, 2001. Trecho disponível em http://cpdoc.fgv.br/producao/dossies/JK/biografias/joao_cafe_filho. Acesso em 07 de setembro de 2016.
  • KOIFMAN, Fábio, Organizador, Presidentes do Brasil, Editora Rio, 2001.
  • SILVA, Hélio, Café Filho e a Crise Institucional - 1954-1955, Editora Três, 1983.
  • SILVA, Hélio, A Novembrada - o Governo Café Filho 1955, Editora Três, 1998.

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
ネレウ・ラモスポルトガル語版
  ブラジル合衆国副大統領ポルトガル語版
第13代:1951年 - 1954年
次代:
ジョアン・グーラートポルトガル語版
先代:
ジェトゥリオ・ヴァルガス
  ブラジル合衆国大統領
第18代:1954年 - 1955年
次代:
カルロス・ルス