カラン・シング2世

カラン・シング2世(Karan Singh II, 1584年1月7日 - 1628年3月)は、北インドラージャスターン地方メーワール王国の君主(在位:1620年 - 1628年)。

カラン・シング2世
Karan Singh II
メーワール王
Portrait of Karan Singh, Ruler of Mewar.jpg
カラン・シング2世
別号 マハーラーナー

出生 1584年1月7日
不詳
死去 1628年3月
ウダイプル
子女 ジャガト・シング
王朝 シソーディヤー朝
父親 アマル・シング
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1584年1月7日メーワール王国の君主アマル・シングの息子として誕生した[1][2]

1620年1月、父アマル・シングが死亡したことにより、王位を継承した[1][2]

1628年3月、カラン・シング2世はウダイプルで死亡した[1][2]

出典・脚注編集

関連項目編集