カリフォルニア・ガールズ (ザ・ビーチ・ボーイズの曲)

カリフォルニア・ガールズ」(California Girls)は、ザ・ビーチ・ボーイズ1965年に発表した楽曲。

カリフォルニア・ガールズ
ザ・ビーチ・ボーイズシングル
初出アルバム『サマー・デイズ
B面 レット・ヒム・ラン・ワイルド
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1965年4月6日(ロサンゼルス、ユナイテッド・ウェスタン・レコーダーズ)
1965年6月4日(ロサンゼルス、CBSコロムビア・スクエア)
ジャンル ロック
時間
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 ブライアン・ウィルソン
マイク・ラヴ
プロデュース ブライアン・ウィルソン
チャート最高順位
ザ・ビーチ・ボーイズ シングル 年表
ヘルプ・ミー・ロンダ
b/w
キス・ミー・ベイビー
(1965年4月)
カリフォルニア・ガールズ
b/w
レット・ヒム・ラン・ワイルド
(1965年7月)
リトル・ガール・アイ・ワンス・ニュー
b/w
ゼアズ・ノー・アザー・ライク・マイ・ベイビー
(1965年11月)
ミュージックビデオ
「California Girls」 - YouTube
テンプレートを表示

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では72位にランクされている[2]

概要編集

作詞作曲はブライアン・ウィルソンマイク・ラヴバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」のリズムから着想を得ていると言われ[3]、制作にあたってはドリフターズの「オン・ブロードウェイ」(1963年)の持つ空気や質感がウィルソンの頭にあったと言われている[4]

バッキング・トラックの録音は1965年4月6日、ロサンゼルスのユナイテッド・ウェスタン・レコーダーズで行われた。参加ミュージシャンはキャロル・ケイ(ベース)、ハル・ブレイン(ドラムズ)、ハワード・ロバーツ(ギター)、レオン・ラッセル(ピアノ)、アル・デ・ローリー(オルガン)、フランク・キャップ(ヴィブラフォン)、ビリー・ストレンジ(タンバリン)など[5]。ボーカルの録音は同年6月4日、ロサンゼルスのCBSコロムビア・スクエアで行われた。CBSコロムビアが導入したばかりの8トラック・レコーダーでリード・ボーカルやコーラスは録られ、ブルース・ジョンストンが初めてグループのレコーディングに参加した[3]。リード・ボーカルはマイク・ラヴが担当した。

1965年7月5日発売のアルバム『サマー・デイズ』に収録され、7月12日にシングルカットされた[1]。B面は「レット・ヒム・ラン・ワイルド」。ビルボード・Hot 100で3位、イギリスで26位、カナダで2位を記録した。

カバー・バージョン編集

脚注編集

  1. ^ a b 45cat - The Beach Boys - California Girls / Let Him Run Wild - Capitol - USA - 5464
  2. ^ The Beach Boys, 'California Girls' | 500 Greatest Songs of All Time | Rolling Stone
  3. ^ a b Dillon, Mark (2012). Fifty Sides of the Beach Boys: The Songs That Tell Their Story. ECW Press. ISBN 978-1-77090-198-8. https://books.google.com/books?id=QAP0yVAVq3YC 2017年11月1日閲覧。 
  4. ^ Boucher, Geoff (2007年8月12日). “'California Girls' The Beach Boys – 1965”. Los Angeles Times. pp. F–4. http://articles.latimes.com/2007/aug/12/entertainment/ca-socalsong12 2017年11月1日閲覧。 
  5. ^ Slowinski, Craig (2009年). “The Beach Boys - The Beach Boys Summer Days (And Summer Nights!!)”. 2017年11月1日閲覧。
  6. ^ Nancy Sinatra - California Girl (CD, Album) at Discogs