レオン・ラッセル

レオン・ラッセルLeon Russell、本名:Claude Russell Bridges(クロード・ラッセル・ブリッジズ)、1942年4月2日 - 2016年11月13日[1])は、アメリカ合衆国シンガーソングライター、ミュージシャン。シェルター・レコード創立者。デラニー&ボニー[2]ジョージ・ハリスンローリング・ストーンズジョー・コッカーアル・クーパーゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズザ・ベンチャーズリタ・クーリッジら多くのミュージシャンと共演している。「ソング・フォー・ユー」、「タイト・ロープ」、「スーパースター」、「マスカレード」など、カバーされた作品は多い。

レオン・ラッセル
Leon Russell
Leon Russel April 2009.jpg
レオン・ラッセル(2009年)
基本情報
出生名 Claude Russell Bridges
生誕 (1942-04-02) 1942年4月2日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州ロートン
死没 (2016-11-13) 2016年11月13日(74歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル
ジャンル ブルースゴスペルカントリーブルーグラスロック、スワンプ・ロック、リズム・アンド・ブルース、スワンプ・ポップ
職業 ミュージシャンソングライター
担当楽器 ボーカルピアノハモンドB-3オルガンギターベースギター
活動期間 1956年 - 2016年
公式サイト www.leonrussellrecords.com

キャリア編集

オクラホマ州出身。十代前半の頃からキーボーディストとしてナイト・クラブなどで音楽活動を始め、J・J・ケイルと「スターライターズ」を結成する[3]。また、同郷のデヴィッド・ゲイツ(後のブレッドのメンバー)や、デラニー&ボニー等ともバンドを組んだ。デラニー&ボニーと結成したバンドは、シン・ドッグズと命名された。以降、ジェリー・リー・ルイスローリング・ストーンズら多くのアーティスト、フィル・スペクターのプロデュース作品のレコーディングに参加している。彼が参加した有名な曲では、ゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズの「ディス・ダイアモンド・リング」[4]があげられる。同曲では、アル・クーパーとともに演奏に参加し、キーボードを担当している。ザ・ベンチャーズの「10番街の殺人」、「朝日のあたる家」でも演奏している。ザ・ベンチャーズのノーキー・エドワーズがソロ・アルバム『栄光のノーキー・エドワーズ』をリリースした際にはライナーノーツを執筆した。

1968年にはマーク・ベノとのデュオで、アルバムを発表。ソロ・アーティストとしては1970年から現在に至るまで数多くのアルバムを発表し、ルーツ・ミュージックの色濃いアーシー(earthy[5])な音楽性が評価された。彼らの音楽は、主にアメリカ南部出身のミュージシャンによって、ロサンゼルスを中心に隆盛となった。ラッセルのロック・ミュージックはロサンゼルス産でありながら「スワンプ・ロック」という呼称が与えられ、彼はデラニー&ボニーや、ジョン・フォガティクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルらとともに、スワンプ・ロックの有名ミュージシャンとなった。彼の代表曲である「ア・ソング・フォー・ユー[6]1970年の作で、カーペンターズレイ・チャールズらにカバーされた。他にも「スーパースター」「ディス・マスカレード」なども他のミュージシャンにカバーされ、ラッセルは著名な作曲家となった。ヘレン・レディは「ブルー・バード」をカバーしている。この時期、スワンプ・ロックは、エリック・クラプトン、ローリング・ストーンズ、ジョー・コッカーらにも大きな影響を与えた。ストーンズの「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」などのヒット曲は、その例である。

70年代初頭には、ジョー・コッカーやリタ・クーリッジら約40人ほどのメンバーでツアーを行い、その模様はコッカー名義のライブ・アルバム『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』として発表された。1971年ジョージ・ハリスンの呼びかけに応じてバングラデシュ・コンサートに出演し、ハリスンの他、エリック・クラプトン、リンゴ・スターボブ・ディランらと共演してピアノ、ボーカル、ベースを担当している。私生活では、スライ・ストーンのバック・コーラスを担当したアフロアメリカンのマリーと結婚した。1972年には「タイト・ロープ」がヒットしている。

1979年には、ウィリー・ネルソンとともに「ハートブレイク・ホテル」のカントリー・バージョンを発表し、カントリー・チャート1位を獲得した。

2010年、かねてよりラッセルを敬愛していたエルトン・ジョンとのコラボレーション・アルバム『ザ・ユニオン』を発表[7]2011年に、ロックの殿堂の「レコーディング・エクセレンス」(旧「サイドマン部門」)に選ばれる[3]。授賞式ではエルトン・ジョンがプレゼンターを務め、ジョン・メイヤーとのセッションも披露された。2014年、トミー・リピューマをプロデューサーに迎えたアルバム『ライフ・ジャーニー』を発表[8]

2016年11月13日、ナッシュビルの自宅にて死去したことが発表された。74歳没[9]2010年には髄液漏の手術を受け[10]、2016年7月には心臓発作を起こし[10]冠動脈バイパス手術を受けていた[11]。葬儀は11月18日にナッシュビル東のマウント・ジュリエット(Mount Juliet)・テイト・レーンにあるヴィクトリーバプティスト教会北緯36度12分25.8秒 西経86度31分53.0秒 / 北緯36.207167度 西経86.531389度 / 36.207167; -86.531389)で執り行われた[12]

2017年には、遺作となったアルバム『ラスト・レコーディング〜彼方の岸辺で』が発売された[13]

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • レオン・ラッセル』 - Leon Russell (1970年)
  • レオン・ラッセル・アンド・ザ・シェルター・ピープル』 - Leon Russell and the Shelter People (1971年)
  • カーニー』 - Carney (1972年)
  • 『レオン・ライヴ!!』 - Leon Live (1973年)
  • 『ハンク・ウィルソンズ・バック』 - Hank Wilson's Back (1973年)
  • Looking Back (1973年)
  • 『ストップ・オール・ザット・ジャズ』 - Stop All That Jazz (1974年)
  • 『ライヴ・イン・ジャパン』 - Live in Japan (1974年)
  • 『ウィル・オ・ザ・ウィスプ』 - Will O' the Wisp (1975年)
  • 『アメリカーナ』 - Americana (1978年)
  • 『ライフ・アンド・ラヴ』 - Life and Love (1979年)
  • The Live Album (1981年)
  • Hank Wilson, Vol. 2 (1984年)
  • Solid State (1984年)
  • 『エニシング・キャン・ハプン』 - Anything Can Happen (1992年)
  • Crazy Love (1992年)
  • Hank Wilson, Vol. 3: Legend in My Time (1998年)
  • ライフ・ジャーニー』 - Life Journey (2014年)
  • ラスト・レコーディング〜彼方の岸辺で』 - On a Distant Shore (2017年)

コラボレーション・アルバム編集

  • 『ルック・インサイド・ジ・アサイラム・クワイア』 - Look Inside the Asylum Choir (1968年) ※with マーク・ベノ
  • 『アサイラム・クワイアII』 - Asylum Choir II (1971年) ※with マーク・ベノ
  • 『ウェディング・アルバム』 - Wedding Album (1976年) ※with マリー・ラッセル
  • 『奏でる愛の調べ』 - Make Love to the Music (1977年) ※with マリー・ラッセル
  • One for the Road (1979年) ※with ウィリー・ネルソン
  • ザ・ユニオン』 - The Union (2010年) ※with エルトン・ジョン

楽曲提供、他者によるカバー編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Leon Russell Dies At Age 74 NewsOn6.com 2016年11月13日
  2. ^ http://www.furious.com/perfect/delaneyandbonnie.html
  3. ^ a b Sideman Leon Russell finally takes center stage in the Rock Hall”. Goldmine. F + W (2011年11月2日). 2017年12月5日閲覧。
  4. ^ http://www.songfacts.com/detail.php?id=2073
  5. ^ 土の香がする、泥臭い
  6. ^ http://www.songfacts.com/detail.php?id=13376
  7. ^ Light, Alan (2010年10月18日). “Leon Russell and Elton John, Reunited”. New York Times. 2017年12月5日閲覧。
  8. ^ レオン・ラッセルの新作『Life Journey』から「Big Lips」が試聴可”. amass.jp (2014年3月20日). 2018年6月10日閲覧。
  9. ^ The Official Website of Leon Russell
  10. ^ a b Bill Trott (2016年11月13日). “Leon Russell, musician known for dynamic performances, dies at 74”. REUTERS. https://www.reuters.com/article/us-people-leonrussell/leon-russell-musician-known-for-dynamic-performances-dies-at-74-idUSKBN1380JM 2017年12月4日閲覧。 
  11. ^ Today in Entertainment History: Nov. 13”. KSBY (2017年11月14日). 2017年12月4日閲覧。
  12. ^ Jerry Wofford (2016年11月16日). “Updated: Pallbearers announced for public memorial service for Leon Russell”. TULSA WORLD. http://www.tulsaworld.com/blogs/scene/offbeat/updated-pallbearers-announced-for-public-memorial-service-for-leon-russell/article_bdd4632e-ef0c-5fee-bcbc-e5a7eaf4f9da.html 2017年12月4日閲覧。 
  13. ^ レオン・ラッセル、生前最後のレコーディング音源が9月にリリース”. BARKS. Japan Music Network (2017年8月26日). 2017年12月5日閲覧。

外部リンク編集