カルロス・ムニョス・ゴンザレス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はムニョス第二姓(母方の)はゴンサレスです。(Template:スペイン語圏の姓名

ミスティコMístico)のリングネームで知られるカルロス・ムニョス・ゴンザレスCarlos Munoz Gonzalez1992年8月10日[1] - )は、メキシコプロレスラー[2]

ミスティコ
ミスティコの画像
プロフィール
リングネーム ミスティコ(2代目)
ドラゴン・リー(初代)
本名 カルロス・ムニョス・ゴンザレス
ニックネーム ラ・ヌエバ・エラ
身長 176cm[1]
体重 75kg[1]
誕生日 (1992-08-10) 1992年8月10日(28歳)[1]
出身地 メキシコの旗 メキシコ
所属 CMLL
トレーナー ルーシュ
ピットブル
フランコ・コロンボ
トロ・ブランコ
デビュー 2010年11月25日
テンプレートを表示

父はトロ・ブランコ。兄にルーシュ。弟は2代目ドラゴン・リー。叔父にピットブル1号、ピットブル2号、フランク・コロンボがいる。

来歴編集

2010年11月25日CMLL主催のボディビルコンテストで優勝。2011年1月4日ドラゴン・リーDragon Lee)のリングネームでプロレスラーとして正式にデビュー。

2012年6月20日2011年2月にCMLLを去りWWE入りした初代ミスティコに代わり2代目ミスティコMístico)になることを発表。24日にディアマンテ & トリトンと組んでカンセルベーロ & ニエブラ・ロハ & ラジエール組と対戦して勝利し、花々しいデビューを果たす。

2013年1月、新日本プロレス「CMLL FANTASTICA MANIA 2013」で来日予定であったが左肩の脱臼で欠場した[3]マスカラ・ドラダ & バリエンテとエステタス・デル・アイレ(Los Estetas del Aire)なるユニットを結成。6月13日には「CMLL世界トリオ王者決定トーナメント」でロス・ゲレロス・ラグネロス(エウフォリア & ニエブラ・ロハ & ウルティモ・ゲレーロ)を破りCMLL世界トリオ王座を初奪取。

2014年1月16日ポルボラを破り自身初のシングルベルトCMLL世界ウェルター級王座を奪取[4]

2015年12月7日、CMLL Eliteにてバリエンテ & ボラドール・ジュニアと組んでロス・ヘルブラザーズ(シベルネティコ & シャーリー・ロックスター & メフィスト)対戦。終盤に孤立の状態で窮地に立たされたところ、カリスティコの介入で助けられる。2人で撃退して共演を果たした[5]

2016年1月、日本で行われた新日本プロレス & CMLLの共催のイベントであるFantastica Mania 2016に参戦。同月24日、ウルティモ・ゲレーロと対戦。序盤では観客にお互いのコールを要求してチャント合戦でスタート。終盤にはゲレーロスペシャルを喰らうが窮地から脱出する合計3回のラ・ミスティカを敢行してギブアップを奪い勝利した[6]

得意技編集

ラ・ミスティカ
人工衛星ヘッドシザーズの要領で飛び付いた後、身体を旋回させて相手の左腕を空中で脇固めに捕らえながら足のロックを外し、さらに旋回してマットに叩きつけ脇固めに移行するフィニッシュ・ホールド
スワンダイブ式シューティングスター・プレス

入場曲編集

獲得タイトル編集

CMLL
w / マスカラ・ドラダ & バリエンテ

脚注編集

  1. ^ a b c d Dragon Lee - Forjando un Idolo - CMLL - スペイン語
  2. ^ Místico”. Wrestlingdata.com. 2015年12月3日閲覧。
  3. ^ 新日本プロレスリング:ミスティコ選手欠場とカード変更のお知らせ
  4. ^ Reducindo, Miguel (2014年2月17日). “Resultados - Domingo 16 de Febrero '14” (Spanish). Consejo Mundial de Lucha Libre. 2014年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月29日閲覧。
  5. ^ Místico y Carístico, pareja de 'Plata y Oro'”. Mediotiempo.com. 2015年12月7日閲覧。
  6. ^ Fantastica Mania 2016”. 新日本プロレス. 2016年1月24日閲覧。

外部リンク編集