カンボジア・アンコール航空

カンボジア・アンコール航空 (Cambodia Angkor Air) は、カンボジア航空会社である。同国のフラッグ・キャリア

カンボジア・アンコール航空
Cambodia Angkor Air
IATA
K6
ICAO
KHV
コールサイン
Cambodia
設立 2009年
ハブ空港 プノンペン国際空港
シェムリアップ国際空港
親会社 カンボジア政府 (51%)
ベトナム航空 (49%)
保有機材数 6機
就航地 9都市
本拠地 カンボジアプノンペン
代表者 Trinh Ngoc Thanh (CEO
外部リンク http://www.cambodiaangkorair.com/
テンプレートを表示
ATR72‐500

概要編集

カンボジアのフラッグ・キャリアだったロイヤルカンボジア航空の経営破綻を受け、2009年にカンボジア政府 (51%) とベトナム航空 (49%) の出資により設立され、2009年7月28日に運航を開始した。一部の便はベトナム航空と共同運航(コードシェア)をしている。

保有機材編集

2019年9月現在、カンボジア・アンコール航空の機材は以下の通りである。

カンボジア・アンコール航空 運航機材一覧[1]
機材 運用機数 発注機数 座席数 備考
C Y Total
ATR72-500 3 66 66
エアバスA320-200 2 180 180
エアバスA321-200 1 16 168 184
6 0

就航地編集

  カンボジア

  タイ

  ベトナム

  中国

脚注編集

  1. ^ Our Fleet” (英語). Cambodia Angkor Air. 2019年10月2日閲覧。
  2. ^ Cambodia Angkor Air Plans Shanghai Service Launch from late-December 2013 - Airline Route

外部リンク編集