カール・フリードリヒ・ガウスにちなんで名づけられたものの一覧

ウィキメディアの一覧記事

カール・フリードリヒ・ガウスにちなんで名づけられたものの一覧(カール・フリードリヒ・ガウスにちなんでなづけられたもののいちらん)は、数学者天文学者物理学者カール・フリードリヒ・ガウスにちなんだエポニムの一覧。「ガウスの」を意味する「Gaussian(英語)/ gaussien(ne)(仏語)」の訳語として「ガウシアン」「ガウス」「ガウスの」が用いられている。ただし、日本語で「ガウス」「ガウスの」と訳される語には「Gauss」「Gauss’」もある。単にガウシアンと呼ばれることがあるのは、ガウス関数に関係した以下の用語であることが多い。

ガウシアンぼかし、ガウス分布、ガウス関数、ガウス雑音、ガウス過程

単位編集

工学編集

数学編集

物理学編集

化学編集

地球科学編集

脚注編集

  1. ^ a b c 森正武:「数値解析」(第2版)、共立出版(共立数学講座)、ISBN 978-4320017016(2002年2月1日)。
  2. ^ a b c 杉原正顯、室田一雄:「数値計算の数理」、岩波書店(2003年5月23日)。
  3. ^ a b c 山本哲朗:「数値解析入門【増訂版】」、サイエンス社ISBN 978-4781910383(2003年6月1日)。
  4. ^ a b 杉浦光夫. (1987). 基礎数学 3 解析入門 II (1985 年初版発行). 東京大学出版会.
  5. ^ a b 原岡喜重. (2002). 超幾何関数. 朝倉書店.
  6. ^ a b 木村弘信: 超幾何関数入門——特殊関数への統一的視点からのアプローチ——, サイエンス社, 2007年.
  7. ^ Aomoto, K., Kita, M., Kohno, T., & Iohara, K. (2011). Theory of hypergeometric functions. Tokyo: Springer.
  8. ^ a b 杉浦光夫. 基礎数学 2 解析入門 I. 東京大学出版会.
  9. ^ Rasmussen, C. E. (2003, February). Gaussian processes in machine learning. In Summer School on Machine Learning (pp. 63-71). Springer, Berlin, Heidelberg.
  10. ^ MacKay, D. J. (1998). Introduction to Gaussian processes. NATO ASI series F computer and systems sciences, 168, 133-166.
  11. ^ Drygas, H. (2012). The coordinate-free approach to Gauss-Markov estimation (Vol. 40). Springer Science & Business Media.

関連項目編集