ガストン4世 (フォワ伯)

ガストン4世(Gaston IV, 1423年2月26日 - 1472年7月25日)は、フランスの貴族。フォワ伯ベアルン子爵、アンドラの共同君主、ナルボンヌ子爵。フォワ伯ジャン1世とジャンヌ・ダルブレ[1]の子。

ガストン4世
Gaston IV
フォア伯
Armorial de Gilles Le Bouvier - BNF Fr. 4985 f 119v - Gaston IV de Foix-Bearn.jpg
在位 1436年 - 1472年

称号 ベアルン子爵
ナルボンヌ子爵
出生 (1423-02-26) 1423年2月26日
フランドル、ペーテゲム・アーン・デ・スケルデ
死去 (1472-07-25) 1472年7月25日(49歳没)
Bandera Navarra.svg ナバラ王国ロンセスバーリェス
配偶者 レオノール・デ・ナバラ
子女 本文参照
家名 フォワ家
父親 フォワ伯ジャン1世
母親 ジャンヌ・ダルブレ
テンプレートを表示

生涯編集

1436年[2]ナバラ王、のちアラゴン王となるフアン2世とナバラ女王ブランカの末娘であるレオノールと結婚し、以下の子をもうけた。

ガストン4世は1472年に死去、妃レオノールは1479年に短期間ナバラ女王となった。レオノールは同年のうちに死去し、ナバラ王位はガストンとレオノールの孫にあたるフランシスコ1世(長男ガストンの息子)が継承した。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ アルブレ伯シャルル1世の娘。同名で知られるフランス王アンリ4世の母、ナバラ女王フアナ3世は、長男ビアナ公ガストンの曾孫であり、またこの人物の弟アルブレ伯シャルル2世の5代後の子孫でもある。
  2. ^ Maclagan, p. 89

参考文献編集

  • Michael Maclagan, Jiří Louda, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.

関連項目編集

先代:
ジャン1世
フォワ伯
1436年 - 1472年
次代:
フランシスコ1世