メインメニューを開く
キネトスコープ(開けて内部構造を見せた状態)

キネトスコープ: Kinetoscope)は、トーマス・エジソンによって発明(1891年)された映画を上映する装置である。撮影機の方はキネトグラフ: Kinetograph)といい、キネトスコープより先に、同じくエジソンが発明した。

概要編集

1893年シカゴ万国博覧会に出展し、1894年4月14日にはニューヨークのブロードウェイ1155番地に世界初の映画館(キネトスコープ・パーラー)が設置された。キネトスコープは世界的に大ヒットし、その後2年でアメリカのほとんどの街にキネトスコープ・パーラーが設置されることになった。

スクリーンに映写されるのではなく、箱の中をのぞき込む形になる。当時は「ピープショー」とも呼ばれた[1]。一度に多くの人が鑑賞できるスクリーンに投影される形の映画(シネマ)は、1895年リュミエール兄弟によって発明された「シネマトグラフ」の登場を待つことになる。

日本でエジソンが発明したキネトスコープを初上映したのは神戸神港倶楽部で、1896年11月25日から12月1日までであった。日本の映画の日12月28日から12月1日に変更されたのは、この日付に因むためと言われる[2]

脚注編集

  1. ^ ピープ(英・peepとは、英語で覗く(のぞく)という意味。
  2. ^ リュミエールが発明したスクリーン式の「シネマトグラフ」は、1897年、大阪の南地演舞場や京都で披露されている。

外部リンク編集

  • 'Imperial Japanese Dance' 1894 - エジソン映画スタジオ制作のキネトスコープ用フィルム。日本女性が歌舞伎舞踊『近江のお兼』の晒女の所作を披露している。