メインメニューを開く

キノー[1]Кино、Kino)は、ソビエト連邦時代に活動していたロックバンド。ソビエト連邦を代表するロックバンドである。音楽的には、ポストパンクニュー・ウェイヴにインスパイアされている[2]。バンド名は「映画」を意味している。ボーカルのヴィクトル・ツォイは、現在のロシア連邦でもロックの神様と呼ばれている。

キノー
Кино
Kino1986leningrad.jpg
キノー (1986年)
基本情報
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 レニングラード
ジャンル ロックニュー・ウェイヴポストパンク
活動期間 1981年 - 1990年
レーベル MOROZ Records
旧メンバー ヴィクトル・ツォイほか

目次

概要編集

1981年、キノーはレニングラード(現在のサンクトペテルブルク)にて前身となる二つのグループ、PiligrimとPalata no.6のメンバーにより結成された。ボーカルのヴィクトル・ツォイとギタリストのアレクセイ・リュービン、ドラマーのオレフ・ヴァリンスキーの三人がメンバーであった。しかし、ヴァリンスキーは徴兵のため間もなくバンドを脱退した。1982年の春、彼らはレニングラード・ロック・クラブ英語版で演奏活動を開始し、そこでアングラで活動していたボリス・グレベンシコフ英語版に出会った。

彼らは当初アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイの小説『ガーリン技師と双曲面』から採った"Garin i Giperboloidy"(ガーリンと双曲面)を名乗っていたが、グレベンシコフに出会った頃、キノーに改称した[3]。それは、短く「総合的」で、そしてたったの二音節しか無いので世界中の人々に容易に発音できるからであった[4]。ツォイとリュービンは後に、映画館の輝く看板を見てそこからアイディアを得たと語っている[5]

ソ連においてロックミュージックは「ブルジョワ的」で好ましくない存在と政府にみなされていたため、その時代のロックバンドと同様、当初は個人のアパートメントで開かれる半地下的なクラブでのみ演奏していた。

キノーはデビュー・アルバムとなる『45』をリリースした。当時キノーは二人だけだったため、グレシニコフは彼のバンドであるアクアリウム英語版のメンバーにレコーディングを協力するよう提案した。ドラマーがいなかったため、ドラムマシンで代用した。この『45』はこのアルバムに収録された13曲の合計時間が45分だったことに由来する。

バンドの責任はツォイとリュービンで分担されていた。ツォイは作曲作詞を担当し、一方リュービンはコンサートの組織やリハーサル、レコーディングのセッションなど運営を全て担当していた。しかし、二人の間に生じた多くの違いが頂点に達し、1983年春には二人の間に深刻な対立が生じてしまった。ツォイは特にリュービンの曲に悩まされ、一方リュービンは彼の絶対的なリーダーシップを嫌っていた[6]。そして二人は口も利かなくなり、リュービンはバンドを去ってしまった[7]

アレクサンドル・チトフはアクアリウムとキノーのメンバーだったが、1985年11月、彼は他のグループに賛同しキノーを脱退した。彼の後継にはジャズピアニストのイゴール・チホミロフが就き、彼は解散まで所属した[8]

1986年の春、第4回ロッククラブフェスティバルにて、「Дальше действовать будем мы」(私達は行動し続けるだろう)でグランプリを受賞する。夏には、彼らはセルゲイ・リセンコと共に映画撮影のためキエフへ旅行した。7月にモスクワにてアクアリウムとアリーサ英語版とコンサートを開催した。後に、この3つのバンドとコンピレーション・アルバムの『Red Wave英語版』を共同制作し[9]、アメリカのカリフォルニアにて1万枚を売上げた。ソ連のロックミュージックとして初めて西側諸国でリリースされた作品となった[10]

この年以降、ツォイは俳優活動を始めたが、キノーのための曲制作を続けた。『Игла』(針)では主演を務め、バンドの名をより有名にした。1988年のアルバム『ブラッド・タイプ (Группа крови)』(血液型)でその人気は頂点に達した[8]。ユーリー・カスパリャンはアメリカ人女性のジョアンナ・ストリングレーと結婚し、彼女は外国からより高性能の機材を持ち込んだ。それにより、このアルバムはそれまで使うことの出来た機材からかけ離れた機材を用い、技術的にもヨーロッパやアメリカに並んだ初めてのレコーディングとなった[11]。このアルバムは西側で賞賛され、1989年にキャピトル・レコードからリリースされ、ロック評論家のロバート・クリストガウが賞賛した[11]

ソ連の中央テレビで演奏が放映され、ロシア・ロックを特集した1987年の映画『アッサ』では幾千もの聴衆の前で演奏した。この後、キノーの人気が全国的に一世を風靡し、80年代のソ連の若者の心を捕えた[8]

全国的な名声を獲得した後、東側諸国はもとより西側諸国からも公演の依頼が舞い込むようになった。デンマークアルメニア地震の義援金のためのチャリティーコンサートに参加し、フランスイタリアで公演した。1989年にはニューヨークで『Игла』(針)の初公開を行い、小規模のコンサートを開催した[8]

1989年頃、バンドを有名にしたツォイの内省的な曲とバランスを取るために、より快活な曲を演奏するバンドを新たに作ることを決めた。

1990年6月、長期に渡った演奏旅行の後、フランスでレコーディングする前に短期間活動を休止した。しかし、ツォイは8月15日に釣りから帰る途中、トゥクムスにて自動車事故によって急逝してしまった[12]。彼の死はソ連社会に衝撃を与えた[13]

ツォイは死ぬ直前にラトビアでいくつかの曲を収録していた。それを残ったメンバーが彼に捧げるアルバムとして12月にリリースした。正式な名称は付けられなかったものの、カバーが黒く塗りつぶされていたことから『Chyorny albom (Чёрный альбом)』(黒いアルバム)と呼ばれた。その後すぐ、キノーは記者会見を開きバンド解散を発表した[14]

全ての曲はヴィクトル・ツォイによって書かれた[8]。彼の作詞は簡素で詩的な特徴があった。全体的に、自由へのテーマが循環しているのを除いて(ある曲は「アナーキーの母」と名付けられていた)、明確に政治的なメッセージは発していなかった。彼らの曲の焦点は、ある人間の人生の闘いや、愛、戦争、自由の追求など全般に及んでいた。日常生活での要素が歌詞の語彙に埋め込まれていた[15]

最初のロシアのロックバンドとして、後進のバンドに大きな影響を与えている[16]。1999年12月31日、ロシアのラジオ局は20世紀のロシアンロックのベスト100の投票を呼びかけた。キノーは他のバンドより多い10曲がランクインし、「ブラッド・タイプ (Группа крови)」が一位となった。コムソモリスカヤ・プラウダ紙はキノーをロシアで二番目に影響力のあるバンドだと評した[17]。加えて、2007年にはローリング・ストーン誌ロシア語版では世界を変えた40曲の一つに選ばれた[18]

逸話編集

 
ツォイの壁
  • ツォイは彼の曲の社会性や政治的なテーマについて聞かれても、作品がジャーナリズムに結び付けられることを望まないと語った[2]
  • 1990年ルジニキ・スタジアムでの公演では、それまで4回しか灯されなかったオリンピック聖火台に火が灯された。
  • キノーは現代ロシアでも人気があり、ツォイは特にカルト・ヒーローである。バンドの人気は「キノマニア」として言及され、ファングループは「キノフィル」として知られる。モスクワのアルバート通りには「ツォイの壁」と呼ばれる、ボイラー室の壁がある。ファンの間では聖地となっており、訪れてはメッセージを残している[19]

メンバー編集

  • ヴィクトル・ツォイ (Viktor Tsoi) - リード・ボーカル、ギター、ベース (1981年–1990年、1990年死去) ※朝鮮系カザフ人とロシア人のハーフである。
  • アレクセイ・リュービン (Aleksei Rybin) - ギター (1981年–1983年)
  • ボリス・グレベンシコフ (Boris Grebenshchikov) - ギター、ドラム、パーカッション (1982年–1985年)
  • オレフ・ヴァリンスキー (Oleg Valinsky) - ドラム (1981年–1982年)
  • ミハイル・ヴァシレフ (Mikhail Vasilev) - ドラムマシン (1982年–1983年)
  • ユーリー・カスパリャン (Yuri Kasparyan) - リード・ギター (1983年–1990年)
  • アレクサンドル・チトフ (Aleksandr Titov) - ベース、パーカッション (1983年–1986年)
  • アレクセイ・ヴィシュニャ (Aleksei Vishnia) - ドラムマシン (1985年–1986年)
  • ゲオルギー・グリアノフ (Georgiy Guryanov) - ドラム、パーカッション (1986年–1990年、2013年死去)
  • イゴール・チホミロフ (Igor Tikhomirov) - ベース (1986年–1990年)

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 45 (1982年)
  • 46 (Russian) (1983年)
  • Nachalnik Kamchatki (1984年)
  • Eto ne lyubov... (1985年)
  • Noch (1986年)
  • 『ブラッド・タイプ』 - Gruppa krovi (1988年) ※GTA IVVladivostok FM」収録曲
  • Zvezda po imeni Solntse (1989年)
  • Chyorny albom (1990年)

脚注編集

  1. ^ キーノ」の表記もある。
  2. ^ a b Alex Astrov. Viktor Tsoi: "We all have a flair ..." . - Rio , № 19, 1988.
  3. ^ Rybin, Aleksey V. Kino S Samogo Na?ala I Do Samogo Konca. Moscow: Feniks, 2001. Print.
  4. ^ Victor Tsoi. Illustrated History of the life and work of Viktor Tsoi and "Kino". - M .: ANTA, 2005. - Pp. 332, 334, 337, 342. - ISBN 5-94037-066-7
  5. ^ Victor Tsoi. Illustrated History of the life and work of Viktor Tsoi and "Kino". - M .: ANTA, 2005. - S. 346. - ISBN 5-94037-066-7
  6. ^ Alexey Rybin . "And the fish and meat" - Interview with Aleksei Rybin. - Roxy , № 6, 1983.
  7. ^ Rybin, Chapter 8.
  8. ^ a b c d e Andrew Burlaka. Volume II. Kino / / Rock Encyclopedia. Popular Music in Leningrad-St Petersburg 1965-2005 . - M.: Amphora, 2007. - 416 p. - ISBN 978-5-367-00362-8
  9. ^ Konstantin Preobrazhensky. History of Kino. http://www.kinoman.net
  10. ^ Всеволод Гаккель . Аквариум как способ ухода за теннисным кортом. M.: Amphora, 2007. - S. 322. - 416 p. - ISBN 978-5-367-00331-4
  11. ^ a b Foss, Richard. Gruppa krovi. AllMusic
  12. ^ The death of Tsoi: how the accident occurred on the road Sloka-Tulsa. INFOgraphics . RIA Novosti (15 August 2007)
  13. ^ History of Kino. http://www.vrt.al.ru
  14. ^ Alexander Kushnir. Chapter II. Boris Grebenshikov / / Headliners . - Moscow: Amphora, 2007. - S. 21. - 416 p. - ISBN 978-5-367-00585-1
  15. ^ Alex Polikovsky. Viktor Tsoi - fireman Kino. № 11, November 1997.
  16. ^ Svetlana Gudezh. Audition: Direct speech. Zvuki.Ru (30 March 2009).
  17. ^ Leonid Zakharov. Groups that have changed our world. Moscow :Komsomolskaya Pravda , July 6, 2004.
  18. ^ Editors Rolling Stone. 40 songs that changed the world / / Rolling Stone Russia . -Moscow : Publishing House SPN, in October 2007.
  19. ^ Alex Plutser-Sarno. Gods of the twentieth century: necrophilia as a ritual. Russian Journal, October 13, 1998

外部リンク編集