キャロル・ペイトマン

イギリスの政治学者

キャロル・ペイトマン(Carole Pateman、1940年12月10日 - )は、イギリス出身の政治学者。専門は、政治理論、フェミニズム政治思想。

サセックス州生まれ。1971年オックスフォード大学で博士号取得。シドニー大学講師等、カリフォルニア大学ロサンゼルス校UCLA)政治学部教授を歴任し、現在は同大学特別名誉教授。1991年から1994年まで世界政治学会会長、2010年から2011年までアメリカ政治学会会長を務めた。

著書編集

単著編集

  • Participation and Democratic Theory, (Cambridge University Press, 1970).
『参加と民主主義理論』寄本勝美訳、早稲田大学出版部、1977年
  • The Problem of Political Obligation: A Critique of Liberal Theory, (Basil Blackwell, 1979, 2nd ed., 1985).
  • The Sexual Contract, (Stanford University Press, 1988).
『社会契約と性契約――近代国家はいかに成立したのか』中村敏子訳、岩波書店、2017年
  • The Disorder of Women: Democracy, Feminism, and Political Theory, (Stanford University Press, 1989).
『秩序を乱す女たち?――政治理論とフェミニズム』山田竜作訳、法政大学出版局、2014年

共著編集

  • Contract and Domination, with Charles W. Mills, (Polity Press, 2007).

共編著編集

  • Women, Social Science and Public Policy, co-edited with Jacqueline Goodnow, (Allen & Unwin, 1985).
  • Feminist Challenges: Social and Political Theory, co-edited with Elizabeth Gross, (Allen & Unwin, 1986).
  • Feminist Interpretations and Political Theory, co-edited with Mary Lyndon Shanley, (Polity Press, 1991).
  • Justice and Democracy: Essays for Brian Barry, co-edited with Keith Dowding and Robert E. Goodin, (Cambridge University Press, 2004).