キャンディマン (2021年の映画)

2021年の映画

キャンディマン』(原題: Candyman)は、2021年アメリカ合衆国超自然的スラッシャー映画である。ニア・ダコスタ英語版が監督、ジョーダン・ピール、ウィン・ローゼンフェルド、ダコスタが脚本を務める。1992年に公開された同名の映画の精神的続編であり[5]、『キャンディマン2』(1995年)、『キャンディマン3英語版』(1999年)に続く「キャンディマン」映画シリーズ英語版の第4作目。

キャンディマン
Candyman
Candyman 2021 logo.png
監督 ニア・ダコスタ
脚本 ジョーダン・ピール
ウィン・ローゼンフェルド
ニア・ダコスタ
原作 バーナード・ローズ
キャンディマン
クライヴ・バーカー
『禁じられた場所』
製作 イアン・クーパー
ウィン・ローゼンフェルド
ジョーダン・ピール
製作総指揮 デヴィッド・カーン
アーロン・L・ギルバート
ジェイソン・クロス
出演者 ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世
テヨナ・パリス
ネイサン・スチュワート=ジャレット
コールマン・ドミンゴ
トニー・トッド
音楽 ロバート・アイキ・オーブリー・ロウ
撮影 ジョン・ガレセリアン
編集 カトリン・ヘドストローム
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
ブロン・クリエイティブ英語版
モンキーパウ・プロダクションズ英語版
クリエイティブ・ウェルス・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2021年8月27日[1]
日本の旗 2021年10月15日[2][3]
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25 million
興行収入 $68 million
日本の旗 5900万円[4]
前作 キャンディマン(1992年)
テンプレートを表示

ストーリー編集

ヴィジュアルアーティストのアンソニーは、創作活動の一環として、鏡に向かって5回その名を唱えると、蜂の大群を従えた殺人鬼が現れ、“右手の鋭利なフックで体を切り裂かれる”というキャンディマンの謎を探求していたところ、公営住宅の元住人だという老人から、その都市伝説の裏に隠された悲惨な物語を聞かされる。それ以降、彼の周りで奇妙なことが起こり始める。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替。

製作編集

公開編集

評価編集

注釈編集

  1. ^ 1992年版にも同じ役で出演。

出典編集

  1. ^ Couch, Aaron (2020年10月21日). “Universal's 'Candyman' Finds 2021 Release Date”. The Hollywood Reporter. 2020年10月27日閲覧。
  2. ^ “その名を5回唱えると殺される…都市伝説ホラー「キャンディマン」10月15日公開”. 映画.com. (2021年8月12日). https://eiga.com/news/20210812/44/ 2021年8月12日閲覧。 
  3. ^ “ジョーダン・ピール製作『キャンディマン』10月全国公開へ!予告映像&ビジュアル解禁”. シネマカフェ. (2021年8月12日). https://www.cinemacafe.net/article/2021/08/12/74219.html 2021年8月12日閲覧。 
  4. ^ キネマ旬報』 2022年3月下旬特別号 p.33
  5. ^ Jordan Peele to co-write sequel to horror film 'Candyman'” (英語). EW.com. 2021年9月21日閲覧。

外部リンク編集