キングダム/見えざる敵

キングダム/見えざる敵』(キングダム みえざるてき 原題: The Kingdom)は、2007年公開のサスペンス映画サウジアラビアの外国人居住区爆破事件をきっかけにしたFBI捜査官の戦いを描く。劇中の事件は架空のものだが、1996年6月26日に起きたホバル・タワー爆破事件英語版、及び2003年5月12日のリヤド居住区爆破事件英語版を基に製作された。

キングダム/見えざる敵
The Kingdom
監督 ピーター・バーグ
脚本 マシュー・マイケル・カーナハン
製作 マイケル・マン
スコット・ステューバー
製作総指揮 サラ・オーブリー
ジョン・キャメロン
メアリー・ペアレント
スティーヴン・シータ
出演者 ジェイミー・フォックス
ジェニファー・ガーナー
クリス・クーパー
ジェイソン・ベイトマン
アシュラフ・バルフム
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 マウロ・フィオーレ
編集 コルビー・パーカー・Jr
ケヴィン・スティット
製作会社 レラティビティ・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年9月28日
日本の旗 2007年10月16日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
アラビア語
製作費 7000万ドル[1]
興行収入 $86,658,558[1]
テンプレートを表示

2007年8月22日にエディンバラ国際映画祭でサプライズ上映された[2]

ストーリー編集

サウジアラビアの首都リヤドで、警察官を装ったゲリラ集団が外国人居住区を襲撃し、100人以上を虐殺する。死者の中にはFBI捜査官のフランもいた。

FBIはロナルドら4人の捜査官を5日間の期限付きで現地へ送る。彼らは歓迎されざる存在だったが、サウジアラビア警察のアル・ガージー大佐と部下のハイサム軍曹の協力を得る。彼らはアルカイダの一員であるアブ・ハムザが率いるグループに目星を付け、必死の捜査を展開する。

登場人物編集

ロナルド・フルーリー
演 - ジェイミー・フォックス
捜査官。息子がいる。仲間思いの人物。射撃の腕前も優れている。
ジャネット・メイズ
演 - ジェニファー・ガーナー
法医学調査官。
グラント・サイクス
演 - クリス・クーパー
爆発物専門家。
アダム・レビット
演 - ジェイソン・ベイトマン
情報分析官。
ファーリス・アル・ガージー
演 - アシュラフ・バルフム
警察大佐。42歳。娘2人と息子1人がいる。部下思いの優しい性格。
ハイサム
演 - アリ・スリマン
警察軍曹。
デーモン・シュミット
演 - ジェレミー・ピヴェン
アメリカ大使館首席公使。ロナルド達の世話役となる。
エレイン・フラワー
演 - フランシス・フィッシャー
記者。
ギデオン・ヤング
演 - ダニー・ヒューストン
司法長官。
アブドゥルマーリク
演 - マフムード・サイード
准将。
アフマド・ビン・ハーリド
演 - オマル・ベルドゥーニ
王子。
アブ・ハムザ
演 - ヘズィ・シッディーク
テロリストのリーダー。
ケビン・フルーリー
演 - TJ・バーネット
ロナルドの息子。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ロナルド・フルーリー ジェイミー・フォックス 高木渉
ジャネット・メイズ ジェニファー・ガーナー 安藤麻吹
グラント・サイクス クリス・クーパー 菅生隆之
アダム・レビット ジェイソン・ベイトマン 大川透
ファーリス・アル・ガージー警察大佐 アシュラフ・バルフム 村治学
ハイサム警察軍曹 アリ・スリマン
デーモン・シュミット ジェレミー・ピヴェン
ロバート・グレイス リチャード・ジェンキンス 佐々木省三
エレイン・フラワー記者 フランシス・フィッシャー
ギデオン・ヤング司法長官 ダニー・ヒューストン 水内清光
フランシス(フラン)・マナー カイル・チャンドラー 武藤正史
レックス・バー トム・ブレスナハン 安斉一博
アブドゥルマーリク准将 マフムード・サイード
アフマド・ビン・ハーリド王子 オマル・ベルドゥーニ
アブ・ハムザ ヘズィ・シッディーク
ケビン・フルーリー TJ・バーネット 後藤沙緒里

制作編集

撮影が始まる前に、監督のピーター・バーグはサウジアラビアで2週間のロケーション・ハンティングを行った[3]

撮影は2006年7月10日にアリゾナ州フェニックス西部の砂漠で始まる。メサにあるアリゾナ州立大学ポリテクニックキャンパス[4]では、街のセットを組んで冒頭の爆破シーンの撮影を行った。8月12日にスタッフが交通事故で死亡している[5]

9月に2週間かけてアラブ首長国連邦アブダビで撮影が行われた[3]ユニバーサル・ピクチャーズは中東に事務所がなかったため、ドバイのプロダクションに撮影地を斡旋してもらっている[6]。撮影は高級ホテル、エミレーツ・パレス (en:Emirates Palace) でもおこなわれ[7][8]、総製作費は7000万ドルに上った[1]

レイティング編集

劇中に暴力や差別的な言動などがあるため、各国でレーティングがなされている。アメリカのMPAAR、イギリスのBBFC15、オーストラリアのOFLCMA15+、日本の映倫PG-12に指定している。

評価編集

アクションシーンやカーチェイスシーンにおける評価が高い一方、「イスラーム過激派への対テロ戦争歴史修正主義だ」「アメリカのイスラム恐怖症が表れた作品」「イスラム世界の反米感情を煽っている」といった批判も見られた[要出典]

脚注編集

外部リンク編集