メインメニューを開く

キングダムは、かつて存在した日本プロレス団体。現在は格闘技団体「キングダムエルガイツ」として活動している。

歴史編集

代表には元UWFインターナショナル取締役の鈴木健が就任。プロレス団体としては初めてオープンフィンガーグローブ着用による顔面パンチとマウントパンチを公式ルールで認めたのが特徴。招聘する外国人選手もプロレスラーブラジリアン柔術ルタ・リーブリといった総合格闘技の選手が主となった。これはUFCの登場により人気と注目を集めていたバーリトゥードの影響を強く受けたもの。

1997年5月4日国立代々木競技場第2体育館で旗揚げ戦を開催。田村潔司を除くUインターのほとんどの選手の受け皿となりUインターの系譜を引き継いだ。しかし肝心の興行の目玉となるUインターのエースだった高田延彦は正式には参加せずエキシビションでの登場とテレビ放送での解説でかつての仲間をサポートするにとどまった。高田が参加しなかったのはヒクソン・グレイシーとの対戦の準備(一説にはマイク・タイソンとの対戦の交渉)に専念することと潰れたUインターの選手で再発足することに疑問を感じたこととUインターで興行の運営にタッチすることに懲りたことなどを理由に挙げている。

1998年2月26日、記者会見で代表の鈴木が所属選手の契約解除と事務所と道場の閉鎖を発表。元所属選手の佐野友飛(現:佐野直喜)、桜庭和志松井大二郎豊永稔は高田が1月30日に設立した高田道場垣原賢人高山善廣全日本プロレス金原弘光山本喧一リングスに移籍。安生洋二はフリーとして活動。キングダムの名称は練習生だった入江秀忠が受け継いで1999年から格闘技団体「キングダムエルガイツ」として活動している。

2019年1月2日、緊急開催された記者会見内、入江代表が旗揚げの聖地である北沢タウンホールにてキングダムエルガイツ20周年大会を開催することを発表。

会見には旧キングダムの所属選手であった松井大二郎も出席。入江は他にも旧キングダム所属選手の記念大会への参戦を示唆する発言をした。


外部リンク編集