キーボー島アドベンチャー

キーボー島アドベンチャー』(キーボーとうアドベンチャー)は、スズキ教育ソフト[2]が、小学校での情報教育用に開発・運営しているタイピング検定サイト[3]

キーボー島アドベンチャー
ジャンル 全国小学生タイピング検定サイト
開発元 スズキ教育ソフト
運営元 スズキ教育ソフト
必要環境

  ※最新のService Pack推奨   ※32ビット版、64ビット版対応

  • CPU:使用するOSが快適に動作するプロセッサーが必要
  • メモリー:使用するOSが快適に動作するメモリー容量が必要
  • ディスプレイ:色:High Color(16ビット)以上を推奨

解像度1024×768ピクセル以上が必要

一部の機能を動作させるためには、Adobe Reader XIあるいは Adobe Acrobat Reader DC 以上、Microsoft Office Wordが必要

  • ブラウザ設定の要件
テンプレートを表示

概要編集

2002年(平成14年)度より、日本全国の学校で「総合的な学習の時間」の実施が開始された。

この時間では児童自身が強い課題意識を持ち、様々な方法で追求活動を進め、これを自分たちなりに工夫してまとめあげ、プレゼンテーションやWebページなどを通して発信するような活動が行われるようになった[4]

これにより、児童のキーボード入力は避けては通れないものになった一方、児童のキーボード入力のスキルに、大きな差がみられた[5]

今後、子どもたちのキーボード入力スキルの有無が、さらに学習活動の質まで左右する事まで危惧されるようになった[6]

これを受け、児童のキーボード入力のスキルアップを支援することを目的にしたサイトがとして、「キーボー島アドベンチャー」が開発された。

検定サイトの開発にあたっては、情報教育実践のリーダー格の小学校の先生、大学でインターフェースを研究している研究者に協力してもらい、正式オープンの3ヶ月前から20名もの若手研究者を中心として、学校現場での情報教育実践家とそのクラス・学校の児童に、モニターを依頼した[7]

そして、2003年平成15年)9月に正式オープン。

2005年には、有料版の「キーボー島アドベンチャーDX」もオープンした[8]

その後も、教育の情報化に伴い、今では年間約20万人の小学生が利用し、 「キーボー島」として親しまれている[9][10][11][12][13][14]

小学生がキーボード入力を楽しみながら練習し、そのスキルを高められるよう、RPG(ロール・プレイング・ゲーム)仕立てのサイトとなっており、サイトに親近感を持ち、キーボード検定に取り組もうという気持ちを高められるよう工夫してある。

利用には、学校を通じたクラスまたはクラブごとの登録が必要。児童は先生からIDとパスワードをもらって利用できる。このIDとパスワードを利用して、学校だけでなく児童の自宅からでもログインしてキーボー島アドベンチャーを利用することもできる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ スズキ教育ソフトが開発・販売している教育用統合ソフト「キューブきっず」に付属するウェブブラウザー
  2. ^ 鍵盤ハーモニカメロディオン」などで知られる楽器メーカー鈴木楽器製作所のグループ会社。
  3. ^ 全国小学生キーボード検定サイト『キーボー島アドベンチャー』プレス発表会開催 - スズキ教育ソフト”. スズキ教育ソフト. 2019年8月16日閲覧。
  4. ^ キーボー島マガジン Vol.1”. スズキ教育ソフト. 2019年8月16日閲覧。
  5. ^ キーボー島マガジン Vol.1”. スズキ教育ソフト. 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ キーボー島マガジン Vol.1”. スズキ教育ソフト. 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ キーボー島アドベンチャー 初めて訪問された先生方へ”. スズキ教育ソフト. 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ 全国14万人の小学生が挑戦した!キーボード検定サイト『キーボー島アドベンチャーDX』オープン - スズキ教育ソフト株式会社のプレスリリース”. スズキ教育ソフト. 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ キーボー島アドベンチャー キーボー島活用実績のお知らせ”. スズキ教育ソフト. 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ キーボー島利用状況(10/末): メディアと教育を考える”. 堀田龍也 東北大学大学院情報科学研究科メディア情報学講座. 2019年8月16日閲覧。
  11. ^ 堀田龍也教授が開発・監修した小学生向けキーボード入力検定サイト「キーボー島アドベンチャー」が現在夏休みキャンペーン中!”. 東北大学 大学院情報科学研究科. 2019年8月16日閲覧。
  12. ^ 2020年度 小学校プログラミング教育必修化前 最後の夏休み!「学研プラス」「スズキ教育ソフト」とコラボした夏のキャンペーンを実施|ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアムのプレスリリース”. ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC). 2019年8月16日閲覧。
  13. ^ 2020年度 小学校プログラミング教育必修化前 最後の夏休み!「学研プラス」「スズキ教育ソフト」とコラボした夏のキャンペーンを実施:時事ドットコム”. 時事通信社. 2019年8月16日閲覧。
  14. ^ 小学校プログラミング教育必修化前、最後の夏休み - WDLCが2つのキャンペーン”. マイナビ. 2019年8月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

出典編集