スズキ教育ソフト

スズキ教育ソフト株式会社(すずききょういくそふと)は、静岡県浜松市に本社を置くソフトウェア開発会社。

スズキ教育ソフト株式会社
Suzuki Educational Software Co.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
430-0803
静岡県浜松市東区植松町61-1
設立 1984年4月
業種 情報・通信業
法人番号 1080401002454
事業内容

小・中学校向け学習者用・指導者用・校務支援用パソコンソフトの

企画・開発・販売・サポート業務
代表者 鈴木萬司
(代表取締役会長)
資本金 6千万円
従業員数 70名
外部リンク https://www.suzukisoft.co.jp
テンプレートを表示

概要編集

教育ソフトウェアの老舗で、現在でも国内トップシェアを誇る。小学校向け教育用統合ソフト「キューブきっず」や中学校向け教育用統合ソフト「キューブNext」、校務支援システム「スズキ校務シリーズ」などのソフトウェア製品を開発・販売している。また、近年ではタブレット端末の教育現場での普及を受け、iPad用学習支援ツール「QB」の開発・販売も行っている。 同社教育用ソフトウェアは多くの小中学校に採用されているほか、運営する全国小学生キーボード検定サイト「キーボー島アドベンチャー」は、年間20万人の小学生が登録[1]、全国の小学校での情報教育に利用している[2][3]

最近では、2020年(令和2年)から、全国の小学校プログラミングが必修化されることにともない、ITコンソーシアムであるウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC)、学研プラスとキャンペーンを行っている[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ キーボー島アドベンチャー キーボー島活用実績のお知らせ”. スズキ教育ソフト. 2019年8月16日閲覧。
  2. ^ キーボー島アドベンチャーマガジン Vol.1 プロジェクトリーダーが語る全国小学生キーボード検定サイトの意味”. スズキ教育ソフト. 2019年8月16日閲覧。
  3. ^ キーボー島利用状況(10/末): メディアと教育を考える”. 堀田龍也 東北大学大学院情報科学研究科メディア情報学講座. 2019年8月16日閲覧。
  4. ^ 2020年度 小学校プログラミング教育必修化前 最後の夏休み!「学研プラス」「スズキ教育ソフト」とコラボした夏のキャンペーンを実施|ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアムのプレスリリース”. ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC). 2019年8月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

出典編集