クィントゥス・アエリウス・パエトゥス

クィントゥス・アエリウス・パエトゥス(Quintus Aelius Paetus、生没年不詳)は、紀元前2世紀初頭の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前167年執政官(コンスル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
クィントゥス・アエリウス・パエトゥス
Q. Ailius P. f. Q. n. Paetus
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 アエリウス氏族
官職 護民官紀元前177年
法務官紀元前170年
執政官紀元前167年
指揮した戦争 対リグリア戦争
テンプレートを表示

出自編集

パエトゥスはプレブス(平民)であるアエリウス氏族の出身。氏族最初の執政官は紀元前337年プブリウス・アエリウス・パエトゥスであった[1]。カピトリヌスのファスティによれば、父のプラエノーメン(第一名、個人名)はプブリウス、祖父はクィントゥスである[2]。祖父クィントゥスは神祇官を務めており、紀元前217年の執政官選挙に立候補したが落選、紀元前216年カンナエの戦いで戦死した[3]。父プブリウスは紀元前201年の執政官である。また、紀元前198年の執政官セクストゥス・アエリウス・パエトゥス・カトゥスは叔父である[4]

経歴編集

パエトゥスは、おそらく紀元前177年護民官を務めた[5]紀元前174年に父プブリウスが疫病で死去すると、終身制の公職であるアウグル(鳥占官)に就任した[6]紀元前170年にはプラエトル(法務官)に就任している[5]

パエトゥスの政治歴の頂点は紀元前167年に執政官に就任したことで、同僚執政官はマルクス・ユニウス・ペンヌスで、ペンヌスもまたプレブスであった[7]。パエトゥスの管轄地域はガリア・キサルピナであった。両執政官ともリグリアで戦う必要があったが、勝利を得ることはできなかった[8]

パエトゥスのその後に関しては不明である。

脚注編集

  1. ^ Münzer F. "Aelius", 1893, s. 489.
  2. ^ カピトリヌスのファスティ
  3. ^ Münzer F. "Aelius 103", 1893, s. 526.
  4. ^ Münzer F. "Aelius 105", 1893, s. 527.
  5. ^ a b Klebs E. "Aelius 104", 1893, s. 526 f.
  6. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XLI, 21.8
  7. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XLV, 16.1
  8. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XLV, 17.6

参考資料編集

古代の資料編集

研究書編集

  • Klebs E. "Aelius 104" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 526f
  • Münzer F. "Aelius" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 489.
  • Münzer F. "Aelius 101" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 526.
  • Münzer F. "Aelius 103" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 526-527.
  • Münzer F. "Aelius 105" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 527.

関連項目編集

公職
先代:
ルキウス・アエミリウス・パウルス・マケドニクス II
ガイウス・リキニウス・クラッスス
執政官
同僚:マルクス・ユニウス・ペンヌス
紀元前167年
次代:
ガイウス・スルピキウス・ガッルス
マルクス・クラウディウス・マルケッルス