メインメニューを開く

クイルダル(モンゴル語: Quyildar,中国語: 畏答児,? - 1203年)とは、13世紀初頭にチンギス・カンに仕えたマングト部族長。『元史』などの漢文史料では畏答児(wèidāér)、『集史』などのペルシア語史料ではQūīrdārقویردارと記される。

概要編集

 
モンゴル時代の華北投下領。中央部②がクイルダル家の領地泰安州

モンゴル部族の族祖伝承ではボドンチャルの子孫にナチン・バートルという人物がおり、ナチン・バートルの2子ウルウダイ、マングダイからウルウト氏、マングト氏が分岐したと伝えられている[1]。クイルダルはマングダイの六世孫であり、テムジン(後のチンギス・カン)が登場する頃には兄グユク(畏翼)とともにマングト氏族長の一人として知られていた。テムジンとタイチウト氏のジャムカが対立した際に、クイルダルの兄が率いるマングト氏の大多数はジャムカ側につき、クイルダルは兄にテムジン側につくように説得したが果たせなかったため、少数のマングト氏を率いてテムジンに仕えた。

テムジンがクイルダルに対して「汝の兄が去って行ったのに、汝は何故一人ここに留まったのか」と問いかけると、クイルダルは矢を取り出し、これを折って「仕えるべき主に仕えず生を終える人間というのは、この折れた矢のようなものであります」と語った。クイルダルの誠意を知ったテムジンはセチェン(賢人の意)という称号を与え、アンダ(義兄弟)となる約を交わした。このため、これ以後『モンゴル秘史』や『集史』といった史料の中でクイルダルは「クイルダル・セチェン」と呼称されている[2]

これ以後、マングト兵を率いるクイルダル・セチェンは親族たるウルウト氏の兵を率いるジュルチデイとともにテムジン麾下の有力将軍となり、『集史』によるとバルジュナ湖に退却した時のモンゴル軍の半数はマングト・ウルウト兵によって占められており、またクイルダル・セチェンは左翼軍の中でジャライル部の国王ムカリに次ぐ地位にあったという[3]

『モンゴル秘史』『元史』『集史』といった諸史料は一致してクイルダル・セチェン最大の功績としてケレイト部のオン・カンとの決戦で先鋒を務めたことを挙げている。オン・カンとの対決に当たってテムジンは当初ウルウト兵を率いるジュルチデイに先鋒を命じたが、ジュルチデイが馬の鬣を鞭で撫でるだけで答えないのを見て、クイルダル・セチェンは自らが先鋒を務めると願い出た。さらにクイルダル・セチェンは自身が突撃して眼前の丘にマングト氏族の斑色の纛(tuγ)を打ち立てれば全軍がこれに続くでしょうと語り、万一自身が生還出来なかった場合には孤児となる我が子の世話をすることをテムジンに頼み込んだ。

『モンゴル秘史』によると先陣として突撃したマングト軍・ウルウト軍は奮戦してケレイト側の先鋒であるジルキン兵を粉砕したが、後陣のトベゲン兵の長であるアチク・シルンが槍でクイルダル・セチェンを突き刺し、やがてモンゴル側が劣勢となった。モンゴル軍は何とか傷ついたクイルダル・セチェンの身を確保して逃れたが、重傷を負ったクイルダル・セチェンはテムジンが営を移す途中で亡くなった。テムジンはクイルダル・セチェンの死を深く惜しみ、ハルハ河流域のオルヌゥ山半崖に手厚く葬った[4]

クイルダル・セチェンの遺言通りテムジン改めチンギス・カンはクイルダルの遺児モンケ・カルジャを厚遇し、1206年のモンゴル帝国成立時にはクイルダル・セチェン名義の1千人隊とモンケ・カルジャ名義の1千人隊を創設し、オゴデイ・カアンが即位する頃には実質2千人隊を支配する千人隊長として知られた。クイルダルの後裔が支配するマングト部はジャライル部(国王ムカリ家)・コンギラト部(デイ・セチェン家)・イキレス部(ブトゥ・キュレゲン家)・ウルウト部(ジュルチデイ家)とともに「左手の五投下」を構成し、クビライの即位を助けた功績によって大元ウルス下の有力部族として知られるに至った。

マングト氏クイルダル家編集

脚注編集

  1. ^ 村上1972,46-51頁
  2. ^ 『元史』巻121畏答児伝「畏答児、忙兀人。其先剌真八都児、有二子、次名忙兀児、始別為忙兀氏。畏答児其六世孫也。与兄畏翼倶事太祖。時泰赤烏強盛、畏翼率其属帰之、畏答児力止之、不聽、追之、又不肯還、畏答児乃還事太祖。太祖曰「汝兄既去、汝独留此何為」。畏答児無以自明、取矢折而誓曰「所不終事主者、有如此矢」。太祖察其誠、更名為薛禪、約為按達。薛禪者、聡明之謂也;按達者、定交不易之謂也」
  3. ^ 志茂2013,692/699頁
  4. ^ 村上1972,128-146頁

参考文献編集

  • 志茂碩敏『モンゴル帝国史研究 正篇』東京大学出版会、2013年
  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 2巻』平凡社、1972年
  • 元史』巻121列伝8
  • 新元史』巻124列伝21
  • 蒙兀児史記』巻26列伝8