メインメニューを開く

クォーク星[1](クォークせい、quark star[1])とは、天体超新星爆発を起こした後に形成される天体の一種である。クォークが裸の状態で存在する天体で、クォーク星は中性子星より重力が強くブラックホールよりは弱い。また、クォーク星は中性子星より小さいという特徴を持っており、その特徴を有するみなみのかんむり座RX J1856.5-3754へびつかい座XTE J1739-285はクォーク星の候補と考えられていた。

3C58のX線画像

目次

歴史編集

1933年、フリッツ・ツビッキーウォルター・バーデが中性子星のモデルを初めて提唱した当時、中性子はこれ以上壊すことのできない基本粒子と考えられていた。しかし、その後クォークが発見されクォーク星が存在すると推測されてきた。

クォーク星の候補編集

出典編集

  1. ^ a b 『オックスフォード天文学辞典』朝倉書店、初版第1刷、120頁。ISBN 4-254-15017-2

関連項目編集