メインメニューを開く

クサボタン(草牡丹、学名:Clematis stans )は、キンポウゲ科センニンソウ属の半低木。有毒植物

クサボタン
Clematis stans 1.JPG
山形県 2011年9月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: センニンソウ属 Clematis
: クサボタン C. stans
学名
Clematis stans Siebold et Zucc.
和名
クサボタン(草牡丹)

特徴編集

つる性が多いセンニンソウ属の仲間であるが、は直立し、高さは1mになる。冬には大部分が枯れるが、茎の基部が木質化するため、茎の下部は残る。は1回3出複葉で、長い葉柄をもち茎に対生する。小葉は長さ4-13cmの卵形で3浅裂し、先端は鋭くとがり、縁は不ぞろいなあらい鋸歯がつく。

花期は8-9月。茎の先端や葉腋から集散状の花序を出し、淡紫色のを多数つけ、しばしば円錐状になる。細い鐘状になる4枚の花弁に見えるのは萼片で、花弁はない。萼片は長さ1.2-2cmで、基部は筒状になり、先端は反り返る。萼片の外面は白い短毛が密生する。花には雄蕊雌蕊ともにあるが、その両方に機能があるとは限らず、雄花と雌花に分化している。果実は倒卵形の痩果で、花後、花柱が長さ15-20mmに伸び、羽毛状になる。

和名は、葉がボタン(牡丹)に似ることからついた。

分布と生育環境編集

日本固有種で、本州全体に広く分布し、山地の草原や林縁などに生育する。

下位分類編集

  • シロバナクサボタン Clematis stans Siebold et Zucc. f. albida Honda
  • モモイロクサボタン Clematis stans Siebold et Zucc. f. rosea Honda
  • ツクシクサボタン Clematis stans Siebold et Zucc. var. austrojaponensis (Ohwi) Ohwi -四国、九州に分布し、石灰岩地に生育する。

参考文献編集