ノックアイルランド語: An Cnoc英語: Knock ノック)はアイルランドメイヨー県にある小さな町で[1]1879年8月21日に聖ヨセフ及び聖ヨハネ、そして聖母マリアが人々の前に現れたという伝承で知られる。この地名がクノックというのは誤りであり、正しくはノックである。ノック市役所、聖堂に確認済みである。

ノック
Knock

An Cnoc, Cnoc Mhuire
所在地
ノック Knockの位置
center alt=ノック Knockの位置を示した地図
アイルランド座標系
M396818
詳細
地方: コノート
: メイヨー県
標高: 78 m
人口 (2002年)
 - 町内:
 - 郊外:

  595人
  1,404人

信仰編集

20世紀にはルルドファティマと並んでヨーロッパにおける聖母マリアゆかりの地として多くの巡礼者を集めることになった。現在でも毎年150万人もの巡礼者がこの地を訪れる。聖母マリアへの強い信心を持っていたローマ教皇ヨハネ・パウロ2世1979年に公式訪問している。

地名編集

Cnocは「丘」を意味し、今は特にCnoc Mhuire ノック・ヴイラ、「聖母マリアの丘」として一般に知られた。2000年代に入り、ノックを示す道路名は一般的に使われているCnoc Mhuireでなく、アイルランド語訳をAn Cnocが用いられるようになった。アイルランドの地名委員会はAn Cnocの方が歴史的にも正しいと主張している。ノックはアイルランド語が話されていたゲールタハトの外に位置するが、アイルランド語がより広範な地域で用いられた時代、町はAn Cnocと呼ばれていたようである。1920年代1930年代になってCnoc Mhuireという名前が巡礼地として有名になった。呼び方の問題はアイルランド議会でも議論されるほどになり、結果的に俗称のCnoc Mhuireの使用は認められたが、地名のアイルランド語訳にCnoc Mhuireを使用する事には制限がもうけられた。

脚注編集

  1. ^ アンソニー・テイラー『世界の聖地バイブル : パワースポット&スピリチュアルスポットのガイド決定版』ガイアブックス、産調出版、280ページ、2011年、ISBN 978-4-88282-780-1

関連項目編集

外部リンク編集