メインメニューを開く

クプリアン・キルキシュ

クプリアン・オシポヴィチ・キルキシュロシア語: Куприян Осипович Киркиж1888年9月29日 - 1932年5月24日)は、ソビエト連邦の政治家。

クプリアン・オシポヴィチ・キルキシュ
Куприян Осипович Киркиж
生年月日 (1888-09-29) 1888年9月29日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ヴィテプスク県レペリ郡ロシア語版スモリャンツィ
没年月日 (1932-05-24) 1932年5月24日(43歳没)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国モスクワ
所属政党 ボリシェヴィキ
称号 赤旗勲章(1923年)

Flag of the Uzbek Soviet Socialist Republic (1927-1929).png ウズベキスタン共産党)中央委員会第一書記
在任期間 1927年2月 - 1929年4月

Flag of the Ukrainian Soviet Socialist Republic (1919-1929).svg ウクライナ社会主義ソビエト共和国
労農監査人民委員・
ウクライナ共産党(ボ)中央統制委員会議長
在任期間 1926年11月 - 1927年2月

Flag of the Ukrainian Soviet Socialist Republic (1919-1929).svg ウクライナ共産党(ボ)ハリコフ県ロシア語版委員会
責任書記
在任期間 1922年 - 1925年

Flag of the Ukrainian Soviet Socialist Republic (1919-1929).svg ウクライナ共産党(ボ)ハリコフ管区委員会
責任書記
在任期間 1925年11月 - 1926年11月
テンプレートを表示

生涯編集

1888年9月29日(ユリウス暦9月17日)、ロシア帝国ヴィテプスク県スモリャンツィの農家に生まれ、13歳から工場で働き始めた[1]1910年からロシア社会民主労働党に入党し、リガハリコフの党組織で活動[2]1917年にはハリコフでボリシェヴィキのペチン地区委員会議長およびハリコフ委員会メンバー、ハリコフ・ソビエトのメンバーを務めた[2]。同年から翌1918年には赤軍赤衛隊ロシア語版の分隊を指揮し[2]モスクワの兵器工場の代表やロシア社会主義連邦ソビエト共和国軍事人民委員部英語版のハリコフおよびクルスク特別全権を務める[3]1920年まではドネツクエカテリノスラフでも政治将校としてアントーン・デニーキンネストル・マフノの軍と戦った[2]

1922年に党ハリコフ県ロシア語版委書記[2]および県ソビエト執行委副議長となり、1925年までウクライナ共産党ハリコフ県委責任書記を務める[3]1923年には赤旗勲章を授与され、同年4月から1927年11月までウクライナ共産党中央委、1923年6月から1926年11月まで中央委組織局、1925年11月まで組織部部長、1925年12月から1926年11月まで中央委政治局および書記局のメンバーを歴任[3]。1925年11月から1926年11月まではハリコフ管区 (ru) 委責任書記を務めた[3]

1924年5月から1925年9月までロシア党中央委メンバー候補になり、同年12月から1930年6月まで中央委メンバーであった[3]。1926年11月から翌1927年2月までウクライナ社会主義ソビエト共和国労農監査人民委員英語版およびウクライナ共産党中央統制委議長を務める[3]。同月から1929年4月まではウズベキスタン共産党中央委第一書記および連邦共産党中央委中央アジア局副議長でもあった[3]

1929年4月から1931年までソビエト貿易関係者同盟中央委議長、1929年4月から1932年5月まで全連邦通商同盟中央会議ロシア語版幹部会メンバー、1930年7月から1932年5月まで連邦共産党中央統制委 (ru) メンバー並びに幹部会メンバー候補を歴任[3]連邦中執委幹部会メンバー候補でもあり、ロシア党第11回 (ru) から第16回 (ru) までの大会にも出席している[2]

1931年からは機械労働者同盟中央委議長も務めていたが、在任中の翌1932年5月24日にモスクワで自動車事故死し[3]クレムリンの壁ネクロポリス英語版に葬られた[2]。死後、キルキシュの名はコヴロフの工場や通りに付けられた[1]。兄弟の曾孫であるインガ・キルキシュロシア語版は、脚本家となっている[1]

脚注編集

  1. ^ a b c Фролов Н. (2015年10月3日). “Нынешний ЗиД 17 лет прозывался в честь жертвы ДТП”. iKovrov.ru - Интернет-журнал города Ковров. http://www.ikovrov.ru/history/11042-kirkiz.html 2015年4月25日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g Киркиж // Кварнер — Конгур. — М. : Советская энциклопедия, 1973. — (Большая советская энциклопедия : [в 30 т.] / гл. ред. А. М. Прохоров ; 1969—1978, т. 12).
  3. ^ a b c d e f g h i Киркиж Куприян Осипович”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. knowbysight.info. 2016年4月25日閲覧。
党職
先代:
ウラジーミル・イワノフ
  ウズベキスタン共産党(ボ)中央委員会第一書記
1927年2月 - 1929年4月
次代:
ニコライ・ギカロ
先代:
ニコライ・ポポフ
  ウクライナ共産党(ボ)ハリコフ県委員会責任書記
1922年 - 1925年
次代:
なし
先代:
なし
  ウクライナ共産党(ボ)ハリコフ管区委員会責任書記
1925年11月 - 1926年11月
次代:
パーヴェル・ポスティシェフ