ニコライ・ギカロ

ニコライ・フョードロヴィチ・ギカロロシア語: Николай Фёдорович Гикало1896年3月20日 - 1938年4月25日)は、ロシア帝国の革命家、ソビエト連邦の政治家。

ニコライ・フョードロヴィチ・ギカロ
Николай Фёдорович Гикало
Гикало, Николай Фёдорович.jpg
1934年のギカロ
生年月日 (1896-03-20) 1896年3月20日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ヘルソン県オデッサ郡オデッサ
没年月日 (1938-04-25) 1938年4月25日(42歳没)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワコムナルカ射撃場[1]
出身校 チフリス軍医学校卒業
共産主義アカデミーロシア語版卒業[1]
前職 軍医
所属政党 ボリシェヴィキ
称号 赤旗勲章(1919年)
レーニン勲章(1935年)

Flag of the Uzbek Soviet Socialist Republic (1929-1931).svg ウズベキスタン共産党)中央委員会
第一書記
在任期間 1929年 - 1929年8月

Flag of Azerbaijan 1924.svg アゼルバイジャン共産党(ボ)中央委員会
第一書記
在任期間 1929年8月5日 - 1930年8月5日

Flag of the Byelorussian Soviet Socialist Republic (1927-1937).svg 白ロシア共産党ロシア語版(ボ)中央委員会
第一書記
在任期間 1932年1月23日 - 1937年1月25日

Flag of the Ukrainian Soviet Socialist Republic (1937-1949).svg ウクライナ共産党(ボ)ハリコフ州委員会
第一書記
在任期間 1937年2月5日 - 10月

ロシア共産党(ボ)山岳州委員会
責任書記
在任期間 1921年4月 - 1921年

その他の職歴
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic (1918–1925).svg 全連邦共産党(ボ)北カフカース地方ロシア語版委員会
第二書記

1926年 - 1927年8月)
テンプレートを表示

生涯編集

1896年3月20日(ユリウス暦8日)に、ロシア帝国ヘルソン県オデッサの労働者階級に生まれた[2]ロシア人[3]1915年チフリス軍医学校を卒業し、同年から1917年まで軍医として従軍した[4]。同年7月からボリシェヴィキの党員となり、翌1918年3月からグロズヌイ市委員会議長および市ソビエト執行委員会議長、5月からソビエト軍司令官となり[4]、8月から11月にかけて同地で白軍コサック部隊との戦いを指揮した[2]。翌1919年にはボリシェヴィキ・カフカース地方委メンバーとなり[4]1920年までテレク州ダゲスタン州ロシア語版アントーン・デニーキンの軍と戦った[2]。1919年には赤旗勲章を授与され、1920年から翌1921年まではテレク州ソビエト執行委副議長も務めている[4]

1921年からボリシェヴィキ山岳州委責任書記、同年(あるいは1923年[2])から1925年まで中央委南東局メンバー、1924年から翌年まで北カフカース地方ロシア語版委煽動・宣伝部部長、1925年から1927年8月まで同委書記並びに第二書記を歴任[4]。同年までは共産主義アカデミーロシア語版マルクス・レーニン主義を学んでいた[4]。1927年から翌1928年までは中央委中央アジア局組織部部長および局員を務めた[4]1929年から翌1930年まではウズベキスタン共産党中央委書記であり[2]、1929年8月までは第一書記も務めている[4]。同月5日からは[4]レヴォン・ミルゾヤンロシア語版の下で混乱した文化政策を立て直すためにアゼルバイジャン共産党中央委第一書記に任じられたが、結果を出すことができず翌1930年8月5日に退任した[5]

1930年から翌1931年まで連邦共産党中央委組織・指導部副部長、1931年2月から翌1932年1月までモスクワ市およびモスクワ州委書記・組織部部長を歴任[4]。同月23日から1937年3月18日まで(実際には1月25日まで[6])は白ロシア共産党ロシア語版中央委 (be) 第一書記を務め、1935年3月には農業分野における功績を賞してレーニン勲章を授与された[4]。同国においては中央執行委員会および革命軍事ソビエトのメンバーも務め、またソビエト連邦中執委メンバーも務めた[1]

1930年7月から1934年1月まで連邦共産党中央監査委 (ru) メンバー、同年2月から1937年10月までは連邦共産党中央委員候補[4]。同年2月から10月まではウクライナ共産党ハリコフ州委第一書記、同年3月から翌1938年1月までは同党中央委政治局メンバーであった[4]。しかし、1937年10月11日にはNKVDによって逮捕され、イギリスのスパイとの罪状により死刑判決を下された[1]。そして1938年4月25日に銃殺刑に処せられたが、1955年10月に連邦最高裁軍事参議会ロシア語版によって名誉回復ロシア語版がなされた[1]

ギカロの名は、チェチェン共和国の村(ギカロロシア語版)やウラジカフカス (ru)、そしてミンスクの通りに残されている[1]。また、グロズヌイの人民友好広場 (ru) には、ガプル・アフリエフ (ru)、アスランベク・シェリポフとともにギカロの記念碑 (ru) が建てられている[7]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Маракоў Л. У. (2004). "ГІКАЛА Мікалай Фёдаравіч". Рэпрэсаваныя лiтаратары, навукоўцы, работнiкi асветы, грамадскiя i культурныя дзеячы Беларусi. 1794-1991. Энцыклапедычны даведнік. III. Кнiга I. Мн.: Абрамовіч—Кушаль.
  2. ^ a b c d e Гикало // Газлифт — Гоголево. — М. : Советская энциклопедия, 1971. — (Большая советская энциклопедия : [в 30 т.] / гл. ред. А. М. Прохоров ; 1969—1978, т. 6).
  3. ^ Абубакаров С. (2004年5月7日). “В Грозном открыт памятник Дружбы народов”. Кавказский Узелロシア語版. http://www.kavkaz-uzel.eu/articles/55048/ 2016年9月7日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m Гикало Николай Фёдорович”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. knowbysight.info. 2016年4月20日閲覧。
  5. ^ Zülfüqarlı, Məhərrəm (2009年5月5日). “Ruhulla Əli oğlu Axundov”. 525-ci qəzet: p. 5. http://anl.az/down/meqale/525/525_may2009/77501.htm 
  6. ^ Иоффе Э. Г.ロシア語版 (2007年8月15日). “Две короткие биографии”. Советская Белоруссияロシア語版. http://www.sb.by/obshchestvo/article/dve-korotkie-biografii.html 2016年9月7日閲覧。 
  7. ^ Байсултанов О. Х.ロシア語版 (2010-11-10). Об утверждении Перечня памятников культуры и истории, расположенных на территории Чеченской республики, стоявших ранее на государственном учёте (Report). Постановление правительства Чеченской Республики. p. 1. 
党職
先代
クプリヤン・キルキシュ
  ウズベキスタン共産党(ボ)中央委員会第一書記
1929年 - 1929年8月
次代
イサーク・ゼレンスキー
先代
レヴォン・ミルゾヤンロシア語版
  アゼルバイジャン共産党(ボ)中央委員会第一書記
1929年8月5日 - 1930年8月5日
次代
ウラジーミル・ポロンスキー
先代
コンスタンチン・ゲイ
  白ロシア共産党(ボ)中央委員会第一書記
公式には1937年3月18日まで
1932年1月23日 - 1937年1月25日
次代
ダニイル・ヴォルコヴィチ
代行
先代
セルゲイ・クドリャフツェフ
  ウクライナ共産党(ボ)ハリコフ州委員会第一書記
1937年2月5日 - 1937年10月
次代
アレクサンドル・オシポフ
先代
なし
ロシア共産党(ボ)山岳州委員会責任書記
1921年4月 - 1921年
次代
アレクサンドル・ノソフ
先代
ボリス・ポゼルンロシア語版
  全連邦共産党(ボ)北カフカース地方委員会第二書記
1926年 - 1927年8月
次代
ウラジーミル・イヴァノフ