メインメニューを開く

クリスチャン・シェンク (Christian Schenk1965年2月9日-)は、ドイツの陸上競技選手。東ドイツ代表として出場した1988年ソウルオリンピック十種競技の金メダリストである。

獲得メダル
東ドイツの旗 東ドイツ
陸上競技
オリンピック
1988 ソウル 十種競技

シェンクは、1991年の世界陸上でも銅メダルを獲得している。しかし、1992年バルセロナオリンピックにはけがのため出場を逃している。翌年の1993年の世界陸上では4位に終わっている。

彼の自己記録は1993年の世界陸上で出した8500点である。走高跳は近年では見られなくなったベリーロールスタイルで跳ぶことで知られており、ソウルオリンピックでマークした2m27cmは十種競技における走高跳の最高記録でもある。

主な実績編集

外部リンク編集