メインメニューを開く

クレオくん』は、1968年4月7日から同年7月6日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ製作のテレビドラマである。全14話。

クレオくん
ジャンル テレビドラマ
脚本 松田暢子
安部徹郎
監督 寺島久
出演者 クレオ(チンパンジー
保積ペペ
平凡太郎
島田多恵子
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1話 - 第13話
放送期間 1968年4月7日 - 1968年6月30日
放送時間 日曜 19:30 - 20:00
放送分 30分
回数 13
第14話
放送期間 1968年7月6日
放送時間 土曜 17:00 - 17:30
放送分 30分
回数 1
テンプレートを表示

目次

概要編集

東京のある街のサラリーマン宅に住んでいるチンパンジー・クレオと、飼い主の少年・タケオが巻き起こす珍騒動を描いたファミリードラマ。

同じくフジテレビの『テレビグランドスペシャル』(第1期)内で放送された『アニマルズショー』で人気を上げ、後に同局の『小川宏ショー』や『待ッテマシタ!』での演技が評判になった[要出典]チンパンジーのクレオを主役にした作品。国産ドラマでは珍しい、動物が主人公の作品となった。

放送時間編集

いずれも日本標準時

新聞紙上においては7月6日まで放送されていたことになっているが、最終回マークが付されているのは日曜19:30枠最後の放送が行われた6月30日付のテレビ欄であり、7月6日付に載っているものには最終回マークが付されていない。再放送マークも無く、サブタイトルも載っていないため、7月6日放送分がどのような内容だったのかは不明である[1]

  • 日曜 19:30 - 20:00 (1968年4月7日 - 1968年6月30日)
  • 土曜 17:00 - 17:30 (1968年7月6日) - 直後の17:30 - 18:26にも単発の音楽番組『ダービーフェスティバル』が放送されたため、通常は17:00 - 18:26に放送の『お楽しみ映画劇場』(第2期)は休止になった。

キャスト編集

スタッフ編集

放送日程編集

話数 放送日 サブタイトル
1 4月7日 頭の上からこんにちは 山の彼方の空遠く
2 4月14日 アルバイト探し 習字は苦手
3 4月21日 名刺をどうぞ 注射はこわい
4 4月28日 魔法のハンカチ (不明)
5 5月5日 子供ファッションショー 手紙をどうぞ
6 5月12日 昔と今は 迷画コンクール
7 5月19日 へんなお客さま パパの一日坊主
8 5月26日 ボクは誰でしょう クレオの孫悟空
9 6月2日 1日ママさん とんだお見舞
10 6月9日 びっくりバースデー 動物園のお友達
11 6月16日 チンドン屋バンザイ しんじまった死んじまった
12 6月23日 四次元の世界
13 6月30日 ナンマイダースッポンダー 蒸発は自転車で
14 7月6日 (不明)

参考:サンケイ新聞産業経済新聞社、1968年4月7日付 - 7月6日付のラジオ・テレビ欄。 

コミカライズ編集

本作は板井れんたろうによるコミカライズが行われており、秋田書店の月刊誌『冒険王』で連載されていた。

脚注編集

  1. ^ 『サンケイ新聞』 産業経済新聞社、1968年7月6日付のラジオ・テレビ欄。 

外部リンク編集

フジテレビ系列 日曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
日曜映画劇場(第1期)
(1967年10月1日 - 1968年3月31日)
※19:30 - 20:56
【日曜20:00枠から移動】
クレオくん
(1968年4月7日 - 1968年6月30日)
【第14話は土曜17:00枠で放送】
あかねちゃん
(1968年7月7日 - 1968年9月29日)
土曜19:00枠から移動】