クロスビー、スティルス&ナッシュ (アルバム)

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのアルバム

クロスビー、スティルス&ナッシュ』(Crosby, Stills & Nash)は、クロスビー、スティルス&ナッシュ1969年に発表したファースト・アルバム。

クロスビー、スティルス&ナッシュ
クロスビー、スティルス&ナッシュスタジオ・アルバム
リリース
録音 ロサンゼルス、ウォーリー・ハイダー・スタジオ III(1969年2月11日 - 3月)
ジャンル ロック
時間
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース クロスビー、スティルス&ナッシュ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 6位(アメリカ[1]
  • 25位(イギリス[2]
  • クロスビー、スティルス&ナッシュ アルバム 年表
    クロスビー、スティルス&ナッシュ
    (1969年)
    CSN
    (1977年)
    テンプレートを表示

    概要編集

    1968年12月、ジョン・セバスチャンはデヴィッド・クロスビースティーヴン・スティルスグラハム・ナッシュの3人に「僕のうちに泊まればいいい」と提案し、ニューヨーク州サフォーク郡サグ・ハーバーの自宅へ呼び寄せた。12月22日、3人組はニューヨークで初レコーディングに臨んだ。コントロール・ルームにはポール・A・ロスチャイルドが座った。「泣くことはないよ」「どうにもならない望み」などが演奏されたが、3人の満足のいくものではなく、いずれのテイクもお蔵入りになった[3]。その後彼らはロングアイランドで数週間リハーサルを行った。

    1969年2月11日から3月にかけてロサンゼルスのウォーリー・ハイダー・スタジオ III(Wally Heider Studios)でレコーディングは行われた。エンジニアはビル・ハルヴァーソン(Bill Halverson)が務めた[4][5]。グループはセッションから外部の人間を排除した。コントロール・ルームに入ろうとしたアーメット・アーティガンでさえ丁重に断った。しかし「プリ・ロード・ダウン」のレコーディング中にキャス・エリオットが姿を現し、「私に歌わせないなら、あなたたちはもう我が家に出入り禁止よ」と迫る。3人は抵抗できず、同曲のハーモニーにはエリオットの声が重ねられた(ノンクレジット)[6]

    同年5月29日に発売され、ビルボードのアルバムチャートの6位を記録した。その後『ローリング・ストーン』誌が選んだ「歴代最高のアルバム500選」において161位に選ばれている[7]

    収録曲の日本語表記はワーナーミュージック・ジャパンの公式サイトに拠る[8]

    2006年の再発盤には4曲ボーナストラックが追加された。

    収録曲編集

    Side 1
    1. 組曲: 青い眼のジュディ - Suite: Judy Blue Eyes (7:25)
      作詞作曲:スティーヴン・スティルス
    2. マラケッシュ行急行 - Marrakesh Express (2:39)
      作詞作曲:グラハム・ナッシュ
    3. グウィニヴィア - Guinnevere (4:40)
      作詞作曲:デヴィッド・クロスビー
    4. 泣くことはないよ - You Don't Have to Cry (2:45)
      作詞作曲:スティーヴン・スティルス
    5. プリ・ロード・ダウン - Pre-Road Downs (3:01)
      作詞作曲:グラハム・ナッシュ
    Side 2
    1. 木の舟 - Wooden Ships (5:29)
      作詞作曲:デヴィッド・クロスビー、ポール・カントナー、スティーヴン・スティルス
    2. 島の女 - Lady of the Island (2:39)
      作詞作曲:グラハム・ナッシュ
    3. どうにもならない望み - Helplessly Hoping (2:41)
      作詞作曲:スティーヴン・スティルス
    4. ロング・タイム・ゴーン - Long Time Gone (4:17)
      作詞作曲:デヴィッド・クロスビー
    5. 49のバイ・バイズ - 49 Bye-Byes (5:16)
      作詞作曲:スティーヴン・スティルス

    ジャケット編集

    ウェスト・ハリウッドのサンタ・パーム・カー・ウォッシュを隔てた815パーム・アヴェニューにある廃屋を見つけたとき、グループの3人は自分達のイメージに完璧だと考えた。3人は家の前のソファに座りジャケット用の写真を撮る。カメラマンはメンバーの友人のヘンリー・ディルツ。"クロスビー、スティルス&ナッシュ" というグループ名が決まったのはその数日後だった。写真は左からナッシュ、スティルス、クロスビーの順で写っていたことから、彼らは撮り直すために再び現地を訪れたが、すでに家は解体され廃材の山になっていた。裏のジャケットには窓にドラムのダラス・テイラーが写っている。これはあとからはめ込んだものである。

    ジャケットの内側の見開きの写真はカリフォルニア州のビッグ・ベアで撮影された[9]

    脚注編集

    参考文献編集

    • ピーター・ドゲット 著、川村まゆみ 訳 『CSNY――クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの真実』DU BOOKS、2020年6月26日。ISBN 9784866471044