グレッグス: Greggs plc)は、イギリスベーカリーチェーンストア公開有限会社。ソーセージロールやサンドイッチドーナツなどを販売している。本社はイングランドニューカッスル・アポン・タインにある。ロンドン証券取引所に上場し、FTSE250種総合株価指数に含まれている。

グレッグス
現地語社名
Greggs plc
種類
公開会社
市場情報
業種 飲食業(テイクアウト中心)
設立 イングランドの旗 イングランドニューカッスル・アポン・タインゴスフォース
1939年 (85年前) (1939)
創業者 ジョン・グレッグ英語版
本社 ニューカッスル・アポン・タイン[1]
拠点数
2,000店舗以上[2]
主要人物
イアン・デュラント
(会長)
ロジャー・ワイトサイド
(CEO)
製品 ソーセージロール、ペイストリー、サンドイッチ、ケーキ
売上高 増加 £1,229.7 million (2021)[3]
営業利益
増加 £153.2 million (2021)[3]
利益
増加 £117.5 million (2021)[3]
従業員数
20,000 (2022)[4]
ウェブサイト greggs.co.uk

沿革 編集

創業期 編集

1939年、創業者のジョン・グレッグタインサイドでベーカリーを始める[5]。1951年にニューカッスル・アポン・タインのゴスフォースに1号店が開店[6]。1964年にジョン・グレッグが死去した後は息子のイアンとコリンが共同で事業を継続した。1970年代に同業者のベーカリーを次々と買収し規模を拡大。全国的なチェーンストアへと成長した[7]

更なる拡張 編集

1994年、アライド・ベーカリー社(現アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ)からチェーン店「ベーカーズ・オーブン」を買収[7]。99年8月にはミッドランズの「ブラッグス」ブランド、リーズの「サーストン」ブランドをいずれも「グレッグス」に統一した[8]

2008年12月には国内にある「ベーカーズ・オーブン」165店舗を「グレッグス」に改名することを発表し[9]、2009年11月には追加で600店舗の出店計画を明らかにした[10]。また計画内では全体の12%にあたる215店舗の改装、ピザなどの新商品の開発も発表した[11]。そして2011年3月には1,500番目の店舗をヨークに開店させた[12]

2013年1月、CEOのケン・マクメイカンが退任し、パンチ・タヴァーンスCEOのロジャー・ワイトサイドが後任に就いた[13]

2013年、同社はベーカリー市場ではスーパーマーケットに対抗できないとし、テイクアウト市場への路線変更を始めた[14]

この路線変更の結果、開店時間の前倒しと閉店時間の後ろ倒しが行われ[15] 、朝食メニューの拡大も行われた[16]。逆にこれにより、パンやスコーンの販売が打ち切りとなった[17]

2014年8月、同社のロゴを改変し顧客を馬鹿にしたようなパロディ画像が出回ったため、Googleに対して同様の画像のページランクを下げるよう要請した[18]。また同社がGoogle公式Twitterアカウントに対して「ドーナツをあげるから問題を解決してほしい」という呟きをしたことを含めた明るいSNS対応は、「ツイッター炎上対策の模範」と評された[19][20]

2016年には本社をノース・タインサイドに移転[21][22]。2020年3月からは新型コロナウイルス感染症の世界的流行により一時店舗を閉鎖した[23]

2022年2月、国内で最も面積の大きい支店がバーミンガムプライマーク内にオープンした。開店を目撃した人によると、開店30分前から列ができ、一部の客は開店直後に店へ向かって走り出したという[24]

新型コロナウイルス感染症の影響 編集

新型コロナウイルス感染症の影響により、グレッグスは2020年3月24日から従業員のほとんどを一時的に解雇した。しかしその1ヶ月後の4月24日にはニューカッスル市内にある20店舗に関しては、安全措置が講じられていることを理由に営業再開を決定した。ところがその後メディア各社により同社が秘密裏に閉店中の店舗で店舗運営実験を繰り返していたことが明らかになり、その危険性が問題視されて中止となった[25]

同年6月15日、社内実験が成功したことを理由にグレッグスは800店舗の営業再開を発表した。またこの際には店舗に隔離用スクリーンを配置し、ソーシャルディスタンスマークを貼り付けることも説明された。また当面の間はメニュー数を削減することも発表した。この発表後同年7月末まではこの新基準が適用され[26]、9月以降は複数のメニューが再開となった[27]。同年11月、グレッグスはこの新型コロナウイルス感染症の拡大により820名の雇用が失われ、売り上げにも影響があったことを明らかにした[28]

営業 編集

 
リーズにある典型的なグレッグスの店舗

2019年時点で2,000以上の店舗を有するグレッグスでは9つの地域ベーカリーで焼いた商品を店舗へと運んで販売しており、従業員数はおよそ22,000人に及ぶ[29]。また地域限定メニューの販売も行っている[30]。またスーパーマーケットチェーンアイスランド英語版を通じて自社商品の販売も行っている[31]

デリバリー・持ち帰り 編集

2016年10月、グレッグスは将来的な全国展開も視野に入れてデリバリーサービスの試験的な導入を開始した[32]。この試験はノース・タインサイド英語版にあるコバルト・ビジネスパーク英語版内の店舗から始められ、その後市内29店舗に拡大された[33]

ドライブスルー・24時間営業 編集

2017年6月、グレッグスは初めてのドライブスルーサービスをサルフォードにある店舗で開始し[34]、その後さらにアシュビー=ドゥ=ラ=ズーチ英語版ブラックバーンニューカッスルにある1店舗ずつでサービスを開始した[35][36]。またドライブスルーを実施する店舗にて試験的な24時間営業も実施していた[37]

グレッグス・モーメント 編集

2011年9月、グレッグスは104席を有するコーヒー店「グレッグス・モーメント」を拠点のニューカッスルで開店させた[38]。その後翌年8月に2号店が近隣のショッピングモール内に開店し[39]、2013年2月時点でさらに5店舗が営業していた[40]。しかし同年8月、グレッグスはコーヒーチェーン市場への参入を断念し、現在ある店舗でのコーヒー販売に専念することを発表した[41]

グレッグス・アウトレット 編集

グレッグスはイングランド北中部とウェールズでアウトレット店「グレッグス・アウトレット」を営業し、製造工程で外された商品を低価格で販売している[42]。グレッグスのアウトレット品販売の歴史は長く、1972年に「グレッグス・セカンドショップ」という名称で営業が開始して依頼継続して行われている[43]

商品 編集

ソーセージロールなど 編集

ソーセージロールは1週間に200万点[44]を売り上げる看板商品で、店で焼いたもののほか4本パックでの販売も行っている[45]

ヴィーガン向け商品 編集

 
グレッグスが販売するヴィーガン向けソーセージロール

2019年1月、グレッグスはヴィーガン食品大手のクオーン(Quortn)と共同でヴィーガン向けソーセージロールを発表した[46]。この商品はイギリス中で非常に好評であり[47]、「他のファーストフードチェーンがヴィーガン向けメニューを導入するきっかけとなった[48]」と評価されている。またこの商品の急速な売り上げ増によりグレッグスは業績が非常に好調となり、2020年1月にはおよそ2万5千人の従業員に対してそれぞれ300ポンド(総額700万ポンド)のボーナスを支給した[49]。また同月には他メニューもヴィーガン向けにすると発表した[50]

朝食メニュー 編集

グレッグスでは午前11時まで限定で朝食メニューの販売を行っている。2010年からはベーコンロールとポリッジクロワッサンパン・オ・ショコラの販売が始まった[51]

期間限定メニュー 編集

グレッグスでは定期的に期間限定メニューの販売を行っている。2015年秋にはチキンカレースープとペリペリチキン・フラットブレッドが販売された[52]

期間限定メニューにはヴィーガン向け、一般向け含めパスタやサンドイッチ、サラダ、スープなどに加え、ヨーグルトなどの低脂肪商品やレモネード、ジュースなどのソフトドリンクも含まれる[53]。なお、2016年秋冬シーズンには初めてグルテンフリー商品が発売された[54]。またハロウィンクリスマスの時期には特別なケーキやビスケットの販売も行われる[52][55]

サンドイッチ 編集

グレッグスでは店内で調理された数多くのサンドイッチを楽しむことができ、ホットサンドイッチも販売されている[56]

スープ 編集

ヘルシーメニューとしてスープの販売も行う[57]。スープの内容は時期によって様々で、具体的にはチキンカレースープ、スパイスビーフ・アンド・ライススープ、トマトクリームスープなどが販売されている[52][57]

一方でイギリスのテレビ局チャンネル4の番組が行った取材では栄養表示に記載されている以上の砂糖がトマトクリームスープに含まれていることが明らかになった[58]。これによると記載された栄養表示には300グラムあたり5.7グラムとあったが、実際に計測してみると25.4グラムが含まれていた。これを受けてグレッグスは「栄養表示の計測方法を修正し、必要ならばレシピの変更も行う」と発表した。

脚注 編集

  1. ^ GREGGS PLC - Overview (free company information from Companies House)”. Beta.companieshouse.gov.uk. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ “Greggs set to open its 2,000th store”. Business Live. (2019年8月22日). https://www.business-live.co.uk/retail-consumer/greggs-set-open-2000th-store-16800667 2022年3月8日閲覧。 
  3. ^ a b c Preliminary Results 2021”. Greggs. 2022年3月8日閲覧。
  4. ^ Hello we're Greggs…. Come and join our Family”. 2022年2月17日閲覧。
  5. ^ “Takeaway market holds key to Greggs' future”. The Northern Echo. (2003年11月18日). http://archive.thenorthernecho.co.uk/2003/11/18/70393.html 2010年2月16日閲覧。 
  6. ^ Earning a crust; How famous bakery rose from pushbike yeast deliveries Remember When a blast from the past.”. Entrepreneur (2008年3月19日). 2010年2月16日閲覧。
  7. ^ a b history”. Greggs. 2010年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  8. ^ Greggs”. Ukbusinesspark.co.uk. 2010年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  9. ^ Chief Executive's Review and Trading Update”. Greggs plc (2008年12月9日). 2009年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月10日閲覧。
  10. ^ “How did Greggs conquer the High Street?”. BBC News. (2009年11月10日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/magazine/8330573.stm 2009年11月10日閲覧。 
  11. ^ Rankin, Jennifer (2013年10月9日). “Greggs slows sales decline as it battles to win back customers”. The Guardian. https://www.theguardian.com/business/2013/oct/09/greggs-slows-sales-decline-bakery-chain 2016年8月25日閲覧。 
  12. ^ Greggs plc interim management statement”. Greggs plc (2011年5月11日). 2011年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月24日閲覧。
  13. ^ Thomas, Nathalie (2013年1月24日). “Greggs poaches Punch Taverns chief”. The Telegraph. オリジナルの2022年1月12日時点におけるアーカイブ。. https://ghostarchive.org/archive/20220112/https://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/retailandconsumer/leisure/9823601/Greggs-poaches-Punch-Taverns-chief.html 2016年8月25日閲覧。 
  14. ^ “Greggs CEO Roger Whiteside talks turnarounds, M&S and VR pasties”. http://www.managementtoday.co.uk/greggs-ceo-roger-whiteside-talks-turnarounds-m-s-vr-pasties/leadership-lessons/article/1413205 2016年11月10日閲覧。 
  15. ^ “More people are going to work on a Greggs as strong growth at breakfast time boosts sales”. The Telegraph. (2016年10月4日). オリジナルの2016年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161005065332/http://www.telegraph.co.uk/business/2016/10/04/more-people-are-going-to-work-on-a-greggs-as-strong-growth-at-br/ 2016年11月10日閲覧。 
  16. ^ Farrell, Sean (2016年5月9日). “Salads and flat-whites boost Greggs despite high street lull”. The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/business/2016/may/09/salads-and-flat-whites-boost-greggs-despite-high-street-lull 2016年11月10日閲覧。 
  17. ^ McCrum, Kirstie (2015年5月19日). “Greggs the bakers are stopping selling bread and here's why”. Mirror. https://www.mirror.co.uk/news/uk-news/greggs-bakers-stopping-selling-bread-5724338 2016年11月10日閲覧。 
  18. ^ Cresci, Elena (2014年8月19日). “Why did an offensive Greggs logo show up in Google's web search?”. The Guardian. https://www.theguardian.com/technology/2014/aug/19/why-did-an-offensive-greggs-logo-show-up-in-googles-web-search 2016年8月25日閲覧。 
  19. ^ Bold, Ben (2014年8月20日). “Greggs gives lesson in Twitter crisis management after fake logo debacle”. Marketing Magazine. 2015年11月5日閲覧。
  20. ^ Usborne, Simon (2014年8月22日). “Was Greggs' response to its logo mishap a stroke of genius?”. The Independent. https://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/features/greggs-google-fail-was-the-bakerys-response-to-its-logo-mishap-a-stroke-of-marketing-genius-9681928.html 2015年11月5日閲覧。 
  21. ^ Ford, Coreena (2015年9月29日). “Bakery giant Greggs set for Quorum Business Park move with Sanderson Weatherall help”. ChronicleLive. 2019年8月23日閲覧。
  22. ^ Ford, Coreena (2016年9月7日). “Jobs on the way as US giant Sitel takes largest Newcastle office letting this year”. ChronicleLive. 2019年8月23日閲覧。
  23. ^ Coronavirus: Greggs to close all stores to prevent spread BBC News 23 March 2020
  24. ^ Tasty by Greggs cafe and clothing collab with Primark announced”. 2022年5月24日閲覧。
  25. ^ Welcome to”. Greggs Employee Information. 2020年6月6日閲覧。
  26. ^ Click and Collect”. Greggs Collect. 2020年6月6日閲覧。
  27. ^ Bruce, Anne (2020年9月4日). “Greggs expands its menu following post-lockdown reductions”. British Baker. 2021年10月12日閲覧。
  28. ^ Greggs set to cut 820 jobs as coronavirus lockdown hits bakery chain's sales”. uk.finance.yahoo.com. 2020年11月14日閲覧。
  29. ^ Greggs 2000th shop”. BBC News. 2015年5月19日閲覧。
  30. ^ Greggs secret menu: full list of the 23 items that you can only order in some parts of the country”. inews.co.uk (2019年7月26日). 2021年10月12日閲覧。
  31. ^ Search Greggs”. Iceland Groceries. 2016年12月1日閲覧。
  32. ^ “Greggs unveils new delivery service”. ITV News. (2016年10月19日). http://www.itv.com/news/tyne-tees/update/2016-10-19/greggs-unveils-new-delivery-service/ 2016年12月1日閲覧。 
  33. ^ Ford, Coreena (2016年10月18日). “Steak bake lovers rejoice! Greggs has launched a delivery service”. mirror. https://www.mirror.co.uk/news/uk-news/greggs-delivery-service-sausage-rolls-9069712 2016年12月1日閲覧。 
  34. ^ Boult, Adam (2017年6月8日). “The world's first drive-through Greggs is now open”. The Telegraph. オリジナルの2022年1月12日時点におけるアーカイブ。. https://ghostarchive.org/archive/20220112/https://www.telegraph.co.uk/food-and-drink/news/worlds-first-drive-through-greggs-now-open/ 2017年6月12日閲覧。 
  35. ^ “Third drive-thru Greggs in UK to open at Euro Garages site”. Lancashire Telegraph. (2018年9月12日). https://www.lancashiretelegraph.co.uk/news/16835315.third-drive-thru-greggs-in-uk-to-open-at-euro-garages-site/ 2018年10月5日閲覧。 
  36. ^ Greggs opens fourth drive-through in Newcastle”. British Baker. 2019年9月22日閲覧。
  37. ^ Country's second Greggs 24-hour drive-thru to open in Ashby”. Derby Telegraph (2018年6月4日). 2022年5月29日閲覧。
  38. ^ Dent, Karen (2011年9月29日). “Greggs open first coffee shop in Newcastle”. nechronicle. 2022年5月29日閲覧。
  39. ^ Greggs open coffee shop at Gateshead Metrocentre”. nechronicle (2012年8月13日). 2015年6月7日閲覧。
  40. ^ Greggs Moment headed for Midlands”. bakeryinfo.co.uk. 2015年6月7日閲覧。
  41. ^ “Greggs shares hit after sales and profits fall”. BBC News. (2013年8月6日). https://www.bbc.co.uk/news/business-23585083 2016年8月25日閲覧。 
  42. ^ Greggs outlet shops: where are they located and what can I buy from them?” (英語). Yorkshire Evening Post. 2021年10月22日閲覧。
  43. ^ Welcome to the Underground World of Discount Greggs” (英語). www.vice.com. 2021年10月22日閲覧。
  44. ^ Armstrong, Ashley (2016年8月2日). “Greggs: We might be going gluten-free but nothing will beat our sausage rolls”. The Telegraph. オリジナルの2016年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160803222944/http://www.telegraph.co.uk/business/2016/08/02/greggs-we-might-be-going-gluten-free-but-nothing-will-beat-our-s/ 2016年11月15日閲覧。 
  45. ^ Halliwell, James. “Greggs trials cold sausage roll four-pack”. www.thegrocer.co.uk. 2016年11月8日閲覧。
  46. ^ correspondent, Rebecca Smithers Consumer affairs (2019年1月2日). “Greggs launches vegan sausage roll”. The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/business/2019/jan/02/greggs-launches-vegan-sausage-roll 2020年1月6日閲覧。 
  47. ^ Greggs: Vegan sausage roll helps boost profit forecast for Britain's biggest baker”. Sky News (2019年11月11日). 2019年12月8日閲覧。
  48. ^ Blackall, Molly (2020年1月6日). “Burger King's new plant-based burger is not suitable for vegans”. The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/business/2020/jan/06/burger-kings-new-plant-based-burger-is-not-suitable-for-vegans 2020年1月6日閲覧。 
  49. ^ Butler, Sarah (2020年1月8日). “Greggs to pay workers £7m bonus after vegan sausage roll success”. The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/business/2020/jan/08/greggs-to-pay-workers-7m-bonus-after-vegan-sausage-roll-success 2020年1月8日閲覧。 
  50. ^ correspondent, Rebecca Smithers Consumer affairs (2020年1月2日). “Greggs launches meatless steak bake to beef up its vegan range”. The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/business/2020/jan/02/greggs-launches-meatless-steak-bake-beef-up-vegan-range 2020年1月6日閲覧。 
  51. ^ Dent, Karen (2010年10月6日). “Greggs add croissants to their breakfast menu”. Chronicle Live. 2016年11月22日閲覧。
  52. ^ a b c Farrell, Sean (2015年10月6日). “New Greggs menu and smarter shops boost sales ahead of forecast”. The Guardian. https://www.theguardian.com/business/2015/oct/06/greggs-new-menu-shops-boost-sales 2016年11月15日閲覧。 
  53. ^ Morgan, Georgia (2016年4月26日). “Greggs reveals new 400 calorie or less healthy menu options including sandwiches, soups and salads”. Liverpool Echo. http://www.liverpoolecho.co.uk/whats-on/food-drink-news/greggs-reveals-new-400-calorie-11243887 2016年12月1日閲覧。 
  54. ^ Greggs announce plans to launch gluten-free products”. Free-From Heaven (2016年8月2日). 2016年12月1日閲覧。
  55. ^ Scott, Ellen (2016年11月8日). “Greggs' Christmas menu is here and it's as magical as always”. Metro. http://metro.co.uk/2016/11/08/greggs-christmas-menu-is-here-and-its-as-magical-as-always-6244480/ 2016年11月15日閲覧。 
  56. ^ Akbar, Javaria (2014年11月11日). “What I Learned About Sandwiches From Working at Greggs”. VICE. https://www.vice.com/en_uk/read/what-i-learned-about-sandwiches-from-working-at-greggs 2016年11月22日閲覧。 
  57. ^ a b Rodger, James (2016年4月27日). “Revealed: Greggs unveils new 400 calorie or less menu”. Coventry Telegraph. http://www.coventrytelegraph.net/whats-on/food-drink-news/revealed-greggs-unveils-new-400-11246543 2016年12月1日閲覧。 
  58. ^ Hinde, Natasha (2016年11月29日). “'Tricks Of The Restaurant Trade' Makes A Shocking Discovery About Greggs Tomato Soup”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.co.uk/entry/tricks-of-the-restaurant-trade-shocking-discovery-sugar-content-in-greggs-soup_uk_583c4b3de4b0207d1918cd5f 2016年12月1日閲覧。 

外部リンク 編集