グンヒルト・フォン・デーネマルク

グンヒルト・フォン・デーネマルク(ドイツ語:Gunhild von Dänemark, 1019/20年 - 1038年7月18日)またはグンヒル・ア・ダンマーク(デンマーク語:Gunhild af Danmark)は、後の神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世の妃。

グンヒルト・フォン・デーネマルク
Gunhild von Dänemark
ローマ王妃
Gunhilda.jpg
在位 1036年 - 1038年7月18日

出生 1019/20年
死去 1038年7月18日
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国リンブルク修道院英語版
配偶者 ローマ王ハインリヒ3世
子女 ベアトリクス
家名 ゴーム家
父親 イングランド王デンマーク王ノルウェー王クヌート1世
母親 エマ・オブ・ノーマンディー
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示
リンブルク修道院跡に残るグンヒルトの墓

生涯編集

グンヒルトは北海帝国の王クヌート1世とその2番目の妃エマ・オブ・ノーマンディーとの間の娘で[1]、後のデンマーク・イングランド王ハーデクヌーズの妹、ノルウェー王スヴェンおよびイングランド王ハロルド1世の異母妹、イングランド王エドワード懺悔王の異父妹である。

1025年ごろにまだ子供であったグンヒルはドイツに来た。グンヒルとローマ王コンラート2世の嗣子ハインリヒ3世との婚約は、デンマーク国境のシュレースヴィヒ公領と神聖ローマ帝国国境のホルシュタイン伯領の間の和平のために父クヌート1世が結んだ条約の一環であった。この結婚の合意は1035年にクヌート1世が死去する前に行われた[2]

1028年復活祭の間に、ハインリヒ3世は諸侯の同意を得て父皇帝から王位を受け取り、バイエルン公領およびシュヴァーベン公領が与えられた。一時コンラート2世は、息子ハインリヒ3世を東ローマ皇帝コンスタンティノス8世の娘ゾエと結婚させることを考えていた。しかしその希望は果たされず、最終的に1035年聖霊降臨の日にバンベルクにおいてグンヒルとハインリヒ3世は婚約し、翌年ナイメーヘンで結婚した。この結婚の際に、グンヒルトはドイツ名のクニグンデに名を改めた。

トロワ=フォンテーヌのアルベリックおよびマームズベリのウィリアムの年代記によると、グンヒルトは姦通の疑いで告発され、決闘裁判で勝利したという。しかし、グンヒルトの代理人が勝利した後、グンヒルトはその勝利を拒絶し、修道女となったという[3][4]。しかしその後まもなくグンヒルトとハインリヒ3世とは和解したとみられる。

1038年12月に、皇帝コンラート2世はイタリア遠征に向かい、皇后ギーゼラはレーゲンスブルクでハインリヒ3世やグンヒルトとともに降誕祭を祝った。短気なミラノ大司教アリベルトとの激しい争いで動きがとれない中、コンラートは息子ハインリヒ3世に支援を求め、ハインリヒ3世とグンヒルトは皇帝のイタリア遠征に従った。イタリアにおいて、グンヒルトは唯一の子であるベアトリクス(1037年 - 1061年)を産んだ。ベアトリクスは後にクウェドリンブルクおよびガンダースハイムの女子修道院長となった。

ミラノ包囲戦は失敗に終わったが、1038年にコンラート2世はサレルノ侯グアイマーリオ4世とカプア侯パンドルフォ4世の間の領地争いの仲裁を頼まれた。コンラート2世はグアイマーリオ4世の支援のため南イタリアに遠征し、カプアを手中に収めパンドルフォ4世を廃位した。この勝利により、南イタリアのほとんどの貴族が皇帝に忠実であることが明らかになった。

ドイツへの帰路において、伝染病(恐らくマラリア)が皇帝軍の中で流行し、多くの死者が出た。シュヴァーベン公ヘルマン4世やグンヒルトもその犠牲となった[5]

グンヒルトの遺体はドイツに運ばれ、リンブルク修道院英語版の教会に埋葬された。夫ハインリヒ3世がローマ王として戴冠されたのはコンラート2世が死去した1039年のことであり、グンヒルトは王妃としての戴冠は受けることはなかった。

脚注編集

  1. ^ The cult of King Alfred, Simon Keynes, Anglo-Saxon England, ed. Michael Lapidge, Malcolm Godden and Simon Keynes, (Cambridge University Press, 1999), 297.
  2. ^ M. K. Lawson, Cnut: England's Viking King (2004), p. 104.
  3. ^ Chronica Albrici Monachi Trium Fontium 1041, Monumenta Germaniæ Historica Scriptorum XXIII, p. 787.
  4. ^ Sharpe, Rev. J. (trans.), revised Stephenson, Rev. J. (1854) William of Malmesbury, The Kings before the Norman Conquest (Seeleys, London, reprint Llanerch, 1989), II, 188, p. 179. ISBN 9780947992323.
  5. ^ Fuhrmann, H., trans. Reuter, T. (1995) Germany in the high middle ages c.1050–1200 (Cambridge University Press), p. 40.