メインメニューを開く
本来の表記は「邢昺」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

邢昺(けい へい、932年 - 1010年)は、北宋の学者。

唐代に孔穎達らが『五経正義』を作ったが、邢昺らはそれ以外の『論語』『孝経』『爾雅』のを作った。これらは『十三経注疏』に含まれている。

生涯編集

邢昺は曹州済陰(今の山東省菏沢市曹県)の人で、を叔明という。太平興国年間に諸科(明経科に相当)のうち五経科挙試験を受けたが、殿試で非常に博学であることがわかったので、九経に合格したことにされた。

真宗咸平元年(998年)に国子祭酒となり、翌年、新設された翰林侍講学士の職を兼ねた。邢昺は勅命によって杜鎬・舒雅・孫奭・李慕清・崔偓牷らとともに『周礼』『儀礼[1]春秋公羊伝』『春秋穀梁伝』『孝経』『論語』『爾雅』の義疏を作成した[2]

邢昺は真宗のために経典の講義を行った。景徳4年(1007年)、帰郷を申し出て、故郷の曹州の知州となった。大中祥符元年(1008年)に礼部尚書に昇進した。大中祥符3年(1010年)に享年79歳で没した。

評価編集

邢昺は、11世紀以降に道学が発達する以前の人間であり、その説は伝統的なものであった。

四庫全書総目提要』に、邢昺の『論語正義』を評して、皇侃の『論語義疏』のように冗漫でなく、より義理をもって解釈しており、漢学と宋学の転換点にあたると言っている。邢昺の疏によって皇侃の義疏はすたれたが、後に程顥程頤があらわれて、邢昺の疏もまたすたれた。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 郡斎読書志』には、賈公彦の疏を邢昺に修正させたと記している
  2. ^ 瀧遼一『縮刷 東洋歴史大辞典 上巻』臨川書店、1992年、P.429。