メインメニューを開く

ケビン・ミッチェルKevin Mitchell 、男性、1984年10月29日 - )は、イングランドプロボクサーヘイヴァリング・ロンドン特別区ラムフォード出身。強打と的確に当てるフックを武器にする選手。その反面防御に脆さがあり、ここ一番で敗北することがある。

ケビン・ミッチェル
基本情報
本名 ケビン・マーティン・ミッチェル
通称 The Hammer(ハンマー)
The Dagenham Destroyer(ダゲナムデストロイヤー)
Mighty
階級 ライト級
身長 173cm
リーチ 173cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1984-10-29) 1984年10月29日(34歳)
出身地 Flag of the City of London.svg ロンドン
ヘイヴァリング区ラムフォード
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 43
勝ち 39
KO勝ち 29
敗け 4
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2003年7月27日、ダゲナムのゴアズブルック・レジャー・センターでデビュー戦を行い、初回終了時KO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2005年12月10日、エクセル展覧会センターでモハメド・メジャモハメド・メジャディとIBFインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座決定戦を行い、6回2分12秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2006年2月25日、エクセル展覧会センターでユースフ・ジババと対戦し、12回3-0(118-108、2者が119-109)の判定勝ちを収めIBFインターコンチネンタル王座の初防衛に成功した。

2006年5月13日、ヨーク・ホールでキルコル・キルコロフと対戦し、キルコロフの2回棄権した為IBFインターコンチネンタル王座の2度目の防衛に成功した。

2006年9月8日、グロブナーハウスでアンドレイ・イサエフと対戦し、11回1分37秒TKO勝ちを収めIBFインターコンチネンタル王座の3度目の防衛に成功した。

2006年10月28日、ヨーク・ホールでジョージ・アシエとコモンウェルスイギリス連邦スーパーフェザー級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が116-113、116-112)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2007年3月10日、リヴァプール・オリンピアでハリー・ラモゴアディと対戦し、6回終了時TKO勝ちを収めコモンウェルス王座の初防衛に成功した。

2007年7月14日、O2アリーナでIBFインターコンチネンタル王座の防衛とWBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座決定戦としてアレクサンデル・クルレフと対戦し、2回57秒KO勝ちを収めIBFインターコンチネンタル王座は4度目の防衛、WBOインターコンチネンタル王座獲得に成功した。

2008年3月8日、O2アリーナでコモンウェルスイギリス連邦王座の防衛とBBBofC英国スーパーフェザー級王者カール・ヨハネソンと対戦し、9回2分29秒TKO勝ちを収めコモンウェルス王座は2度目の防衛、BBBofC英国王座獲得に成功した。

2008年6月7日、アトランティックシティボードウォーク・ホールでウォルター・エストラーダと対戦し、5回終了時TKO勝ちを収めWBOインターコンチネンタル王座の初防衛に成功した。

2009年12月5日、ニューカッスル・アポン・タインメトロ・ラジオアリーナでブレイディス・プレスコットとWBOインターコンチネンタルライト級王座決定戦を行い、12回3-0(118-111、117-111、119-110)の判定勝ちを収めWBOインターコンチネンタル王座の2階級制覇を達成した。

2010年2月23日、ウェンブリー・アリーナでイグナシオ・メンドーサと対戦し、2回1分24秒KO勝ちを収めWBOインターコンチネンタル王座の初防衛に成功した。

2010年5月15日、ウェスト・ハムアップトン・パークでWBO世界ライト級暫定王者マイケル・カティディスと対戦し、プロ初黒星となる3回1分57秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[1]

2011年7月16日、エコー・アリーナ・リヴァプールでジョン・マレーとWBOインターコンチネンタルライト級王座決定戦を行い、8回1分46秒TKO勝ちを収めWBOインターコンチネンタル王座の返り咲きと再起に成功した。

2012年9月22日、グラスゴースコティッシュ・エキシビション・アンド・カンファレンス・センターでWBO世界ライト級王者のリッキー・バーンズと対戦し、4回2分59秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[2]

2013年7月6日、ヨーク・ホールでセバスチャン・ベニートとライト級契約8回戦を行い、8回判定勝ちを収め再起に成功した。

2013年10月5日、O2アリーナでマルコ・アントニオ・ロペスとIBFインターコンチネンタルライト級王座決定戦を行い、6回1分44秒TKO勝ちを収めIBFインターコンチネンタル王座の2階級制覇を達成した。

2013年12月14日、エクセル展覧会センターでカリム・エル・オーアスガリと対戦し、9回2分7秒TKO勝ちを収めIBFインターコンチネンタル王座の初防衛に成功した。

2014年5月31日、ウェンブリー・アリーナでギスレイン・マドゥマとIBF世界ライト級挑戦者決定戦を行う予定だったが、ミッチェルに当日計量で2ポンドの体重超過があった為、スーパーライト級契約12回戦に変更して試合は行われ、ミッチェルが11回2分56秒TKO勝ちを収めた。

2015年1月31日、O2アリーナでダニエル・エストラーダWBC世界ライト級シルバー王座決定戦を行い、8回1分12秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[3]

2015年5月30日、O2アリーナでWBC世界ライト級王者のホルヘ・リナレスと対戦し、10回2分57秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[4]

2015年11月10日、WBAは最新ランキングを発表し、ミッチェルをWBA世界ライト級10位にランクインした[5]

2015年12月10日、WBAは最新ランキングを発表し、ミッチェルはWBA世界ライト級10位に据え置かれた[6]

2015年12月12日、O2アリーナでデリー・マシューズの王座返上に伴いWBA世界ライト級2位のイスマエル・バローゾとWBA世界ライト級暫定王座決定戦を行い、4回に1度、5回に2度の計3度のダウンを奪われ5回2分47秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[7]

2016年2月10日、ボクシング引退を発表した[8]

獲得タイトル編集

  • IBFインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座
  • コモンウェルスイギリス連邦スーパーフェザー級王座
  • WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座
  • BBBofC英国スーパーフェザー級王座
  • WBOインターコンチネンタルライト級王座
  • IBFインターコンチネンタルライト級王座
  • WBC世界ライト級シルバー王座

脚注編集

  1. ^ カツィディス、敵地で圧勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年5月16日
  2. ^ バーンズ、同胞ミッチェルをTKO WBOライト級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年9月23日
  3. ^ ロドリゲス決着戦勝利、ライト級エストラーダ完敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月1日
  4. ^ リナレスがダウン挽回、ミッチェルをTKOで初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月31日
  5. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年11月10日
  6. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年12月10日
  7. ^ Barroso Clobbers Mitchell WBA公式サイト 2015年12月13日
  8. ^ Kevin Mitchell calls off European title shot and retires from boxing”. Sky.Sports (2016年2月10日). 2016年2月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集