メインメニューを開く

ケマー・ベイリー=コールKemar Bailey-Cole1992年1月10日 ‐ )は、ジャマイカセント・キャサリン教区出身の陸上競技選手。専門は短距離走。自己ベストは100mが9秒92、200mが20秒66。2013年モスクワ世界選手権男子4×100mリレーの金メダリスト、同大会男子100mファイナリスト(4位)である。2012年ロンドンオリンピック2016年リオデジャネイロオリンピックの男子4×100mリレーでも金メダルを獲得しているが、両大会とも予選だけの出場に終わっている。

ケマー・ベイリー=コール Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ケマー・ベイリー=コール
ラテン文字 Kemar Bailey-Cole
国籍 ジャマイカの旗 ジャマイカ
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
所属 レーサーズトラッククラブ英語版
生年月日 (1992-01-10) 1992年1月10日(27歳)
出身地 ジャマイカの旗 セント・キャサリン教区
身長 193cm
体重 83kg
コーチ担当者 グレン・ミルズ英語版
公式サイト kemarbaileycole.com
成績
オリンピック 4x100mR 予選1組1着 (2012年)
世界選手権 100m 4位 (2013年)
4x100mR 優勝 (2013年)
地域大会決勝 英連邦競技大会
100m 優勝 (2014年)
4x100mR 優勝 (2014年)
最高世界ランク 100m 7位 9秒93 (2013年)
自己ベスト
100m 9秒92 (2015年)
200m 20秒66 (2015年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

2012年編集

6月のジャマイカ選手権男子100m決勝で10秒00(+0.1)をマークして5位に入り、ロンドンオリンピックのジャマイカ代表に選出されると、8月のロンドンオリンピック男子4×100mリレー予選でジャマイカチームのアンカーを務め[注 1]、37秒39をマークしての決勝進出に貢献した。決勝の出番はなかったが、ジャマイカが優勝したので予選を走ったベイリー=コールも金メダルを獲得した。9月7日のダイヤモンドリーグメモリアルヴァンダム男子100mでは9秒97(+0.3)をマークし、初めて10秒の壁を突破した[1]

2013年編集

6月のジャマイカ選手権男子100m決勝で9秒98(-1.2)をマークしてウサイン・ボルト(9秒94)に次ぐ2位に入り、モスクワ世界選手権のジャマイカ代表に選出されると、8月のモスクワ世界選手権では男子100mと男子4×100mリレーに出場した。男子100mは準決勝を9秒93(+0.4)の自己ベスト(当時)で突破し、決勝でも9秒98(-0.3)をマークしたが、3位のネスタ・カーターと0秒03差の4位でメダルを逃した。男子4×100mリレーでは決勝でジャマイカチームの2走を務め[注 2]、37秒36をマークしての金メダル獲得に貢献した。

2014年編集

7-8月の英連邦競技大会(コモンウェルスゲームズ)に出場すると、男子100m決勝を10秒00(0.0)で制し、主要国際大会の100mで自身初となる金メダルを獲得した。男子4×100mリレー決勝ではジャマイカチームの2走を務め[注 3]、37秒58の大会記録を樹立しての金メダル獲得に貢献し、100mとの2冠を達成した。

2015年編集

6月のジャマイカ選手権男子100m決勝で9秒97(+0.9)をマークして3位に入り、北京世界選手権のジャマイカ代表に選出されると、7月のダイヤモンドリーグセインズブリーズアニバーサリーゲームズ男子100m決勝では9秒92(-0.8)の自己ベストをマークした。しかし、この大会で両脚のハムストリングスを痛めると、北京世界選手権の直前の練習中にも痛めたため、北京世界選手権は欠場することとなった[2]

2016年編集

6-7月のジャマイカ選手権男子100mにはジカ熱に感染しながらも出場すると決勝まで進出し、10秒03(+0.7)で5位に入りリオデジャネイロオリンピック男子4×100mリレーのジャマイカ代表に選出された[3][4][5]。8月のオリンピックでは男子4×100mリレー予選でジャマイカチームのアンカーを務め[注 4]、37秒94をマークして2組2着での決勝進出に貢献した[6]

2017年編集

6月のジャマイカ選手権男子100mは予選で肉離れを起こし途中棄権に終わった[7]

人物・エピソード編集

ウサイン・ボルトと同じクラブに所属し、体格が似ている点などから「第二のボルト」という声もあるが、ベイリー=コールは2013年のインタビューで「私は第二のボルトではありません。私はケマー・ベイリー=コールです。」という旨のコメントをしている[8][9]

自己ベスト編集

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風、-は向かい風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 9秒92 (-0.8) 2015年7月24日   ロンドン
200m 20秒66 (0.0) 2015年3月14日   キングストン

主要大会成績編集

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2009 カリフタゲームズ (en (U20)   ビュー・フォール 100m 3位 10秒38 (+4.0)
4x100mR 優勝 40秒05 (1走)
世界ユース選手権 (en   ブレッサノーネ 100m 準決勝2組6着 10秒66 (+1.3)
200m 準決勝3組8着 22秒11 (+1.4)
メドレーR 決勝途中棄権 DNF (1走)
2010 カリフタゲームズ (en (U20)   ジョージタウン 200m 5位 21秒46 (+0.8)
4x100mR 優勝 40秒10 (2走)
中央アメリカ・カリブ
ジュニア選手権 (en
  サントドミンゴ 100m 7位 10秒79 (-1.4)
2011 カリフタゲームズ (en (U20)   モンテゴ・ベイ 100m 2位 10秒28 (-0.2)
4x100mR 優勝 39秒75 (2走)
2012 オリンピック   ロンドン 4x100mR 予選1組1着 37秒39 (4走) 決勝進出[注 5]
2013 世界選手権   モスクワ 100m 4位 9秒98 (-0.3) 準決勝9秒93 (+0.4):自己ベスト
4x100mR 優勝 37秒36 (2走)
2014 世界リレー (en   ナッソー 4x100mR 予選2組1着 37秒71 (2走) 決勝進出[注 6]
英連邦競技大会 (en   グラスゴー 100m 優勝 10秒00 (0.0)
4x100mR 優勝 37秒58 (2走)
2015 世界リレー (en   ナッソー 4x100mR 2位 37秒68 (2走)
2016 オリンピック   リオデジャネイロ 4x100mR 予選2組2着 37秒94 (4走) 決勝進出[注 7]
2017 世界リレー (en   ナッソー 4x100mR 予選途中棄権 DNF (2走)

ダイヤモンドリーグ編集

ダイヤモンドリーグの総合成績を記載。獲得ポイント欄の( )内は出場したポイント対象レースの数を意味する。

種目 総合順位 獲得ポイント
2012 100m 4位 2 (1レース)

優勝したダイヤモンドリーグの大会を記載(個人種目のみ)

大会 場所 種目 記録 備考
2014 英国グランプリ   バーミンガム 100m 10秒08 (-1.9) ポイント対象外レース

脚注編集

注釈編集

  1. ^ メンバーは、ネスタ・カーターマイケル・フレイターヨハン・ブレーク、ベイリー=コール。
  2. ^ メンバーは、ネスタ・カーター、ベイリー=コール、ニッケル・アシュミード、ウサイン・ボルト。
  3. ^ メンバーは、ジェイソン・リバーモア、ベイリー=コール、ニッケル・アシュミード、ウサイン・ボルト。
  4. ^ メンバーは、ジェボーン・ミンジーアサファ・パウエル、ニッケル・アシュミード、ベイリー=コール。
  5. ^ 予選のみ出場。決勝のジャマイカは36秒84で優勝。
  6. ^ 予選のみ出場。決勝のジャマイカは37秒77で優勝。
  7. ^ 予選のみ出場。決勝のジャマイカは37秒27で優勝。

出典編集

  1. ^ Blake, Bolt win but Merritt steals headline”. The Jamaica Star (2012年9月8日). 2015年9月7日閲覧。
  2. ^ It hurts really bad – Kemar Bailey-Cole on World Championships withdrawal”. Jamaica Gleaner (2015年8月17日). 2015年9月9日閲覧。
  3. ^ ジャマイカ男子100代表候補、ベイリーコールがジカ熱感染を公表”. スポーツニッポン (2016年6月26日). 2016年7月9日閲覧。
  4. ^ Thompson, Blake rule sprints”. Jamaica Observer (2016年7月2日). 2016年7月9日閲覧。
  5. ^ Bolt leads Jamaican team for Rio 2016 Olympic Games”. 国際陸上競技連盟 (2016年7月12日). 2016年7月17日閲覧。
  6. ^ 第31回オリンピック男子4×100mリレー予選リザルト4x100 Metres Relay men”. 国際陸上競技連盟. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  7. ^ 'I'll be back', says Bailey-Cole after National Senior Champs injury”. Jamaica Observer (2017年6月22日). 2017年6月27日閲覧。
  8. ^ I just want to be me, says Bailey-Cole”. Jamaica Observer (2013年8月9日). 2015年9月9日閲覧。
  9. ^ 'I am just Kemar Bailey-Cole'”. Jamaica Gleaner (2013年8月9日). 2015年9月9日閲覧。

外部リンク編集