メインメニューを開く

IAAFダイヤモンドリーグ(IAAF Diamond League)は、IAAFが主催する14戦の陸上競技大会で構成される最高峰のリーグ戦。2010年に新設されたリーグであり、各大会は例年5月から9月にかけてヨーロッパ、北アメリカ、アジアの11カ国14都市で開催される。男女各16種目の選手が年間総合成績を競い、優勝者には賞金とダイヤモンドトロフィーが授与される。2012年まで韓国の電機メーカーサムスン電子がスポンサーを務めていたことから、サムスン・ダイヤモンドリーグと呼ばれていた。日本では、2011年シーズンからWOWOWが放送していたが、2015シーズンから日テレジータスで放送されている。

IAAFダイヤモンドリーグ
Winners 2010 IAAF Diamond League.jpg
トロフィーを掲げる2010年ダイヤモンドレース優勝者
開催時期 5月から9月
開催地 ヨーロッパ北米アジア
コース トラック&フィールド
創立 2010年
公式サイト Diamond League

目次

概要編集

 
2010年女子走高跳でトロフィーを獲得したブランカ・ブラシッチ
 
2012年メモリアルヴァンダムにて、ダイヤモンドトロフィーとゲルド・カンテル

2009年まで開催されていたIAAFゴールデンリーグとスーパーグランプリが統合されて、ダイヤモンドリーグが創設された。ダイヤモンドリーグは14戦からなり、例年5月から9月にかけてヨーロッパ、北アメリカ、アジアの都市を転戦する形態で開催される。大会ごとに各種目8位の選手までに賞金が授与される。賞金に加えて各種目3位までの選手にポイントが加算され、その年間成績を競うダイヤモンドレースが存在する。ダイヤモンドレース優勝者には現金40,000USドルと80,000USドル相当の4カラットダイヤモンド入りトロフィーが贈呈される[1][2][3]。トロフィーはバイヤー・クロノメトリー社によるもので高さ35cm、重さ4.8kg、上部にイミテーションの巨大なダイヤモンドが嵌め込まれ脚部に陸上競技場のトラックコースを模したデザインが施される[4]

IAAFはヨーロッパで開催されていたゴールデンリーグを拡大し、北アメリカおよびアジアへの市場進出を検討していた[5][6]。加えてゴールデンリーグは問題点を抱えていた。ゴールデンリーグ以外に、スーパーグランプリ、グランプリが存在した。大会運営者は出場料と出場選手の確保、運営費の増大に苦慮しており、また有力選手同士の対戦が少なかった[7][8][9]。ゴールデンリーグはジャックポットの対象種目も限られており不公平を是正する必要があった[10]。そこでダイヤモンドリーグは、優秀な自己記録を持つ選手と契約を結ぶことで年間を通じて出場選手を確保し、各大会の賞金総額を2011年現在一律480,000USドルに規定して財務的な安定を図っている[8][10][11]

ダイヤモンドリーグには男女各16種目計32種目の競技が設定される。1大会につき16種目の競技が開催され、1種目あたり年間7試合のダイヤモンドレースが行なわれる。一部例外を除いて、同じ開催地が2年連続同一種目を実施することはなく、各種目は隔年で実施される[10][12]ハンマー投は競技場運営上の制約により実施されない[10]。実施される種目は以下を参照。

 
2010年メモリアルヴァンダム男子100m

大会一覧編集

大会日程・成績編集

賞金編集

各大会の各種目上位8名までに賞金が授与される。2011年現在、1大会あたりの賞金総額は480,000USドル、優勝賞金は10,000USドルである[11]。1位から8位までの賞金額は以下を参照[1]

  • 1位 - 10,000USドル
  • 2位 - 6000USドル
  • 3位 - 4000USドル
  • 4位 - 3000USドル
  • 5位 - 2500USドル
  • 6位 - 2000USドル
  • 7位 - 1500USドル
  • 8位 - 1000USドル

ポイント編集

 
2010年ビスレットゲームズ男子400mハードル
 
2010年メモリアルヴァンダム女子5000m

各大会で各種目上位3名までにダイヤモンドレースのポイントが加算される。最終戦はポイントが2倍に設定されており、1年の合計ポイント最上位者が40,000USドルとダイヤモンドトロフィーを獲得する。また、これらの獲得条件として最終戦出場が義務付けられている[13]

  • 1位 - 4ポイント(8ポイント)
  • 2位 - 2ポイント(4ポイント)
  • 3位 - 1ポイント(2ポイント)

2010年の800m年間王者に輝いたデイヴィッド・レクタ・ルディシャの場合、ドーハ・オスロ・ローザンヌで勝利を挙げた後、最終戦のブリュッセルを制して20ポイントを獲得した計算になる[14]。 

脚注編集

  1. ^ a b IAAF Diamond League – Diamond Race: How it works IAAF (2010-05-13). 2011年5月6日閲覧
  2. ^ Track and Field’s elite endorse IAAF Diamond League at sparkling launch IAAF (2009-11-21). 2011年5月31日閲覧
  3. ^ 「トラック大会の最高峰シリーズ、ダイヤモンドリーグを新設 国際陸連」 朝日新聞2009年3月3日夕刊、スポーツ1面、3ページ
  4. ^ As finals approach Diamond Trophy is unveiled - Samsung Diamond League IAAF (2010-04-17). 2011年5月31日閲覧
  5. ^ London may get Golden League slot BBC (2009-01-06). 2011年5月5日閲覧
  6. ^ Gary Hershorn (2009-03-02). New athletics league could be gem for U.S. ロイター. 2011年5月5日閲覧
  7. ^ 野村隆宏 「[シドニーに吹く風]第10部 陸上ビジネスの舞台裏/3 力伸ばすマネージャー」 毎日新聞2000年8月20日朝刊、スポーツ面、21ページ
  8. ^ a b LYNN ZINSER (2009-03-02). New York Track Meet to Join International Circuit ニューヨーク・タイムズ. 2011年5月5日閲覧
  9. ^ Simon Hart (2009-03-02). Britain to stage two international athletics meetings in 'IAAF Diamond League' デイリー・テレグラフ
  10. ^ a b c d The IAAF Diamond League - IAAF‘s New Approach to 1Day-Athletics IAAF. 2011年5月5日閲覧
  11. ^ a b ‘Four-weeks-to-go’ to the start of Samsung Diamond League 2011 - $8 Million in Prize Money! IAAF (2011-04-08). 2011年5月6日閲覧
  12. ^ IAAF Diamond League – All the events, all around the World IAAF (2009-03-02). 2011年5月6日閲覧
  13. ^ The Diamond Race How it works diamondleague. 2011年5月5日閲覧
  14. ^ Diamond Race 2010 - 27.08.2010 800m - Men diamondleague. 2011年5月5日閲覧

外部リンク編集