風速

風として空気が移動する速さ

風速(ふうそく)とは、として空気が移動する速さのことである。 気象庁などで通常使われる単位はm/s(いわゆる秒速)、国際的にはノット (kt) が用いられる。測定には風速計が使用される。

世界の平均風速 青色が濃いほど遅い。
上:1月、下:7月

概要編集

日本国内において単に「風速」という場合、地上気象観測では、地上約10メートルの高さにおける10間の平均風速を表し、0.25ごとに更新される3秒(12サンプル)平均を瞬間風速という[1]。また、平均風速の最大値を最大風速、瞬間風速の最大値を最大瞬間風速という(「瞬間最大風速」は誤用[2])。都市部では高層建築物が増えて、地上付近の正確な風の流れの測定が困難になっているため、地上数十メートル以上の高さに風速計が設置されている場合も多い。

風速を計りたくても風速計がない場合は、気象庁風力階級またはビューフォート風力階級などを基に、地物または海面の状況から判断した風力により風速を推定する。

ある時間内における最大の瞬間風速を平均風速で割った値のことを突風率といい、一般には1.5から2.0くらいである。また、風圧は風速の2乗に比例して大きくなることが知られている。

一般的に、陸上より海上のほうが平均風速が速く、逆に突風率は小さい。風速は、地球的に見た大気の状態から建造物による構造的な大気の乱れまでと幅広いスケールの気圧差に影響を受ける。

地球的に見た大気の状態に影響を受け、常に偏西風が吹くヨーロッパ西部は1年を通して一定の風速が保たれているといえる。より小さな例では高気圧や低気圧があり、台風などの熱帯低気圧が接近したときに観測される風速は比較的速い。より小さなものでは竜巻によるものが顕著な例で、100m/sを超える最大瞬間風速が観測されたこともある。また、高層建築物が林立する地域ではビル風が吹く。

風速による区分編集

区分編集

風力 地上10mの風速(以上) 台風の区分(最大風速)
0 0.0 m/s (0 knot)
1 0.3 m/s (1 knot)
2 1.6. m/s (4 knot)
3 3.4 m/s (7 knot)
5.5 m/s (11 knot)
5 8.0 m/s (17 knot)
6 10.8 m/s (22 knot)
7 13.9 m/s (28 knot)
8 17.2 m/s (34 knot)
9 20.8 m/s (41 knot) 台風
10 24.5 m/s (48 knot)
11 28.5 m/s (56 knot)
12 32.7 m/s (64 knot) 強い台風
43.8 m/s (85 knot) 非常に強い台風
54.1 m/s (105 knot) 猛烈な台風
1 kt = 0.514 m/s = 1.852 km/h = 緯度1分/h
1 m/s = 1.944 kt = 3.6 km/h

この表では「台風(北西太平洋で発生する熱帯低気圧の、気象庁基準の区分)」についてのみ風速の区分を示している。

スケール編集

大西洋や北東太平洋のハリケーンの強度区分であるサファ・シンプソン・ハリケーン・スケールは、推定される最大風速によりハリケーンをカテゴリー1からカテゴリー5の5種類に区分している。竜巻の強度区分である藤田スケール(Fスケール)、改良藤田スケール(EFスケール)、TORROスケールも、推定される最大風速ごとに区分されている。

気象庁編集

気象庁は、風速に基づいて風の強さを以下のように定義している[3]

表現 定義
やや強い風 風速 10m/s 以上 15m/s 未満 の風
強い風 風速 15m/s 以上 20m/s 未満 の風
非常に強い風 風速 20m/s 以上 30m/s 未満 の風
猛烈な風 風速 30m/s 以上 または 瞬間風速 50m/s 以上 の風
風の強さと吹き方
予報用語 平均風速 (m/秒) おおよその時速 風力 速さの目安 人への影響 屋外・樹木の様子 車に乗っていて 建造物の被害
やや強い風 10~15 ~50km 5~7 一般道路の自動車 風に向って歩きにくくなる。 樹木全体が揺れる。電線が鳴る。 道路の吹流しの角度、水平(10m/s)、高速道路で乗用車が横風にながされる感覚を受ける 取り付けの不完全な看板やトタン板が飛び始める
強い風 15~20 ~70km 7~8 高速道路の自動車 風に向って歩けない。転倒する人もでる。 小枝が折れる。 高速道路では、横風に流される感覚が大きくなり、通常の速度で運転するのが困難となる ビニールハウスが壊れ始める
非常に強い風(暴風) 20~25 ~90km 8~10 しっかりと身体を確保しないと転倒する。 車の運転を続けるのは危険な状態となる 鋼製シャッターが壊れ始める。風で飛ばされた物でガラスが割れる
25~30 ~110km 10~11 立っていられない。屋外での行動は危険。 樹木が根こそぎ倒れはじめる。 ブロック塀が壊れ、取り付 けの不完全な屋外外装材がはがれ、飛び始める
猛烈な風 30~ 110km~ 11~ 特急列車 屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる

「猛烈な風」は、極めて稀にしか発生せず、発生原因の多くは台風や非常に発達した低気圧などである。なお、暴風警報基準以上の風を「暴風」といい、風の強い状態を「強風」と総称する。また、風速0.3m/s未満の風は「静穏」と表現される[3]

風力階級編集

また、以下の風力階級も使われている[4]

名称 風力 秒速 (m/s) 状態
無風 0 0.0-1.4 煙が真直に上る
軟風 1 1.5-3.4 風のあることを感じる
和風 2 3.5-5.9 樹木の葉を動かす
疾風 3 6.0-9.9 樹木の小枝を動かす
強風 4 10.0-14.9 樹木の大枝を動かす
烈風 5 15.0-28.9 樹木の幹を動かす
颶風 6 29.0以上 樹木や家を倒す

風速の記録編集

日本国内編集

世界編集

脚注編集

  1. ^ 世界気象機関の基準。気象庁も2007年12月4日からこれを採用している。これまでの0.25秒ごとの単独の値をとる方式と比べて6~10%程度小さな値になるが、突風が建築物などに加える仕事の大きさをより正確に反映することができる。
  2. ^ 日本放送協会. “「最大瞬間風速」「瞬間最大風速」どちらが正しい?”. 2012年11月2日閲覧。
  3. ^ a b 気象庁|予報用語 風”. www.jma.go.jp. 2021年4月19日閲覧。
  4. ^ 紙業提要 王子製紙 1938年
  5. ^ Info note No.58"World Record Wind Gust: 408 km/h" World Meteorological Organization
  6. ^ a b Highest surface wind speed - Tropical Cyclone Olivia sets world record World Records Academy

関連項目編集