ケン・ボーレック・エア

ケン・ボーレック・エア:Kenn Borek Air)は、カナダ北極圏を中心に運航するコミューター航空会社

ケン・ボーレック・エア
Kenn Borek Air
C-FDHB DHC6-300 Kenn Borek Air Ltd 01.JPG
IATA
4K
ICAO
KBA
コールサイン
BOREK AIR
設立 1970年
ハブ空港 カルガリー国際空港
親会社 Kenn Borek Air Ltd
保有機材数 38機
就航地 9都市
本拠地 アルバータ州 カルガリー
代表者 Brian Crocker(CEO
テンプレートを表示

航空事業の他にも石油事業救命救急事業に参入している。

歴史編集

ケン・ボーレック・エアは1970年に、北極圏の石油掘削場への輸送の為、ツインオッターで運航を開始した。[1]

2001年4月26日、ケン・ボーレック・エアはツインオッターを容体が悪いロン・シェーメンスキー氏の救助のためアムンゼン・スコット基地派遣した、これは冬の南極への世界初救助であった。[2]

2009年北極圏で自社の航空機墜落した際、北極圏に会社を挙げて仮設テントを張り墜落機捜索にあたった。[3]

2011年BBCは自社の番組フローズン・プラネット撮影の為、ケン・ボーレック・エアの機材をチャーターした。

2016年、冬の北極圏で容体の悪くなった社員救出のためツインオッター二機を派遣した。この二機の機長アメリカ航空雑誌Aviation Week & Space Technology」で表彰された。[4]

保有機材編集

 
ケン・ボーレック・エア ダグラスDC-3

運用機材[5]編集

機材 保有機材数 備考
ビーチクラフト1900D 3
ビーチクラフト キングエア 4
デ・ハビラント・カナダ DHC‐6ツインオッター 21
ダグラス DC-3 9 3機はピストンエンジン

残りの6機はターボプロップエンジン

バイキング・エア DHC‐6‐400 ツインオッター 1

就航都市編集

就航都市は全てカナダ国内線

都市 州(準州を含む) 空港
フォート・マックフェーソン ノースウェスト準州 フォート・マックフェーソン空港
イヌヴィック ノースウェスト準州 イヌヴィック空港
パウラツーク ノースウエスト準州 パウラツーク空港
サッチス・ハーバー ノースウエスト準州 サッチス・ハーバー空港
ウルカクトック ノースウエスト準州 ウルカクトック空港
ケープ・ドーセット ヌナブト準州 ケープ・ドーセット空港
クライド・リバー ヌナブト準州 クライド・リバー空港
ホール・ビーチ ヌナブト準州 ホール・ビーチ空港
イグルーリック ヌナブト準州 イグルーリック空港
パンナートゥン ヌナブト準州 パンナートゥン空港
レゾリュート ヌナブト準州 レゾリュートベイ空港
グリスフィヨルド ヌナブト準州 グリスフィヨルド空港

事故編集

 
貨物を搭載した状態のツインオッター

1977年2月28日C-47スカイトレインケベック州内に墜落[6]

1978年9月18日C-47スカイトレインコマークック空港不時着、機体は修復が不可能なほど損傷した。[7]

1982年5月7日C-47スカイトレインカルガリー国際空港から離陸の際オーバーラン[8]

2007年12月20日ダグラスDC-3マウントパッターソン空港離陸の際、ストールをしてしまい不時着[9]

2010年10月25日エドモントンからカーヴィレイクへ向かっていたビーチクラフトキングエア墜落

2010年11月4日イヌヴィック空港の格納庫火災によりツインオッターキングエアビーチクラフト99各一機の損失が出た。[10]

2013年1月23日アムンゼン・スコット基地からイタリアのズッチーリ南極基地へ向かっていたツインオッターがエリザベス山に墜落、乗客乗員全員死亡。[11]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Global News | Latest & Current News - Weather, Sports & Health News” (英語). Global News. 2020年2月12日閲覧。
  2. ^ CNN.com - Transcripts”. edition.cnn.com. 2020年2月12日閲覧。
  3. ^ Stockemer, Daniel (2018-02-01). Fair Weather Voters: Do Canadians stay at home when the weather is bad?. https://doi.org/10.1007/s00484-018-1506-6 2020年2月12日閲覧。. 
  4. ^ Kenn Borek Air Crew Wins 2017 Laureate for Heroism | Aviation Week Network”. aviationweek.com. 2020年2月12日閲覧。
  5. ^ CCARCS-RIACC - Quick Search Result” (英語). wwwapps.tc.gc.ca. 2020年2月12日閲覧。
  6. ^ Ranter, Harro. “ASN Aircraft accident Douglas C-47A-1-DK (DC-3) CF-IQR Sugluk, QC”. aviation-safety.net. 2020年2月12日閲覧。
  7. ^ Ranter, Harro. “ASN Aircraft accident Douglas C-47A-65-DL (DC-3) CF-CRW Komakuk, NU”. aviation-safety.net. 2020年2月12日閲覧。
  8. ^ Kenn Borek plane carrying three Canadians missing in Antarctica” (英語). Calgary (2013年1月23日). 2020年2月12日閲覧。
  9. ^ Ranter, Harro. “ASN Aircraft accident Douglas C-47A-25-DK (DC-3) C-FQHF Calgary International Airport, AB (YYC)”. aviation-safety.net. 2020年2月12日閲覧。
  10. ^ Ranter, Harro. “ASN Aircraft accident de Havilland Canada DHC-6 Twin Otter 300 C-GZVH Inuvik/Mike Zubko Airport, NT (YEV)”. aviation-safety.net. 2020年2月12日閲覧。
  11. ^ Plane that crashed in Antarctica may have turned too early” (英語). CTVNews (2013年1月26日). 2020年2月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集