救命救急センター

救命救急センター(きゅうめいきゅうきゅうセンター)とは、救急指定病院のうち急性心筋梗塞脳卒中心肺停止多発外傷、重傷頭部外傷など、二次救急で対応できない複数診療科領域の重篤な患者に対し高度な医療技術を提供する三次救急医療機関である。

人口100万人あたり最低一か所、それ以下の県では各県一か所設置されている。2014年2月1日現在、全国266か所。

目次

要件編集

救命救急センターは、厚生労働大臣が定めるものであり、厚生労働省が認可し、都道府県が運営、もしくは医療機関の開設者に要請をして設置するものであり、心筋梗塞や脳卒中、頭部損傷等、重篤な患者に対する救急医療を行うことが目的とされている。このため、常時高度な救命医療に対応できる医師看護師等の医療従事者を確保しておくことや集中治療室(ICU)を整備していることなどが必要とされている。

救命救急センターの要件

  • 重篤な救急患者を常に必ず受け入れる体制をとること。
  • ICU・CCUなど備え、常時重篤な患者に対して高度な医療が可能なこと。
  • 医師看護師救急救命士など医療従事者に必要な研修を行う体制を有すること。

さらに救命救急センターのうち、特に高度な診療機能を有し、広範囲熱傷や四肢切断、急性中毒等の特殊疾病患者を受け入れる施設は高度救命救急センターに指定される。また、小児科救急患者を受け入れる施設のうち、小児専用の集中治療室(PICU)を6床以上を有し、重篤な小児救急患者に対して24時間診療が可能な機能を有するものは小児救命救急センターに指定される。

従来、救命救急センターはおおむね30床の専用病床が必要であったが、平成15年度より病床数が10床程度の施設や小規模で既存のセンターを補完する施設も認定が可能となり、これらの施設は新型救命救急センターまたは地域救命救急センターと呼ばれている。

歴史編集

救命救急センター設置のきっかけとなったのが1967年(昭和42年)8月に大阪大学医学部附属病院が設置した「特殊救急部」であるとされている。特殊救急部は救急医療を行う診療部門ではあったが、外傷外科とも呼ばれ、胸腹部外傷や広範囲熱傷といった重症の外科系救急医療を手術・入院も含めた診療を自部門で完結して実施していた。この特殊救急部も2000年に救命救急センターに改組されて、翌年には高度救命救急センターの認可を受けている。なお、日本で初めて救命救急センターの認可を受けたのは1977年1月に認可の日本医科大学付属病院である。

救命救急センターの一覧編集

最新のリストはこちら http://www.jaam.jp/html/shisetsu/qq-center.htm

太字は高度救命救急センターを表す

北海道編集

青森県編集

岩手県編集

宮城県編集

秋田県編集

山形県編集

福島県編集

茨城県編集

栃木県編集

群馬県編集

埼玉県編集

千葉県編集

東京都編集

神奈川県編集

新潟県編集

富山県編集

石川県編集

福井県編集

山梨県編集

長野県編集

岐阜県編集

静岡県編集

愛知県編集

三重県編集

滋賀県編集

京都府編集

大阪府編集

兵庫県編集

奈良県編集

和歌山県編集

鳥取県編集

島根県編集

岡山県編集

広島県編集

山口県編集

徳島県編集

香川県編集

愛媛県編集

高知県編集

福岡県編集

佐賀県編集

長崎県編集

熊本県編集

大分県編集

宮崎県編集

鹿児島県編集

沖縄県編集

高度救命救急センターの一覧編集

小児救命救急センターの一覧編集

脚注編集

  1. ^ 小児救命救急センターを指定します - 愛知県[1]
  2. ^ http://www.hosp.pref.okinawa.jp/nanbu/info/adult/20160324/ShoniKyumeiKyukyu.pdf

外部リンク編集