ケーニグセグ・CC8S

ケーニグセグ・CC8Sとは、スウェーデン自動車メーカーであるケーニグセグが製造・販売していたスーパーカーである。

ケーニグセグ・CC8S
Koenigsegg CC8S (front).jpg
Koenigsegg side.jpg
概要
販売期間 2002年 - 2003年
ボディ
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア タルガトップ
駆動方式 MR
パワートレイン
エンジン フォード製 4.7L 水冷 V8 DOHC 655PS/76.5kg・m
変速機 6速MT
サスペンション
前/後:ダブルウィッシュボーン
車両寸法
ホイールベース 2,660mm
全長 4,190mm
全幅 1,990mm
全高 1,070mm
車両重量 1,175kg
その他
最高速度 390km/h
系譜
先代 ケーニグセグ・CC コンセプト
後継 ケーニグセグ・CCR
テンプレートを表示

概要編集

1997年にプロトタイプを公開、2000年パリサロンで市販モデルが発表され、2002年より発売された。

シャーシカーボン製で、ケブラー+アルミハニカムで補強されている。ボディもカーボン製で、フレームはセミモノコックを採用している。

リアスポイラーが取り除かれ、デザインとしては全体的にすっきりとした感じになっている。さらに着脱可能なルーフと、外側にせり出し上に持ち上がるという、一風変わったラプタードア猛禽類の翼を連想させることから)を採用しているのが特徴。

エンジンはフォード製の4.7LV8をベースに、スーパーチャージャーを搭載した655PSのエンジンをMRレイアウトで搭載。最高速度は公称390km/h、0-100km/h加速は3.5秒と高い性能を秘めている。サスペンションは、F1の技術を注ぎ込んだダブルウィッシュボーンを採用。

高い性能を秘めているにもかかわらず、パリサロンでのプロトタイプ登場がポルシェ・カレラGTと重なってしまい、さらにケーニグセグそのものがメディアでの露出が極端に少ないことから、日本ではほとんど知られていない。

2002年~2003年まで製造され、生産台数は僅か8台のみである。後継車はCCR

関連項目編集

外部リンク編集