ゲオルギー・ストゥルア

ゲオルギー・フョードロヴィチ・ストゥルアロシア語: Георгий Фёдорович Стуруа1884年6月18日 - 1956年4月1日)、民族名ギオルギ・テヴドレス・ゼ・ストゥルアグルジア語: გიორგი თევდორეს ძე სტურუა)は、グルジア人のボリシェヴィキ。

ゲオルギー・フョードロヴィチ・ストゥルア
Георгий Фёдорович Стуруа
გიორგი თევდორეს ძე სტურუა
生年月日 (1884-06-18) 1884年6月18日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国クタイス県ロシア語版クタイス郡クラシグルジア語版
没年月日 (1956-04-01) 1956年4月1日(71歳没)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Georgian Soviet Socialist Republic.svg グルジア・ソビエト社会主義共和国トビリシ
所属政党ロシア社会民主労働党→)
ボリシェヴィキ→)
ソビエト連邦共産党
称号 レーニン勲章(2回)[1]
子女 メロルロシア語版
デヴィ
親族 ヴァノ(兄)
ギオルギ(孫)

Flag of Georgian SSR (1937-1951).svg グルジア・ソビエト社会主義共和国
最高会議幹部会議長
在任期間 1942年1月3日 - 1948年3月26日

在任期間 1929年 - 1931年

Flag of Abkhazian SSR.svg グルジア共産党英語版アブハジア州委員会
責任書記
在任期間 1925年1月 - 1928年2月

在任期間 1946年 - 1948年
テンプレートを表示

生涯編集

1884年6月18日(ユリウス暦6日)、ロシア帝国クタイス県ロシア語版クラシグルジア語版の農家に生まれた[1]1901年からロシア社会民主労働党の党員となり、1903年からバクーモスクワボリシェヴィキの地下印刷所で働いた[1]。繰り返し逮捕を受け、1914年にはナルィムロシア語版地方 (ru) に追放されるも、1916年に脱走しバクーへ戻った[1]

1917年から1918年まで党バクー委員会[2]、バクー・ソビエトのメンバーを務め、バクー・コミューンでも活動[1]。1918年3月から7月まではバクー=ペトロフスク戦線委員、9月から翌1919年1月までテレク・ソビエト共和国内務副人民委員となり、同年から翌1920年までは党カフカース地方委メンバーでもあった[2]。1919年10月から11月にかけてはグルジア民主共和国メンシェヴィキ政権に対する叛乱を主導したが、翌1920年に逮捕され、アゼルバイジャン社会主義ソビエト共和国に追放された[2]。その後はアゼルバイジャン共産党中央委組織部部長、グルジア社会主義ソビエト共和国食糧副人民委員、グルジア共産党英語版チフリス市委責任書記などを歴任し[2]、1920年9月から12月まではアゼルバイジャン共産党中央委書記も務めた[3]

1925年1月から1928年2月までグルジア共産党アブハジア州委責任書記、1928年から1929年まで同党中央統制委党部門議長、1929年から1931年までグルジア共和国およびザカフカース連邦共和国の法務人民委員を務め、1931年から1933年までと1934年から1937年まで、そして1953年4月から10月までの3度に渡ってグルジア共和国労組会議議長でもあった[2]1938年から1941年までグルジア共和国人民委員会議第一副議長、1942年1月3日から1948年3月26日までグルジア共和国最高会議グルジア語版幹部会議長[2]1946年から1948年まではソビエト連邦最高会議副議長を務めた[1]。1948年4月までと1953年4月から9月まではグルジア共産党中央委局員でもあった[2]

その他にもグルジア共和国、ザカフカース連邦および全連邦の中執委メンバーや第2期連邦最高会議代議員を務め、連邦共産党大会にも第13回 (ru)、第15回ロシア語版第17回ロシア語版第18回ロシア語版と出席した[1]。公金でダーチャに大量の牛を飼い、その牛乳を市場に流して私腹を肥やしたりもした[4]。しかしヨシフ・スターリンの死後は権力を失い[3]1954年からレーニン中央博物館トビリシ支部の館長を務めていたが、在職中の1956年4月1日にトビリシで死去した[2]

親族編集

兄のヴァノ全グルジア中執委議長などを務めた[5]。息子のデヴィはグルジア共産党中央委書記などを務め[6]、別の息子メロルロシア語版は国際ジャーナリストとなっている[7]。デヴィの息子ギオルギもグルジア共産党中央委メンバーやグルジア共和国外務省、運輸・通信省職員などを務めている[8]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g I Сту́руа // Струнино — Тихорецк. — М. : Советская энциклопедия, 1976. — (Большая советская энциклопедия : [в 30 т.] / гл. ред. А. М. Прохоров ; 1969—1978, т. 25).
  2. ^ a b c d e f g h Стуруа Георгий Фёдорович”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. 2016年9月29日閲覧。
  3. ^ a b Залесский К. А. (2002). Империя Сталина: Биографический энциклопедический словарь. М.: Вече. ISBN 5-7838-0716-8
  4. ^ Ростовский М. (27 марта 2000). "Полет "кукурузника"" (газета) (610) (Московский комсомолец ed.). М. Cite journalテンプレートでは|journal=引数は必須です。 (説明); |year=|date=の日付が不正です。 (説明)
  5. ^ Стуруа Иван Фёдорович”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. 2016年9月29日閲覧。
  6. ^ Стуруа Дэви Георгиевич”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. 2016年9月29日閲覧。
  7. ^ Богуславская О. (26 февраля 2000). "Милорд "Золотое перо"" (газета) (21255) (Московский комсомолец ed.). М. Cite journalテンプレートでは|journal=引数は必須です。 (説明); |year=|date=の日付が不正です。 (説明)
  8. ^ Наджафалиева Г. (2007年6月15日). “Георгий Стуруа: «Политика, которая ведется современным армянским руководством, является бесперспективной и агрессивной»”. 1NEWS.AZ. http://www.1news.az/interview/20070615122910694.html 2017年1月9日閲覧。 
党職
先代:
エルヴァンド・アスリベコフ
  グルジア共産党(ボ)アブハジア州委員会責任書記
1925年1月 - 1928年2月
次代:
アレクサンドル・アマス
公職
先代:
フィリップ・マハラゼ
  グルジア・ソビエト社会主義共和国最高会議幹部会議長
1942年1月3日 - 1948年3月26日
次代:
ヴァシリー・ゴグア
先代:
ヤーコフ・ヴァルジエリ
  グルジア社会主義ソビエト共和国法務人民委員
1929年 - 1931年
次代:
なし