ゲトー・ボーイズ

ゲトー・ボーイズ(Geto Boys)は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のヒップホップ・グループ。

ゲトー・ボーイズ
Geto Boys
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州ヒューストン
ジャンル ヒップホップハードコア・ヒップホップサザン・ヒップホップギャングスタ・ラップ
活動期間 1986年 -
レーベル Rap-A-Lot Records
共同作業者 リック・ルービン
メンバー ウィリー・D
スカーフェイス
旧メンバー ラヒーム
サー・ラップ・ア・ロット
ザ・スリム・ジュークボックス
DJ レディー・レッド
プリンス・ジョニー・C
ビッグ・マイク
ブッシュウィック・ビル

歴史編集

1986年、ラヒーム、サー・ラップ・ア・ロット、ザ・スリム・ジュークボックス、プリンス・ジョニー・C、DJ レディー・レッドでGhetto Boys結成。その後レディー・レッド以外脱退し、プロデューサーのジェームズ・スミスによってブッシュウィック・ビルとスカーフェイス、ウィリー・D・デニスが加入[1]

1989年からリック・ルービンをプロデューサーに迎え、アルバム『The Geto Boys' Grip It! On That Other Level』をリリース。1990年に現在のGeto Boysへ改名。三枚目のアルバム『We Can't Be Stopped』リリース前に、ブッシュウィックが彼女に拳銃で右目を撃たれ失明する[2]

1992年にウィリー・Dが脱退。ブッシュウィック・ビル、スカーフェイス、新メンバーのビッグ・マイクの3人でアルバム『Till Death Do Us Part』をリリースしたが、ビッグ・マイクが脱退。1995年にウィリー・Dが復帰するも、1997年にブッシュウィックがソロ活動に専念するため脱退。1998年のアルバム『Da Good da Bad & da Ugly』を最後に事実上の活動休止となる。

2005年、ブッシュウィック・ビル、ウィリー・D、スカーフェイスの3人で7年ぶりとなるアルバム『The Foundation』をリリース。

2015年、10年ぶりとなるアルバム『Habeas Corpus』の制作を開始したことが発表された[3]

2019年6月9日、ブッシュウィック・ビルが肝臓癌のため死去[4]

メンバー編集

  • ウィリー・D (Willie D.、1966年11月1日 - ):MC
テキサス州ヒューストン出身。1992年に脱退したが、1995年に復帰。
  • スカーフェイス (Scarface、1970年11月9日 - ):MC
テキサス州ヒューストン出身。

元メンバー編集

  • ラヒーム (Raheem)
1987年脱退。
  • サー・ラップ・ア・ロット (Sir Rap-a-Lot)
1987年脱退。
  • ザ・スリム・ジュークボックス (The Slim Jukebox)
1987年脱退。
  • プリンス・ジョニー・C (Prince Johnny C.)
1988年脱退。
  • DJ レディー・レッド (DJ Ready Red)
1990年脱退。
  • ビッグ・マイク (Big Mike、1971年7月6日 - )
ルイジアナ州出身。1993年加入、1994年脱退。
  • ブッシュウィック・ビル (Bushwick Bill、1966年12月8日 - 2019年6月9日):MC
ジャマイカキングストン出身。1986年加入、1997年に脱退したが、2002年に復帰。2019年死去。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • Making Trouble (1988年)
  • Grip It! On That Other Level (1989年)
  • We Can't Be Stopped (1991年)
  • Till Death Do Us Part (1993年)
  • The Resurrection (1996年)
  • Da Good da Bad & da Ugly (1998年)
  • The Foundation (2005年)

コンピレーション・アルバム編集

  • Uncut Dope: Geto Boys' Best (1992年)
  • Greatest Hits (2002年)
  • Best of the Geto Boys (2008年)

出典編集

  1. ^ Artist Biography by John Bush all music
  2. ^ Geto Boy: An Interview with Bushwick Bill Pitchfork (2015年9月8日)
  3. ^ Geto Boys Announce New Album Habeas Corpus, Offer Casket as Kickstarter Reward Pitchfork (2015年6月15日)
  4. ^ Geto Boys Rapper Bushwick Bill Dies at 52”. Variety (2019年6月9日). 2019年6月14日閲覧。

参考文献編集

  • ソーレン・ベイカー『ギャングスター・ラップの歴史 スクーリー・Dからケンドリック・ラマーまで』塚田桂子訳・解説、DU BOOKS、2019年9月。

外部リンク編集