ゲルハルト・ヘッツェル

ゲルハルト・ヘッツェル(Gerhart Hetzel、1940年4月24日 ヴルバス英語版 - 1992年7月29日 ザルツブルク)は、ユーゴスラビアで生まれ、ドイツオーストリアで活動したヴァイオリニスト。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターを務めた。

ゲルハルト・ヘッツェル
生誕 (1940-04-24) 1940年4月24日
出身地 ユーゴスラビア王国の旗 ユーゴスラビア王国ヴルバス英語版
死没 (1992-07-29) 1992年7月29日(52歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

略歴編集

ユーゴスラビア王国(現セルビア領内)にて、ハンガリー人の父とルーマニア人の母の間に生まれ、5歳でヴァイオリンをはじめた。

1952年からスイスルツェルンで、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターであったヴォルフガング・シュナイダーハンに師事した。1956年にはシュナイダーハンらと共にルツェルン祝祭弦楽合奏団を結成した。

1963年のミュンヘン国際コンクールで入賞し、1964年から1968年までベルリン放送交響楽団(現在のベルリン・ドイツ交響楽団)のコンサートマスターを務めた。

1968年からミュンヘン音楽大学の教授を務める。

1969年カール・ベームの推挙によって、ウィーン国立歌劇場およびウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターとなる。ウィーン国立音楽アカデミー出身者ではないが、シュナイダーハンの直弟子であるため、全員一致による就任であった。1971年からはヴィリー・ボスコフスキーのあとを受けて、第1コンサートマスターとなった。

1986年、シュナイダーハンの後任としてウィーン国立音楽アカデミーの教授に就任する。

1992年ザルツブルク近郊ザンクト・ギルゲンで登山中に海抜900m地点から転落し、全身打撲のため搬送先の病院で死去した。岩に手をかければ助からないこともなかったというが、楽器奏者として大切な手をかばった結果、死に至る傷を負ってしまったと伝えられている。

人物編集

音楽家評論家のクリスチャン・メルランはヘッツェルの人となりについて「飾り気がなく、控えめに振舞う苦行者のようでありながら笑顔を絶やさず、名高いコンサートであろうが、定期公演のマチネーであろうが、変わることなく情熱的に取り組み、自分の仕事に全身全霊を打ち込んだ。楽団員全員とすべての指揮者から尊敬されるような、まさに聖職者であった」と述べている[1][2]

評価編集

「ウィーン・フィルの歴代コンサートマスターの中でも、ゲルハルト・ヘッツェルほどこのポストにふさわしい人物はいなかった」とまで評された音楽家であり[1]、それゆえに後任の選定試験は一度では終わらず、何度も続けられた[3]

指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンは「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者にヘッツェルという人物がいるが、評価できる人物だ。彼はいつでも私に注目しており、自分の楽譜を見ていないのではないかと不安になってしまう。もっとも、彼の楽譜はすでに頭の中にあるのだろう」と述べており、同じく指揮者で、ヘッツェルにとって最後となってしまったコンサートを指揮したリッカルド・ムーティは「彼は座ってはいなかった。むしろ飛んでいるようだった。指揮者が気にいると、もう目を離さない。演奏しながらこちらを見る目つきを、私は生涯忘れないだろう」と述べている[2]

ソリスト・室内楽奏者としての主なレコーディング編集

参考文献編集

  • クリスチャン・メルラン『オーケストラ 知りたかったことのすべて』藤本優子、山田浩之訳、みすず書房、2020年、ISBN 978-4-622-08877-6

脚注編集

  1. ^ a b メルラン (2020)、213頁。
  2. ^ a b メルラン (2020)、214頁。
  3. ^ メルラン (2020)、106-107頁。