コジモ3世・デ・メディチCosimo III de' Medici, 1642年8月14日 - 1723年10月31日)は、メディチ家出身の第6代トスカーナ大公(在位:1670年 - 1723年)。

コジモ3世
Cosimo III
トスカーナ大公
Volterrano, Cosimo III de' Medici in grand ducal robes (Warsaw Royal Castle).jpg
在位 1670年 - 1723年

出生 (1642-08-14) 1642年8月14日
死去 (1723-10-31) 1723年10月31日(81歳没)
配偶者 マルゲリータ・ルイーザ・ディ・ボルボーネ=オルレアンス
子女 フェルディナンド
アンナ・マリーア・ルイーザ
ジャン・ガストーネ
王家 メディチ家
父親 フェルディナンド2世・デ・メディチ
母親 ヴィットーリア・デッラ・ローヴェレ
テンプレートを表示
コジモ3世・デ・メディチ

生涯編集

トスカーナ大公フェルディナンド2世ヴィットーリア・デッラ・ローヴェレの一人息子で、1661年ルイ14世の従姉妹のマルゲリータ・ルイーザと結婚した。

コジモはキリスト教の信仰のみに力を入れ、反ユダヤ的な政策や異端の取り締まりを強化したが、肝心な政治の方には興味を全く示さず、メディチ家の伝統でもある芸術・学問のパトロンとしての資質もなかった。また妻との間も不仲で3人の子をもうけたものの、放蕩な妻は結婚後13年でフランスへ帰ってしまい、また3人の子供達は皆跡継ぎが出来なかったため、近い将来の家門断絶が明らかになるという状態であった。

コジモはメディチ家の歴代当主の中でも最も長命な81歳で没し、彼の在位は53年もの長きにわたった。しかし、政治を顧みない彼の治世の間にメディチ家およびトスカーナ大公国の力はすっかり衰え、市民は困窮し、2度の飢饉さえ起きるほどであった。彼の死後、唯一残った次男ジャン・ガストーネが大公位を継いだ。

子女編集

名前 伊語名 生年月日 死去 備考
フェルディナンド Ferdinando 1663年 1713年 ヴィオランテ・ベアトリーチェ・ディ・バヴィエーラと結婚。梅毒により死去。
アンナ・マリーア・ルイーザ Anna Maria Luisa 1667年 1743年 プファルツ選帝侯ヨハン・ヴィルヘルムと結婚。
ジャン・ガストーネ Gian Gastone 1671年 1737年 1723年に父の後を継いだ。 アンナ・マリーア・ディ・サッソニア=ラウレンブルグ(Anna Maria di Sassonia-Lauenburg)と結婚。
先代:
フェルディナンド2世
トスカーナ大公
1670年 - 1723年
次代:
ジャン・ガストーネ